オンラインアシスタントサービスで業務効率化 | メリットやデメリット・オススメのサービスをご紹介

Ads

オンラインアシスタントサービスとは

オンラインアシスタントサービス (=オンライン秘書サービス)は近年注目を集めてきている新しいタイプの秘書サービスです。

資料作成、取引先とのスケジュール調整、社内の打ち合わせ管理などの雑務をオンラインでアウトソースができます。

本記事ではオンライン秘書サービスのメリット・デメリットや基本的な使い方、そしてオススメのオンライン秘書サービスをご紹介します。

 

オンラインアシスタントサービスの基本的な使い方

オンラインアシスタントサービス (=オンライン秘書サービス)はチャットやTV会議などを通して業務を依頼するサービスです。

オンラインにすることで対面の手間が省けるためリソース削減にもつながります。

依頼できる業務は多岐にわたりますが、専門性が高い領域というよりは雑務処理がメインになります。

【主な利用者】個人事業主、経営、会社員など

【利用目的】雑務のアウトソースによるリソース削減

【主な依頼業務】秘書関連業務 / 社内のタスク管理 / 取引先とのスケジュール調整 / 社内の資料更新 / エクセルやスプレッドシートなどの更新

 

 

各部門や仕事の領域に分けると以下のようなケースで利用ができるでしょう。

人事・総務関連業務
・採用候補者との面談調整
・稟議書の作成代行
・請求書対応
・社内外のスケジュール調整

マーケティング関連業務
・メールの作成
・インターネッット広告の運用
・簡単な資料作成
・クリエイティブのリサイズや編集

その他
・翻訳業務
・コーディング
・電話のとりつぎ

 

それでは、オンラインアシスタントサービスのメリットは何でしょうか。

主に、サービス利用に際しては以下のようなメリットが考えられます

 

【オンラインアシスタントサービスのメリット】
・バックオフィスの効率化:雑務の効率的なアウトソース
・採用コストの削減:派遣社員や業務委託の採用よりもコストが安い
・時間短縮:時間単位の契約なので立ち上がりが早い
・マネジメントコストの削減:ニーズが無くなればすぐに停止できる

 

メリットがある一方、オンラインアシスタントサービスにはもちろんデメリットも存在します。

 

【オンラインアシスタントサービスのデメリット】
・クオリティの事前判断が難しい:面接がないためスキル判断が難しい
・対面業務はできない:オンライン以外の業務は基本的に受けてくれません
・人となりがわからない:オンラインゆえ人となりがわかりません

 

オンライン秘書サービスは、コストや立ち上がりが非常にスピーディでプロジェクト単位で停止したりという判断もすぐできることが魅力ですが、腰を据えたコミュニケーションが必要になる業務にはあまり向いていないといえるでしょう。

 

オンラインアシスタントサービスの基本的な流れ

次にオンラインアシスタントサービスの基本的な流れを以下にご紹介します。

 

  1. 問い合わせ
  2. 条件のすりあわせ、お見積もり
  3. オンライン秘書のアサイン
  4. 発注者とオンライン秘書でキックオフ
  5. 利用開始

 

サービスによっては利用開始までが最短営業日程度で対応できるところもあります。

 

 

オンラインアシスタントサービスを紹介

それでは主要なオンラインアシスタントサービスをご紹介します。

CasterBiz(キャスタービズ)

CasterBiz(キャスタービズ)は、秘書はもちろんのこと人事・マーケティング・経理・リサーチなど幅広い業務を発注することができる業界NO.1のオンラインアシスタントサービスです。

100倍という高倍率によって選ばれた優秀な秘書がいることが魅力です。

 

【キャスタービズの魅力】

・業界NO.1のオンラインアシスタントサービス

・秘書業務以外にも幅広い業務範囲での発注が可能

・高倍率から選ばれた優秀なアシスタントが在籍

・主な業務:秘書、人事、WEBサイト運用、経理

 

CasterBizの詳細

フジ子さん

フジ子さんは業界水準の約半分で発注ができるオンラインアシスタントサービスです。

必要な時に必要なだけ業務の依頼ができるサービス体系になっており、非常に融通が効きやすいサービスであるといえるでしょう。

 

【フジ子さんの特徴】

・月額4.7万円かつ1ヶ月からの利用も可能

・業界水準の半分で依頼ができるコストパフォーマンスの良さ

・主な業務:経理、人事、総務、WEB運用

 

フジ子さんの詳細

 

i-STAFF(アイスタッフ)

i-STAFF(アイスタッフ)は1/100の倍率をくぐりぬけた優秀なアシスタントが在籍しています。幅広い業務範囲に加え、オフライン業務でさえもカバーをしています。

