ユーティリーは、仕事やライフスタイルの ”はかどる” サービスを紹介していくメディアです

便利なwiki作成ツールConfluence(コンフルエンス)使い方の基本

This post is also available in: English

Ads

Confluence(コンフルエンス)とは

Confluenceって何?

Confluence(コンフルエンス)チームでコンテンツを作成することで、仕事の整理や議論をするためのWikiツールです。

ブログのように気軽にページを作成・共有できることに加え、様々な外部アプリケーションとの連携が可能です。

Yahoo!やGREEをはじめ多くのIT企業が使っている今最もアツいwikiツールです。

confluence-register

英語ですがConfluenceプロモーション動画はこちら

Confluence(コンフルエンス)の運営は?

Confluence(コンフルエンス)はオーストラリアのシドニーに本社をかまえるAtlassian(アトラシアン)が運営しています。

Atlassian(アトラシアン)は法人向けソフトウェアを開発している会社です。

アトラシアンの製品は、Confluence(コンフルエンス)に加え、プロジェクト管理ツールのJira(ジラ)タスク管理ツールのTrello(トレロ)が有名です。

その他、プログラマーを対象にした Crucible、FishEye、Bamboo、Cloverなどの製品があります。

 

Confluence以外にJiraやTrelloなども運営している

 

 

会社名 Atlassian(アトラシアン)
会社概要ページ  https://ja.atlassian.com/company
本拠地 オーストラリア シドニー 
主な製品  Confluence、JIRA、Trello、Crucible、FishEye、Bamboo、Clover  
時価総額 2.7兆円(※)

Bloomberg

時価総額も右肩上がりで勢いを感じます。

 

Confluence(コンフルエンス)の使用用途

Confluence(コンフルエンス)は非常に便利なツールではありますがもちろん長所と短所があります。

しっかり長所をおさえたうえで最大限効果的にご利用できると良いと思います。

Confluence(コンフルエンス)の使用用途を簡単にまとめました。

価値 情報を効率的にわかりやすく整理し蓄積すること
主な使用用途 ・マニュアルやルールの共有
・議事録:会議の議事録
・目標などの管理:目標、スローガンなどの管理
・ナレッジの共有:Tipsの共有、リンクのハブ
・情報の共有:コード、テキストの提案 etc.
・お知らせ:ブログ機能
・人事情報:担当表、連絡先
・メモ帳:頭の整理
あまり向いていないこと ・フロー情報:更新頻度が高い情報管理
・プロジェクト管理:カンバン方式etc.
・掲示板ツール
ならではの強み ・誰がオーナーかを可視化できる
・構造化が容易:直感的にページ構成を変更できる
・外部アプリケーションとの豊富な連携
・仕事効率化ツールとの連携:JIRA、Trello、Google
・アプリでも利用可能
・CSS

Confluence(コンフルエンス)の導入事例

実際どんな企業が使っているの?ということで具体的にConfluence(コンフルエンス)の導入がニュースになっている企業を紹介します。

名だたるIT企業が導入をしています。

主なConfluence導入企業(U-TILLY調べ)

  • Facebook
  • Adobe Systems
  • Yahoo!Japan
  • mixi
  • GREE

 

参考記事:

ソーシャル系開発者にも愛されるWikiベースの情報共有ツール「Confluence」

ITmedia

Confluence(コンフルエンス)の登録方法

Confluence(コンフルエンス)の登録は簡単!

Confluence(コンフルエンス)の公式ページから登録を行います。

登録手順は以下

  1. ページから登録
  2. プランを選ぶ:最初は7日間の無料トライアルが付いています
  3. サインナップ:メールなどの基本情報の登録

 

Confluence(コンフルエンス)の料金体系

Confluence(コンフルエンス)の料金体系は基本的にはユーザー数に応じたアカウント単価になります。

ユーザー数が多ければ多いほど割引が効きます

早見表はこちら。※為替レートは2019年3月

価格シミュレーターで具体的な人数と月額を確認できます

Confluence(コンフルエンス)の基本機能

それでは具体的にConfluence(コンフルエンス)にはどのような機能があるのかご紹介します。

スペースとページ

Confluenceは基本的に「スペース」の中に「ページ」を追加していく構造です。

スペースは個人スペースやチームスペースなど目的に応じて設定可能です。

「スペース > 親ページ > 子ページ」というようにより具体的な情報へと構造化が可能です。

 

検索

wiki的な使い方の最たるものとしてConfluenceは検索機能が優れています。

画面左側の検索アイコンからお探しのKWを検索してみましょう。

 

閲覧・編集権限

Confluenceではページ単位で権限の設定が可能です。

編集画面上部の「鍵マーク」を選択すると閲覧権限・編集権限を細かく設定できます。

閲覧権限がない非公開ページは検索に出てきませんし、対象者以外にページの存在を知ることはできません。

 

 

移動・削除

Confluenceではページの移動・削除などが自由にできます。

ページ右上の「…」から設定が可能です。

あるいは、ページ左側のタブから直感的にドラッグ&ドロップができます。

 

いいね!・コメント

Confluence(コンフルエンス)は各ページにいいね!やコメントなどのリアクションを残すことができます。

ページについての感想や、ディスカッションなどより双方向なコミュニケーションを行うことができます。

各ページの最下部にあります。

 

