Confluenceで簡単にロードマップ管理ができるマクロ「Roadmap Planner」の使い方

This post is also available in: English

Ads

はじめに

本エントリでは、Confluence(コンフルエンス)でロードマップを簡単に管理できるマクロ「Roadmap Planner(ロードマッププランナー)」を紹介します。

「そもそもConfluence(コンフルエンス)って何?どうやって使うの」という方は以下のエントリをご覧ください!


Roadmap Plannerでできること

簡単にRoadmap Plannerでできることをまとめます。

プロジェクトの計画サマリをシンプルなビジュアルと編集で可視化することができます。

時間軸×レーン×バー×マーカーで表現されます。

例えば、下記のようなイメージです。

Roadmap Planner(ロードマッププランナー)の使い方

それでは早速Confluence(コンフルエンス)ページでロードマップを簡単に使えるアドオンRoadmap Plannerの使い方を紹介します。

そもそもページはどうやって作るの?という方は以下のリンクをご覧くださいませ。


マクロで検索

ページ作成画面右上の「+」を開いて最下部の「その他マクロ」をクリックします。

そうすると以下のようなマクロの選択モーダルが出てきます。

モーダルの左上の検索窓に「Roadmap Planner」と打ち込んでみてください。カタカナのエクセルだとヒットしないため注意が必要です。(全ての文字を入れなくても部分一致で出てきます)

Roadmap Plannerの編集画面は下記のようなイメージになります。

時間の設定

右上で時間を設定します。時間は「月」「週」が選択できます。任意の期間を設定できます。

レーンの追加

レーンと呼ばれる縦軸の領域を自由に追加できます。レーンは追加削除はもちろんのことドラッグ&ドロップで順番を変更できますし、カラーリングや名前の変更もできます。

バーの追加

バーは具体的なアクションなどを表現する内容になります。バーに関しても追加・削除・変更などを直感的に作業することが可能です。

マーカーの追加

特定の期間に線を引くマーカーを追加することができます。マーカーに関しても名前やカラーリング、位置など自由に変更ができます。

最後に

Roadmap Plannerはシンプルに直感的に作業ができることでより仕事が捗るConfluenceマクロであると思います。以上でRoadmap Plannerのエントリを終了します。

フォローして最新情報をチェック!
Ads