コードを書かずに無料でABテスト!Googleオプティマイズでサイト改善を行う

This post is also available in: English

Ads

はじめに

マーケティングでどのサイトレイアウトが効果的なのかを改善していきたい場合にABテストなどの実施が必要になるケースがあるかと思います。

本エントリでは無料でABテストなどびサイト改善作業を行うことができるGoogleオプティマイズの使い方についてご紹介します。

Googleオプティマイズとは

GoogleオプティマイズはGoogleが提供するABテストツールです。

無料で利用ができます。有料版はGoogleオプティマイズ360という上位互換サービスとして提供をしています。

Googleオプティマイズでできること

Googleオプティマイズでは主に以下3つのサイト改善ができます。

ABテスト

レイアウトなどサイトの一部の要素を2パターンで試して見てどちらが効果的かを検証するABテストの実施が可能です。

リダイレクトテスト

リダイレクトではURLを設定し、遷移先をテストすることができます。LPを複数テストするケースなどがユースケースとして当てはまってくるでしょう。

多変量テスト

多変量テストは、複数の変数がある状態でどの対象の組み合わせが最も効果が良いかを計測することが可能です。

Googleオプティマイズの登録方法

Googleオプティマイズの登録にはGoogleアカウントが必要になります。

Googleアカウントをお持ちでない場合はまずGoogleアカウントを作成しましょう。

 

Googleアカウントがある前提で、Googleオプティマイズのページから登録を進めます。

Googleオプティマイズの使い方

それでは早速Googleオプティマイズの使い方について説明をします。

Googleオプティマイズの構造

先ず、Googleオプティマイズの構造について説明します。Googleオプティマイズの構造は

「アカウント」>「コンテナ」>「テスト」という順序になっています。

タグを設置する

Googleオプティマイズをインストールする必要があります。画面右側の「ウェブサイトにオプティマイズを追加」を選択します。タグが出現するのでこのタグをウェブサイトに設置します。Googleタグマネージャーでは簡単な操作でタグの設置ができます。

エクスペリエンスを作成する

「最初のエクスペリエンスを作りましょう」というコピーとともに開始ボタンがあります。ここから作成を開始します。

エクスペリエンスでは「名前」「ページのURL」「テストの種類」を選択し、作成します。

 

パターンを作成する

基本情報の作成が終わったらテストのパターン作成に移ります。「パターンとターゲティング」をクリックします。

「オリジナル」はオリジナルのサイト構造のままです。追加したパターンを編集すると実際のサイトを編集することができます。編集したい箇所をクリックし、「要素を編集」することでレイアウトなどを変えることができます。

ターゲティングを決める

次にターゲティングを決めます。こちらはサイトにどのような条件でアクセスしたユーザーにテストを出すかを選択することができます。

目標を設定する

最後に目標を設定します。目標はカスタムとリストで選択できます。

テスト配信

目標の設定が完了したら、あとは「テストの配信」を選択してテストを開始します。テストの状況は、GoogleアナリティクスやGoogleオプティマイズの「レポート」で確認ができます。まずはテストを実施してみて、レポートを確認してみましょう。

最後に

Googleオプティマイズは無料ではありますが5パターンのコンテナを作ることができるため、多くのテストをこなすことができるかと思います。ひとまずテストを作成してみてどのような感じかチェックしてみるのもよいかもしれません。

以上でGoogleオプティマイズに関するエントリを終了します。

フォローして最新情報をチェック!
Ads