ランサーズとクラウドワークスどっちがいいの?国内最大クラウドソーシングサービス2社を比較!

This post is also available in: English

Ads

はじめに

副業・兼業、フリーランスなど働き方の多様性が近年注目されてきています。

それと同時に、スポットの勤務や在宅ワークなど時間や場所にこだわらないワークスタイルが一気に広がってきています。

今回の記事は国内最大級のクラウドソーシングプラットフォームであるクラウドワークスランサーズを取り上げてみます。

クラウドソーシングとはネットを通じて不特定多数の人に仕事の募集をかけ発注を行う仕組みです。

フリーランスや在宅ワークのお仕事探しとしてまずは登録しておけというくらい知名度の高い2サービスですが、どちらがどのように違うのでしょうか。

各種お仕事で必要な観点で比較をしてみました。

クラウドワークスについて

クラウドワークスは、株式会社クラウドワークスが運営する国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

クラウドワークスは2012年からサービスを運営しており、ユーザー数は274万人(2019年5月時点)、仕事依頼数は252万件(2019年5月時点)と国内最大規模を誇ります。

政府の働き方改革や、近年のインターネットの普及に伴う働き方の多様化を受け大きくサービスを伸ばしてきました。

 

 

クラウドワークスの運営会社

クラウドワークスの運営会社は株式会社クラウドワークス(以下、クラウドワークス)です。

クラウドワークスは東証マザーズに上場している上場企業で、2011年に設立されました。

 

クラウドワークスが運営するサービス

クラウドワークスは本エントリのテーマである日本最大級のクラウドソーシングサービスであるクラウドワークスと、フリーランスのエンジニア向けのサポートサービスであるクラウドテックを運営しています。

また、教育系のサービスとしてマンツーマンの習い事サービスとしてサイタというサービスを運営しています。

サイタは得意な領域を持つ人とそれを習いたい人をマッチングさせるサービスです。

  • クラウドワークス:国内最大級のクラウドソーシングサービス
  • クラウドテック:フリーランスエンジニア向けのサポートサービス
  • サイタ:大人が楽しむマンツーマンの習い事サービス
 

クラウドワークスの手数料

クラウドワークスの手数料について説明します。

以下の通り、案件の受注単価に応じて一定の手数料がシステム利用料として発生します。

システム利用料はクラウドワークス上で実際に仕事をした場合に発生する料金で、サービスの登録・仕事の依頼/応募の段階では利用料金は発生しません。

発注者に関しては登録から発注まで無料でサービスを使うことができます。

参考:よくある質問 〜 依頼したい人向け  〜

ランサーズについて

ランサーズはランサーズ株式会社が運営をする「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が出会える、安心・安全のお仕事マーケットプレイスです。

こちらもクラウドワークスと同様、クラウドソーシングサービスを提供しています。

ランサーズは案件数が210万件(2019年5月時点)とクラウドワークスに次いで多い規模となっており、国内最大級といえます。

ランサーズは、フリーランスのクオリティや発注形態に応じて各種プランがあります。

ランサーズの運営会社

ランサーズの運営会社はランサーズ株式会社で、2019年5月現在は非上場企業です。

ランサーズ株式会社は2008年に設立されているため、クラウドワークスよりも運営期間は長いといえるでしょう。

ランサーズはクラウドソーシングを軸に、フリーランスの紹介や働き方メディアをはじめとした6種類のサービスを運営しています。

  • Lancers:クラウドソーシング
  • Lancers Pro:厳選フリーランス紹介
  • Lancers Enterprise:エンタープライズ
  • Lancers Outsourcing:法人向け業務委託
  • Lancers Agent:常駐フリーランス紹介
  • PARAFT:新しい働き方メディア

手数料は5%〜20%

それではランサーズの手数料を紹介します。

ランサーズでは、依頼金額の5%-20%(税込)がシステム利用手数料となります。

依頼金額のうち、20万円を超える金額部分については5%の利用手数料。10万円超〜20万円以下の金額部分については10%の利用手数料、10万円以下の金額部分については20%の利用手数料となります。