ブログ

その名の通りブログ機能があります。

左側のタブからブログが一覧で確認できます。

Confluence(コンフルエンス)でページ作成時によく使う機能まとめ

実際にConfluence(コンフルエンス)で頻出の機能をまとめました。

特に、ページの作成時によく使う機能をまとめました。

段落

編集画面左上の「段落」から段落の設定ができます。

より見やすいレイアウトはもちろん、後述の目次ウィジェットと組み合わせると項目の頭出しもできる便利な機能です。

 

 

水平ルーラー

水平ルーラーは以下のようにラインを引くことで情報を見やすく整理することができます。

編集画面上部の「+」から選択可能です。

 

ページレイアウト

ブログのようにページのレイアウト調整が可能です。

ページを「セクション」というひとかたまりで管理をすることができます。

セクションは順番を変えたり、追加・削除ができます。

 

テーブル挿入

Confluenceで表を使いたい場面では、テーブル挿入機能の利用がおすすめです。

直感的に表の管理が可能です。

ウォッチ機能

Confluenceページの更新をメールで通知する「ウォッチ機能」があります。

ページ上部の目のマークで設定が可能です。

更新履歴

更新履歴を確認できる機能があります。

誤ってページを更新してしまっても、昔のバージョンに戻すことが可能です。ペ

ージ左上の「…」から利用が可能です。

メンション

担当者のアサインを明確にしたい時は「@Taro Yamada」のように名前の先頭に@をつけることができます。

Confluence(コンフルエンス)でよく使うマクロまとめ

マクロとは

より作業をしやすくするためにマクロというアプリケーション機能があります。

このマクロがConfluence(コンフルエンス)の一番の使いやすい特徴といえます。

マクロは、ビジュアライズやページ構成をわかりやすくするものもあればGoogleなどの外部サービスと連携しているものもあります。

よく使うマクロを紹介します。

マクロは編集画面の右上の「+」から簡単に検索できます。

目次

目次の設定ができます。

目次は段落のNOを参照します。

どこまで表示するかは最大値と最小値の設定で調整可能です。

情報系マクロ

注意をひきたい場合は各種情報マクロを設定できます。

例えば先ほどの目次を掛け合わせるとこんな感じに。

 

ステータスバー

色付きでステータスバーを設定できます。

プロジェクトの進捗管理のサマリなどに使いやすい機能です。

例えば、テーブルと掛け合わせるとこんな感じ。

コードブロック

コードを共有したい時はコードブロックを使います。

ウィジェットコネクタ

YouTube、Google Slideなど各種ウェブコンテンツを埋めることができます。

例えばプレゼンテーション資料を閲覧状態にするなど使い方が多様です。

 

例えば、Google Slideをリンクさせるとこんな感じ

Trello Board

タスク管理ツールTrello(トレロ)との連携が可能です。

※アカウント登録が必須です。

Trello(トレロ)に関しての記事は以下を参照ください。

タスク管理ツールTrello(トレロ)の関連記事まとめ

Jira

プロジェクトマネジメントツール「Jira」との連携が可能です。

※アカウント登録が必須です。

ConfluenceとJiraの連携に関しては以下の記事で紹介しております。

Confluence(コンフルエンス)とプロジェクト管理ツールJIRA(ジラ)の連携方法

miro(ミロ)のボードを表示

Confluenceはオンラインホワイトボードサービスmiroとも連携が可能です。

具体的には、miroのボードをConfluenceページにつなぎこんで表示をすることができます。

以下の記事で紹介しておりますのでぜひご覧ください。

Confluence(コンフルエンス)でオンラインホワイトボードツールmiro(ミロ)を表示する方法

Roadmap Planner

ロードマップを簡単に作成することができます。

Roadmap Planner(ロードマッププランナー)の使い方に関しては以下の記事をご参照ください。

 

メジャーアップデートで更に使いやすく!

Confluence(コンフルエンス)は2019年春のメジャーアップデートがありました。

このメジャーアップデートの目玉の1つが「スラッシュコマンド」です。

スラッシュコマンドについての詳細は以下の記事でご紹介していますので、興味がある方はぜひご覧ください。

 

Confluenceの新機能スラッシュコマンドでページ作成が劇的にラクになる

 

よりアドバンスなConfluenceの使い方


以下のConfluence関連記事まとめエントリでは、外部サービスとの連携や具体的なマクロの使い方などよりアドバンスな内容のConfluence関連記事をご紹介しています。

コラボレーションツールConfluence(コンフルエンス)関連記事まとめ

最後に

ブログのような使用感は勿論ですが、そのうえでチームコラボレーションに便利な機能がマクロとしてパッケージでついているきめの細やかさがConfluence(コンフルエンス)の強みといえます。

初心者でも使いやすく、上級者も機能をどんどん掘っていける良さがあります。

以上でConfluence(コンフルエンス)の使い方の基本に関するエントリを終了します。

 

Confluenceをはじめとする各種プロジェクトツールについて知りたい方は以下の記事をぜひ見てみてください。

【2019年保存版】プロジェクトで役立つ仕事効率化ツール17選

 

 

フォローして最新情報をチェック!
Ads