ついに出たSkype(スカイプ)の新機能!登録不要で手軽にテレビ会議ができる「Meet Now」の全貌をたった2分で解説

This post is also available in: English

Ads

URLだけで会議ができる新機能「Meet Now」

世界でメジャーなテレビ会議ツールの1つであるSkype(スカイプ)は、2020年4月4日にアカウント無しでテレビ会議を開始できる新機能「Meet Now」のリリースをアナウンスしました。今まではアカウントが無いとテレビ会議の実施が難しいSkypeでしたが、今回のリリースによってSkypeアカウントが無くともテレビ会議の実施が可能になります。

「Meet Now」の主な特長

Meet Nowの主な特長は以下です。基本的には通常のスカイプと比較して極限まで手間が無くなったといえるでしょう。

  1. アカウント登録でテレビ会議を実施できる
  2. アプリをインストールせずともブラウザでテレビ会議ができる

 

対応ブラウザはMicrosoft EdgeとGoogle Chromeのみが確認とれています。

Meet Nowの使い方を解説

Meet Nowの実際の使い方を解説します。結論からいうと、非常にスピーディです。Skype(スカイプ)の該当ページにリンクします。

画面右側の「無料の会議を作成」をクリックします。会議リンクが作成されます。

数秒程度待つと以下のように会議リンクが作成されます。会議の参加者にリンクを招待します。

招待ボタンをクリックすると、リンクコピーに加え、OutlookメールとGmailを選択することができます。

「通話を開始」ボタンをクリックすると、以下のような表示が出ます。ここですでにSkypeをインストールしている方は「Skypeで開く」という表示がされます。「ゲストとして参加」をクリックします。

「ゲストとして参加」をクリックすると、任意の名前を入力して参加ボタンをクリックします。

ブラウザ上で会議が実施できます。カメラ、マイク連携を許可し利用をします。

会議を実施できました。会議リンク発行から会議参加までをスピーディに行えることが確認できました。

 

テレビ会議中の機能について

テレビ会議中の機能に関してですが、MeetNowにおいても以下のSkype機能は利用可能です。

  1. 通話録画
  2. 背景ぼかし機能
  3. 画面共有

最後に

Skype(スカイプ)の機能アップデートでよりスピーディな会議実施の選択肢が増えたといえるでしょう。しかしながら、テレビ会議ツールはZOOMやGoogleハングアウトの急成長により激戦となっています。今後の各サービスのアップデートから目が離せません。

ユーティリーでは以下のテレビ会議ツールの解説記事もあります。ぜひご覧ください。

3分でわかる!テレビ会議ツールZOOM(ズーム)の使い方を解説 | URLだけでサクッとテレビ会議を開始

登録不要ですぐにテレビ会議!ビデオチャットツールWhereby(旧:appear.in /アピアーイン)の使い方

フォローして最新情報をチェック!
Ads