ユーティリーは、仕事やライフスタイルの ”はかどる” サービスを紹介していくメディアです

ゲーム実況やプレゼンにお役立ち!iPhone・Androidスマホやパソコンで画面録画をする方法

This post is also available in: English

Ads

はじめに

 

 

ゲーム実況、YouTube、操作説明など画面録画を利用したいニーズが一定あるかと思います。

本記事においては端末の画面を録画して動画データとして保存する方法を簡単に説明します。

iPhoneで画面録画をする方法

それではiPhoneで画面録画をする方法をご紹介します。

iPhoneに関しては、iOS11から適用されている「画面収録」という機能を使うと特別にアプリをダウンロードする必要もなく簡単に録画ができます。

それでは早速設定に移っていきましょう。

 

設定 > コントロールをカスタマイズ

設定 > コントロールをカスタマイズから「画面収録」を追加します。

これで設定は完了です。

iPhoneのコントロールパネル画面を出すと、「画面収録」アイコンが確認できるようになっています。

「画面収録」アイコンをタップすると、3, 2, 1とカウントダウンが始まります。

画面の左上に赤色で時間表示がされたら録画が始まっている合図です。

再度赤色をタップすると「画面収録ビデオを”写真”に保存済み」と表示がされ、カメラロールに保存がされています。

以上でiPhoneでの画面録画方法を終了します。

かなり簡単であることがおわかりいただけたかと思います。

声を入れたい時

ゲーム実況など自分の声を入れたい時が生じるかもしれません。そんな時の方法をご紹介します。

 

 

画面収録アイコンを強めに押し込むと、マイクアイコンが表示される画面にいきます。

マイクをオンにして、収録を開始するとマイクで音を拾います。

例えば、普通に話かけるとした場合にその声とともに収録が開始されます。

iOS11以降はこのように特別なアプリやPCをわざわざ使うことがなくても画面の録画ができるようになります。

 

 

 

 

Androidで画面録画をするには?

 

「android」の画像検索結果

 

それではAndroid端末で画面録画をする場合はどうでしょうか?

一口にAndroid端末といってもiPhoneと異なり多種多様の機種があるため、Android端末で画面録画をするにはアプリがオススメとなります。

 

AZ スクリーンレコーダー

 

 

AZ スクリーンレコーダーは端末の画面録画ができるAndroidアプリです。

一番の特長は「録画時間の上限がない」ところですので、長時間のゲーム実況などにも向いているかと思います。

ウィジェットが出てきて指示通りに動かすだけですので直感的に使用ができます。

 

パソコンで画面録画をする方法

次にパソコンで画面録画をする方法をご紹介します。

QuickTime Playerを使って画面収録する

 

 

QuickTimePlayerを使うと簡単に画面収録ができます。

ローンチパッドからQuickTimePlayerを選択します。

右クリック > 新規画面登録を操作します。

すると以下のような録画用のモジュールが表示されます。

ここの録画マークを押すと録画が始まります。

録画ボタンをクリックすると、「クリックすると画面全体が収録されます。画面の一部を収録する場合はドラッグしてください。収録を終了するにはメニューバーの停止ボタンをクリックしてください。」と表示されます。

画面の全部ではなく、一部をドラッグしたい場合はこのような表示になります。

 

真ん中の「収録を開始」をクリックすると収録がはじまります。

収録を停止する場合は、上部の録画ボタンをクリックします。

保存に関する確認が表示されますので、ファイルに任意の名前をつけて書き出しをして完了です。

 

 

最後に

今回はiPhoneやQuickTimePlayerが入っているパソコンを中心に画面内録画の方法をシェアしましたが、非常に簡単でサクッと画面内録画ができることがおわかりいただけたと思います。

以上で、「簡単便利ですぐできる!iPhoneやMacで画面内の録画をする方法」を終了します。

 

フォローして最新情報をチェック!
Ads