GoogleCloudPlatform(GCP)で作ったワードプレスメディアのDNS設定方法

This post is also available in: English

Ads

はじめに

GoogleCloudPlatform(GDP)を使ってゼロからワードプレスメディアを構築する方法について、連載で紹介しています。

本連載では、以下のGoogleサービスを利用したワードプレスサイト構築をご紹介します。

前編の記事では、GoogleCloudPlatform(GDP)にワードプレスをインストールして初期画面を表示させるところまでご紹介をしました。

ユーティリー

GoogleCloudPlatform(GDP)でワードプレスメディアをゼロから作成する方法を紹介します。Google …

本記事では構築したワードプレスサイトにGoogleドメインで購入したドメインを紐づける流れをご紹介します。

 

 

IPアドレスを静的化する

まず最初にGoogle Cloud PlatformにログインしてIPアドレスを静的化します。

作成直後のIPアドレスにはエフェメラルが割り振られています。

 

エフェメラルとは:
エフェメラルは「短命な」という意味で、デプロイの度に変わる一時的なものとなります。

 

デプロイの度にIPアドレスが変わっているといろいろと複雑になってしまうため固定のIPアドレス=静的IPアドレスに変更をする必要があります。

 

変更フローに関して流れを説明していきます。

Google Cloud Platform(GDP)のメインダッシュボード左側のメニューを開きます。

ネットワーキング > VPCネットワーク > 外部IPアドレスを選択します。

 

 

 

前回記事で設定したGCPのプロジェクトを確認しエフェメラルを静的に変更します。

「静的」をクリックすると「新しい静的IPアドレスの予約」と表示されます。

任意の名前を静的IPアドレスにつけ、最後に予約をクリックします。タイプが「静的」に変更されたことが確認できれば作業完了です。

(次ページ)
続いてはDNSの設定について解説!

フォローして最新情報をチェック!
Ads