miroで手描き図形を補正できるスマートドローイング機能を解説!

This post is also available in: English

Ads

はじめに

本記事ではオンラインホワイトボードサービスであるmiroのスマートドローイング機能について解説をします。例えば、iPadなどでmiroのペンシル機能などを使っている時にスマートドローイング機能をオンにすると、描いた図形の自動補正を行なったり、特定のペンシルアクションに対してショートカットキー的な動きを行うことができます。

miroとは

miroはビジュアライズコラボレーションツールと呼ばれるジャンルで、アイデアなどをビジュアライズして仕事を進めることに秀でたサービスです。具体的には、ふせんを貼ったり、図形を自由に描いたり、整理したり、マインドマップを書いたりなど普段ホワイトボードを使わなければできない作業をそのままオンラインで直感的に行うことができます。

  • ブレインストーミングにおけるホワイトボードの役割
  • デザインのプロトタイピング
  • アイデアのメモ帳
  • 画像などの整理フォルダ etc.

miroの基本的な使い方については以下の記事を参照ください。

便利なオンラインホワイトボードサービスmiro(ミロ)の使い方の基本

スマートドローイング機能とは

スマートドローイングはmiroのワークスペース上にペンシルで描いた絵を自動的に正確な図形や付箋、接続線に変換することができる機能です。スマートドローイングを使えば、会議の中でのスケッチを見やすい図形に自動で整理をすることができます。

スマートドローイング機能のオン/オフ

スマートドローイング機能は、miroのワークスペースメニューにあるペンシルアイコンをクリックすると表示されるチェックをオンにすると利用できます。

アプリでもブラウザでも利用できる

スマートドローイング機能はアプリでもブラウザでも利用できます。特に、iPadなどペンシルで描く際に最も使い勝手が良さそうな機能であると思います。

(次ページ)
続いては実際のスマートドローイング機能の使用感をGIFでご紹介!

フォローして最新情報をチェック!
Ads