【2020年版】YouTubeから広告まで、クラウドソーシングやオンライン依頼が可能な動画制作サービス9選

This post is also available in: English

Ads

はじめに

YouTubeの普及や回線の高速化に伴って動画制作のニーズが加速しています。2020年以降5Gが一般普及するとよりリッチなコンテンツが増えていくことが想定されています。本記事ではクラウドソーシングで利用できる動画制作サービスをご紹介します。

クラウドソーシングの動画制作サービスの仕組み

一般的な制作会社は打ち合わせしながら、動画の企画・コンテなどを決めていきます。クラウドソーシングの動画制作サービスに関しては対面の打ち合わせをせずともオンラインで完結できることが強みです。以下クラウドソーシングの動画制作における主なポイントを挙げていきます。

  • オンラインで制作過程が完結する
  • オリエン内容によって最適なクリエイターの選定が可能
  • コンバージョンの最適化など目的特化した制作サービスも存在
  • 一般的な制作会社と比べてリーズナブル

それでは、以降でクラウドソーシング可能な動画制作サービスを紹介します。

Crevo(クレボ)

Crevo(クレボ)はオンライン動画特化の制作会社です。Crevo(クレボ)は料金プランが一律であるため、透明な価格でお願いをする時も抵抗が少ないことが挙げれます。日本国内のクリエイターはもちろんですが、案件によっては世界の登録クリエイターとも仕事をすることができます。Crevo独自の動画制作支援ツール「Basecamp」を利用することで、クリエイターのコミュニケーションも効率化することができます。

 

Kaizen Platform(カイゼンプラットフォーム)

Kaizen Platform(カイゼンプラットフォーム)はコンバージョン率の最適化などパフォーマンスに特化した動画制作サービスです。ABテストと連動をさせてより最適な動画を絞り込んでいくことが可能となっています。

LOCUS(ローカス)

LOCUS(ローカス)は国内最大級のクリエイターネットワークを持つ動画制作会社です。サイト上では300件を超える動画実績が掲載されています。LOCUS(ローカス)の強みは誰でも簡単に1万円から動画制作できる、フォーマット型動画制作サービス「FastVideo」の提供も行っています。

Viibar(ビーバー)

Viibar(ビーバー)は3,000人以上のビデオクリエイターのネットワークを活用した動画の企画・制作を行なっている制作会社です。動画を中心としたマーケティングソリューションの提供も可能です。マッチング方式で案件にマッチした動画ディレクションを選択することができます。

90 Seconds(ナインティーセカンズ)

90 Seconds(ナインティーセカンズ)は海外クリエイターや海外での撮影につよいクラウドソーシングの動画制作サービスです。世界で12,000人以上のクリエイターと連携をしており、動画制作実績もグローバルで3,000件を超えるほど豊富です。管理画面で作業進捗を簡単に確認することができることが使いやすさに繋がっています。

MoviePrint(ムービープリント)

MoviePrint(ムービープリント)は動画制作に特化したマッチングプラットフォームです。社内研修、TVCM、アプリ紹介など動画制作の目的に応じて、選択式でクリエイターを提案してくれます。また、あらかじめ目的と内容によって制作予算を依頼前に提案をしてくれるため価格の透明性もあります。

 

izmaker(イズメーカー)

izmakerはクラウドソーシングにマイクロストックを掛け合わせた新しい業態のソーシングサービスです。案件を登録しクリエイターを募集するといったかたちになります。また、izmakerは動画以外に音素材も提供しています。案件依頼を行うJOB STADIUM、素材検索や素材購入が可能なFile Marketなどのサービスを運営しており、izmaker内で動画制作の案件依頼から素材獲得までを行うことができます。

 

VIDEO BRAIN

VIDEO BRAINは素材さえあればAIを使って動画制作ができるサービスです。素材とテキストを入力するだけで動画の制作ができるサービスです。意図が明確な動画をクイックに制作したい場合に重宝するオンラインのサービスとなっています。サイネージ、動画広告、アプリ紹介動画など、各種用途に特化した動画のフォーマットや素材が揃っています。

 

クラウドワークス

クラウドワークスは言わずと知れた国内最大級のクラウドソーシングサイトです。動画専門ではありませんが、登録クリエイターは国内のソーシングサービスでも最多を誇ります。常時400案件近い動画制作関連案件が存在しております。クリエイターは案件実績や評価などを確認して依頼することができるためより透明な価格で動画制作の依頼が可能です。

 

最後に

オンラインの動画制作サービスと一口に言ってもいろんなパターンがあることをおわかりいただけたかと思います。低単価でクイックに動画制作を行わなければいけない時は本記事で紹介した動画サービスを選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか。以上で、クラウドソーシングやオンライン依頼が可能な動画制作サービス9選を終了します。

フォローして最新情報をチェック!
Ads