支払額の計算ツールを提供しています。

比較をしてみる

それではクラウドワークスとランサーズの各種比較ポイントでみていきましょう。

 

案件数の比較

案件数の比較では、クラウドワークスに軍配があがりそうです。

クラウドワークス:250万件

ランサーズ:210万件

 

主な特徴では、デザイン制作系案件はランサーズ。

ライティングや軽作業などの総合計案件はクラウドワークスといった住み分けでしょうか。

しかしながらほぼ誤差の範囲かと思います。

 

  クラウドワークス ランサーズ
開発案件 約 29,300 件 約 52,000 件
Web制作・デザイン案件 約100,000 件 約 200,000 件
ライティング案件 約 780,000 件 約 745,000 件
ビジネス 約 20,000 件 約 39,000 件
軽作業・タスク 約 320,000 件 約 320,000 件

案件の質の比較

案件の質という観点では五分五分でしょう。

クラウドワークスランサーズともに官公庁や大手のインターネット企業、大企業などの案件が豊富にあります。

両方に発注をしている企業もあります。

ベネッセ、リクルート、Yahoo!など名だたる企業が名を連ねています。

サポートの充実性比較

サポートの充実性に関してはランサーズに軍配が上がりそうです。

ランサーズでは「フリーランストータルサポート」というフリーランスの福利厚生をサポートするサービスがあります。

例えば、融資や税務サポート、福利厚生サービスなどが充実しています。

また、ザ・ランサーというコミュニティサイトを運営していてオフ会などの交流を行うこともできます。

ランサーズオブザイヤーという表彰制度があるのも競争心をくすぐりますね。

クラウドワークスに関しても「フリーランスライフサポート」という福利厚生サービスがあったり、「みんなのお仕事相談所」などのQ&Aサービスがあります。

 

報酬の比較

報酬に関しては五分五分といえるでしょう。

いずれも案件単価によって手数料は5%〜20%をとられます。

また、発注者は無料でサービスを利用できます。クラウドワークスもランサーズも同様にエスクロー式で、サービス側がクライアントからの報酬を一時的に預かり仕事の完了や評価とともに渡すというフローになっています。

報酬をもらえるかどうかわらかないという局面にはなりづらく安心感があります。

まとめ

ランサーズとクラウドワークスの特長を早見表でまとめてみました。

クラウドワークスとランサーズに関してはいずれも国内最大級ということで、サービスに大きな違いまではいきません。

それぞれに特長があるといえるでしょう。

最初の結論に戻りますが可能であれば2つに登録をして、より好条件の案件を探すことがより望ましいといえそうです。

 

  クラウドワークス ランサーズ
会社 上場 非上場
サービス運営期間 8年 11年
案件数 250万件 210万件
手数料 5%-20% 5%-20%
福利厚生利用金額 / 件数 3,000円 / 全国23万 5,000円 / 全国25万
コミュニティ

キャッシュフロー健全化のために

副業や個人事業でキャッシュフローは大きな悩みの一つであると思います。

GMOが運営するFREENANCE(フリーナンス)は、フリーランスや個人事業主のキャッシュフローの悩みを解決するサービスです。

例えば、「請求書を現金化して即日払いする」サービスや、「もしもの事故に補償をつける」サービスなどフリーランスのキャッシュフローを助けるお役立ちサービスがあります。

 

関連記事

はじめに     副業やフリーランス・個人事業主の仕事における大きな悩みの一つがキャッシュフローですよね。 多くの場合、請求書を出してから翌月(翌々月というパターンも![…]

ユーティリーでは副業やフリーランスなどのライフスタイルの生産性向上につながるサービスを紹介するエントリも配信しています。よろしければ以下もご覧ください。

 

関連記事

はじめに 本エントリは近年注目が高まっているワークスタイルである「副業・兼業・パラレルワーク」をテーマにしております。 本業の仕事とは別に、スキルを上げたり興味があることにチャレンジをするなかで収入を得たりなど人生の選択[…]

フォローして最新情報をチェック!
Ads