直感的に使えるプロジェクトマネジメントツールAsanaの使い方

This post is also available in: English

Ads

はじめに

 

 

大人数が関係するプロジェクト管理においてはツールを活用することでその効率を上げることができます。

本記事で紹介するのはAsana(アサナ)という名前のプロジェクト管理ツールです。

ユーティリーでは多くのプロジェクト管理ツールを紹介していますが、Asanaはより直感的に利用できることが特長といえるでしょう。

 

ユーティリーで紹介しているプロジェクト管理ツールは以下です。

 

 

プロジェクトマネジメントツールAsana

Asanaとは

「Asana logo」の画像検索結果

Asanaはグローバルのプロジェクト管理ツールで、Googleやtrivago、AirBnBなどのグローバルトップカンパニーが利用していることでも有名です。

スクラムボード、カンバンボードはもちろんスプリントなど開発の進捗管理はもちろんのこと、人事、マーケティングなど各種のビジネスプロジェクトにおいても管理がしやすいオールインワンのプロジェクト管理ツールです。

 

Asanaの運営会社

Asanaはアメリカの会社です。もともとはFacebook社員の生産性向上に関わったDustin Moskovitzと元エンジニアのJustin Rosensteinが2008年に創業した会社です。

 

 

Google、Apple、Amazon、Microsoft、Salesforce、Dropbox など、世界の名だたる有名企業から経営陣が集まっています。

 

Asanaの事例

Asanaはグローバルでもトップカンパニーが活用しているプロジェクト管理ツールです。

 

 

日本のホームページには日本企業の事例が掲載されています。

Google、Spotify、airbnb、UBER、Facebook、twitter、PayPal、Slack、Salesforce、NASAなどグローバルトップカンパニーが導入しています。

日本においても日経新聞、楽天、サイバーエージェント、NTTデータなどの有名企業が導入をしています。

導入企業の詳細はこちら

 

Asanaの登録方法

Asanaは公式ページからメールアドレスで登録が可能です。

メールアドレスを入力すると、確認メールが届きます。

確認メール内のリンクバナーをクリックすると登録画面が表示されますので、ここから登録を進めていきます。

早速「始める」をクリックします。

最初にプロフィールを入力します。

自分の情報入力が完了するとチームについての入力画面に遷移します。

各種入力が終わると決済画面に遷移します。

現状では30日間の無料トライアルが可能です(2019年9月時点)

決済が終わるとサンクスページが表示されます。

 

 

これでAsanaを利用することができます!

Asanaの使い方

それではAsanaの基本的な使い方を説明します。

ログインするとメインページが表示されます。

 

 

 

新規プロジェクトを立ち上げる

まずはプロジェクトを立ち上げます。

画面上の「新規プロジェクト」をクリックします。

プロジェクトは目的に応じて様々なテンプレートがあります。

例えば開発はもちろんマーケティングから人事、1on1に至るまで設定に至るまで様々なテンプレートがあります。

 

OKRなどの目標管理もテンプレート有り

例えば、OKRなど全社の目標管理のテンプレートすらもあります。

タスクを割り当てる

プロジェクトの作成が完了したら、そのプロジェクトにおいて発生するタスクを登録していきます。

タスクは担当者や、期限、重要度などを割り振ることができます。

 

タスクをカンバンボードで管理

設定したタスクはカンバンボード方式で管理ができます。

カンバンボードはドラッグ&ドロップで移動をさせることができます。

 

カンバン方式について知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。

カンバン方式とは?プロジェクト管理におけるカンバン方式のメリット

 

 

 

タイムライン機能で直感的に管理

タスクの期日を設定すると、タイムラインに自動的に追加されます。

役割やカテゴリなどで色分けをしながら時系列に整理をすることでプロジェクトのタスク管理をより直感的に整理をすることができます。

プロジェクトの進捗管理

Asanaでは各タスクの進捗状況を整理しながらプロジェクト全体の管理をビジュアライズすることができます。

例えば、完了したタスクの数はもちろんのこと、期限を超過したタスクなどが一目でわかります。

 

 

外部アプリとAsanaを連携

Asanaはプロジェクトの効率を高めるために外部アプリケーションと連携をすることができます。

外部連携ができるツールはこちらのページに整理されています。

Asanaで連携できる外部アプリは1,000以上にのぼります。

つまり、ほとんど全てのアプリと連携をできると言えるでしょう。

 

連携できる主なアプリは以下です。

  • Slack
  • Dropbox
  • GoogleDrive
  • GoogleCalender
  • GoogleSheets
  • Trello
  • Evernote
  • Zendesk
  • Jira
  • IFTTT
  • Gmail
  • Confluence

 

Asanaの料金体系

Asanaの料金体系を説明します。

 

Asanaには、Basic、Premium、Business、Enterpriseの4つの料金プランがあります。

Businessプランまではいずれも30日間使える無料プランが付いているためトライアルがしやすいことがメリットと言えるでしょう。

 

  • Basic:無料:個人向け
  • Premium:月1200円/ユーザー※単一プロジェクト推奨
  • Business:月2700/ユーザー※複数プロジェクト推奨
  • Enteprise:個別確認:より高度なサポートや管理

最後に

以上でプロジェクトマネジメントツールAsanaの紹介を終わります。

より直感的にプロジェクト管理を実施できるのがAsanaの良さといえるでしょう。

 

ユーティリーではプロジェクトで使えるツールを紹介しています。

よろしければこちらの記事もご覧ください。

【2019年保存版】プロジェクトで役立つ仕事効率化ツール17選

 

フォローして最新情報をチェック!
Ads
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。