Google翻訳より優秀!?機械学習による自動翻訳サービス「みらい翻訳」

This post is also available in: English

Ads

はじめに

翻訳サービス何を使っていますか?

 

 

プライベートや仕事で翻訳が必要な場面に多かれ少なかれ出くわすことがあります。

英単語の意味を少し調べるためのケースもあれば、文章をクイックに翻訳したいケースもあれば、まとまった資料などを翻訳するケースもありますし、一口で翻訳と言ってもいろんな場面が想定されます。

翻訳サービスが必要になる場合、依頼するサービスはざっくり以下のパターンに分類できます。

一般的には上から順に翻訳の精度が高い傾向があります。

一方で上から順に手間やお金がかかることも確かでしょう。

 

主な翻訳サービスのパターン

 

  • 翻訳者に直接依頼する
  • 翻訳エージェント経由で翻訳者に依頼する
  • クラウドソーシングなどを利用する:クラウドワークスなど
  • オンライン翻訳サービスを利用する:Gengoなど
  • 自動翻訳サービスを利用する:Google翻訳、みらい翻訳など

 

以下は、参考までにユーティリーで翻訳関連のサービスに関するエントリとなります。

 

参考:

Gengoは簡単に翻訳依頼ややりとりができるオンラインの翻訳サービスです。

ユーティリーでもGengoについて詳しく紹介しています。

 

クラウドソーシングに関しても、国内の2大サービスであるクラウドワークスとランサーズについて紹介をしています。

関連記事

はじめに     副業・兼業、フリーランスなど働き方の多様性が近年注目されてきています。 それと同時に、スポットの勤務や在宅ワークなど時間や場所にこだわらないワークスタ[…]

 

 

自動翻訳サービスは進化している

まとまった資料や重要なドキュメントは、翻訳者に依頼をして翻訳をしたもらうことが最も外しが少ないでしょう。

しかしながら、誰にどうやって依頼をすればいいのかわからないそもそも相場はいくらなのだろうと気を揉む場面が多くなります。

本記事では自動翻訳サービスである「みらい翻訳を紹介します。

自動翻訳は品質が低い!というイメージがあるかもしれませんが、みらい翻訳はそのイメージを覆すクオリティの高さを誇ります。

 

自動翻訳サービス「みらい翻訳」とは

 

 

みらい翻訳機械学習の技術を利用した翻訳サービスです。

株式会社みらい翻訳 という会社が運営しています。

まずは無料版をお試し!

そもそもどの程度のサービスなのかと思った方向けに、みらい翻訳は無料で使えるお試し翻訳」機能があります。

どれくらいの翻訳精度なのかはまずはこちらで試してみると良いでしょう。

 

お試し翻訳では以下の9言語を使うことができます。

お試し翻訳で使える言語

  1. 日本語
  2. 英語
  3. 中国語
  4. スペイン語
  5. イタリア語
  6. ドイツ語
  7. フランス語
  8. ポルトガル語
  9. ロシア語

 

使い方は直感的ですので説明するまでもありませんが原文を入れると即レスで訳文がでてきます。

 

みらい翻訳が提供しているサービス

みらい翻訳では、主に3つのサービスを提供しています。

ポイントは、人間の翻訳者が行うわけではなく機械翻訳であるということです。

 

  1. Mirai Translator:文書の機械翻訳サービス
  2. みらい翻訳プラットフォーム音声APIサービス:ベンダー向けのクラウドAPIサービス
  3. 言語プロフェッショナルサービス:個別チューニングができる専門分野特化の機械翻訳サービス

 

 

最もベーシックなサービスである Mirai Translator は14日間の無料トライアルを提供しているようですので、気になる方はどのようなものか試してみるとよいかもしれません。

 

 

機械翻訳を効率的に使うTips

 

人間の翻訳者であれば、文化のバックグラウンド理解や細かい注文によって意図通りの翻訳に調整していくことが可能ですが、機械翻訳でも同様にチューニングはできるのでしょうか。

結論は「Yes」なのですがより機械翻訳を効率的に使うためのTipsを紹介します。

原文をできるだけ短く書く

原文をできるだけ短く書くことが精度の高い翻訳をうむコツです。

例えば、同じ内容を伝えようとしても翻訳精度がだいぶ変わってきます。

日本語でも読みづらさが出てきますよね。

 

長い文

みらい翻訳は自動翻訳サービスで、機械学習で翻訳を行うことができて、言語は多言語に対応していてとても使いやすいです。

 

短い文

みらい翻訳は機械学習を使った自動翻訳サービスです。多言語に対応していてとても使いやすいです。

 

長い文は主語と述語の関連性が薄くなりがちであるため、翻訳にはむきづらいきらいがあります。

主語と目的語を明確に書く

続いて、翻訳精度を高めるために一工夫する余地があることは、主語と目的語を明確に書くことです。

日本語は主語や目的語などが不明であっても文脈背景で理解ができますが、英語などになるとそうはいかない場面が増えてきます。

少し機械的にはなりますが、主語や目的語などの対象を明確にすることでより解釈のブレが少ない翻訳になります。

 

対象あいまい

Uberを使えば生活が便利になります
Uber makes your life more convenient.

 

対象明確

Uberを使えば私たちの生活が便利になります
Uber makes our lives more convenient.

 

ユーザ辞書を活用して、未知語をできるだけ減らす

みらい翻訳にはユーザー辞書機能があります。

頻出する単語や、使い方によって意図が異なる言い回しなどはユーザー辞書に登録することによって学習力を高め翻訳精度を磨いていきます。

 

最後に

機械学習で効率的に翻訳をすることができれば、生活や仕事での効率が一気に上がりますね。

みらい翻訳を使えば多言語翻訳の負荷を一気に減らすことができそうです。

以上で、みらい翻訳に関しての記事を終了します。

フォローして最新情報をチェック!
Ads