また、万が一満足できなかった場合に業界としては初の「返金保証」がついています。

 

【i-STAFF(アイスタッフ)の特徴】

・高倍率から選ばれた優秀なアシスタントが在籍

・オフライン業務まで代行

・返金保証付

・主な業務:秘書、人事、WEBサイト運用、経理、営業アシスタント

 

i-STAFFの詳細

 

HELP YOU(ヘルプユー)

HELP YOUは、経理・人事、総務、秘書、営業サポートやEC/メディア運用までをカバー範囲としているオンラインアシスタントサービスです。

無料相談やトライアルプランなどのサービスがついています。

 

【HELP YOU(ヘルプユー)の特徴】

・世界各国から高倍率から選ばれた優秀なアシスタントが在籍

・専属ディレクターが適切なチームを組成

・オフライン業務まで代行

・主な業務:秘書、人事、EC/WEBサイト運用、経理、営業アシスタント

HELP YOU

 

CLARY(クラリー)

CLARY(クラリー)は多言語対応に強みを持つオンラインアシスタントサービスです。

特に海外の取引先があるビジネスパーソンにとっては心強いサービスとなるでしょう。

主要言語の翻訳全般や、現地言語でのお問い合わせ対応、現地言語での秘書業務全般、スカイプでの同時通訳などができます。

 

【CLARY(クラリー)の特徴】

・英語、中国語、韓国語、ドイツ語など主要な言語の翻訳対応全般ができる

・現地言語でのアシスタント業務全般ができる

・オフライン業務まで代行

・主な業務:秘書、人事、EC/WEBサイト運用、SNS運用、リサーチ、翻訳、同時通訳

 

CLARYの詳細

 

Genny(ジェニー)

Genny(ジェニー)は月額利用できるオンラインアシスタントサービスです。

メールの返信代行や契約書作成のサポート、経費精算補助などの秘書業務をサポートしてもらえます。

現在は時給60円で10日だけトライアルができるキャンペーンを実施しています。

 

【Genny(ジェニー)の特徴】

・最短1日で開始ができるスピード感

・全ての情報を暗号化しているセキュリティ面

・主な業務:メール返信代行、経費精算補助、契約書作成、会食予約

 

Gennyの詳細

 

ビズアシ

ビズアシはクラウドソーシング最大手であるクラウドワークスが運営するオンラインアシスタントサービスです。クラウドワークスの仕事において一定の評価を受けているワーカーさんが登録しているため業務実績の信頼性と業務幅の広さが魅力といえそうです。

 

【ビスアシの特徴】

・クラウドワークスで結果をだしている優秀なワーカーさんがアシスタント業務を実施

・クラウドワークスならではの幅広い業務範囲に対応可能

・主な業務:経理、人事、総務、WEB運用、リサーチ、データ入力

 

ビズアシの詳細

 

Kaori-san

Kaori-sanはアジアを拠点に多国籍にサービスを展開するオンライン秘書サービスです。

法人のみならず個人のプライベート秘書のようなサービスも展開しています。

Kaori-sanオンライン電話という独自のオンライン電話サービスを使ってコミュニケーションを取ることが可能です。

 

【Kaori-sanの特徴】

・アジアを中心とした海外関連の業務に強い

・個人秘書サービスも展開している

・主な業務:経理、人事、総務、WEB運用、リサーチ、データ入力

 

Kaori-sanの詳細

 

Asqme

Asqmeは2,500円という業界トップクラスに低価格なサービスを提供しているオンライン秘書サービスです。

通訳や翻訳の業務を対応することができ、対応時間も22:00と比較的遅めまでサービスを提供していることが特徴です。

 

【Asqmeの特徴】

・月額2500円〜という業界トップクラスの安さ

・22:00までの深夜対応も可能

 

Asqmeの詳細

 

ChatWork アシスタント

ChatWorkアシスタントはビジネスチャットサービスであるChatWorkに特化したオンラインアシスタントサービスです。すでにプロジェクトでチャットワークを導入している会社であれば非常にスピーディに対応できるメリットがあります。

 

【ChatWorkアシスタントの特徴】

・ChatWorkに特化したオンラインアシスタントサービス

・幅広い業務に対応が可能

 

ChatWorkアシスタントの詳細

 

最後に

オンラインアシスタントサービスの利用によって、雑務のフォローをしてもらうことで、フォーカスするべき大事な業務への集中が高まることが期待されます。

また、オンラインアシスタントサービスはその特性も様々ですので、会社やプロジェクトの内容によってより適切なサービスを使うことで仕事の効率性を高めてみてはいかがでしょうか。

以上でオンラインアシスタントサービスの記事を終了します。

 

フォローして最新情報をチェック!
Ads
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。