Chatbot(チャットボット)とは?その仕組みや主要なチャットボートサービスを紹介

Ads

はじめに

チャットボットというキーワードを聞いたことがありますでしょうか。チャットボットは「Chat(チャット)」と「Bot(ボット)」を掛け合わせたテクノロジー造語です。コミュニケーションをとれるロボットとして、近年注目を集めている分野で、近年はAI技術と掛け合わせて最適なコミュニケーションの自動化のためのソリューションとして進化を続けています。本記事ではチャットボットの仕組みやメリットについて紹介します。

Chatbot(チャットボット)とは

Chatbot(チャットボット)は上述の通り、ロボットを活用した会話のプログラム全般を指します。例えば、ユーザーの質問に対して自動で回答を行うカスタマーサポート用のロボットや、ユーザーの嗜好に合わせて会話で商品を提案するセールスオペレーションのロボットなどその活用範囲は多岐にわたります。

Chatbot(チャットボット)はLINEやSlack、Facebookメッセンジャーなどのお馴染みのプラットフォームに乗せてソリューションを提供しているサービスもたくさんあります。

Chatbot(チャットボット)の仕組み

次にChatbot(チャットボット)の仕組みについて説明をします。一般的には、アプリケーションをbot(ボット)をAPIで連携し、問いかけに対する解釈や返答内容を生成し、API経由でアプリケーションに戻される仕組みとなっています。

Chatbot(チャットボット)のメリット

続いてChatbot(チャットボット)のメリットに関して簡単にまとめていきます。

カスタマーサポート業務の効率化

Chatbot(チャットボット)の大きな恩恵はカスタマーサポート(=CS)業務の効率化です。今まで人間が直接対話していたCS関連のやりとりをChatbot(チャットボット)に行わせることで、業務の高速化や効率化を図ることが可能です。特に、回答が定型化されている業務に対しての貢献可能性が高いと言われています。

データを活用した販売促進

Chatbot(チャットボット)のもう一つのメリットがセールスです。膨大なデータをもとに会話形式で顧客に関して適切なレコメンドをおこなっていくことができます。例えば、ユーザーの身長や体重や嗜好を入れると自動でマッチする洋服を提案したりなどといったことが可能になります。

新しい広告手法としても注目

Chatbot(チャットボット)は新しい広告手法としても注目されています。それ自体をランディングページとしてチャットを通じて、商品購入に誘導するようなユースケースも増えてきています。

Chatbot(チャットボット)のカテゴリ

Chatbot(チャットボット)は返答内容によって大きくカテゴライズすることができます。

選択肢型

ユーザー選択肢を提供し、ユーザーの回答に応じて会話を進めていく最もベーシックなタイプです。選択肢以外のシナリオを自律判断することはできません。

辞書型

あらかじめ大量のテンプレートを登録しておき、最も近いテンプレートを会話に利用するパターンです。

自然会話型

ユーザーのログ解析により適切なサービスを提案していくタイプです。特にAI技術の貢献度が高く一般的に難易度が高いタイプとなります。

Chatbot(チャットボット)サービスの紹介

LINE BRAIN CHATBOT

LINE BRAIN CHATBOTはLINEが提供するChatbot(チャットボット)サービスです。会話形式で利用者の業務遂行を手伝うAIサービスで、自然言語処理(NLP)・機械学習・テキストマイニング等のAI技術適用により、人の言語を理解し、学習しながら、情報を伝達することができます。

LINE公式アカウントとの連携はもちろん、LINE WORKS、Facebook※やWebチャットなどLINE以外にも対応が可能です。

 

Chat Plus+(チャットプラス)

チャットプラスはウェブサイト埋め込み型のChatbot(チャットボット)サービスです。チャットプラス導入サイトを訪問するとチャット画面が立ち上がり、そこからCRMを行うことができます。たった1分でIDを発行することができ、2分でチャットをスタートすることができます。

 

sinclo(シンクロ)

シンクロもウェブサイト埋め込み型のチャットボットです。訪問者に直接話しかけるUXがユニークです。サイトの訪問者向けに問い合わせや資料請求を増やすためのソリューションを強みとして持っています。

SYNALIO(シナリオ)

SYNALIO(シナリオ)はチャットボット型のマーケティングツールです。サイト訪問顧客の会話データから最適なCRMプランを実施するなどマーケティング活動に利用することができます。

OKBIZ. for Chat & Bot

OKBIZ. for Chat & Botはオウケイウェイヴが運営するカスタマーサポート業務に特化したAIチャットボットサービスです。お客様からの問い合わせの対応チャネルとしての活用はもちろん、社員からの質問に回答するための社内オペレーションなど、様々な範囲で適用が可能なチャットボットサービスです。

KARAKURI

KARAKURIはカスタマーサポート特化型のAIチャットボットです。FAQの導入からチャットサーポートまで一貫してソリューションを提供できるため、顧客体験を阻害せずにカスタマーサポート業務プロセスの効率化を図ることができます。正答率95%保証という極めてクオリティの高いチャットボットサービスとなっています。

 

最後に

Chatbot(チャットボット)にも様々なタイプがあることがおわかりいただけたかと思います。以上でChatbot(チャットボット)に関する記事を終了します。

 

フォローして最新情報をチェック!
Ads