目標管理から評価までを完結できる社内SNSツールGoalous(ゴーラス)を解説

Ads

チームメンバーの仕事、即答できますか?

「今月一番活躍したメンバーは誰ですか?」

「メンバーが昨日どんな仕事をしたか教えてください」

このような質問をされるとドキッとする管理職やリーダーの方もいらっしゃるかと思います。チームの動きや活躍人材を常に把握するのはどのような管理職の方でも簡単なことではありません。

リモートワーク加速で迫られる組織改革

新型コロナウィルスの影響によりリモートワーク移行が加速している中で、今までオフィス空間で行なってきたプロセスの見直しが急務となっている会社が急増しています。ただでさえ難しい目標管理・進捗確認・評価プロセスをオンラインのコミュニケーションだけで行わなければいけないという困難な状況に直面しているといえるでしょう。

チーム運営の全てを完結できる社内SNS、Goalous(ゴーラス)

組織改革が必要な会社・チームにおいて解決の糸口になりそうなツールが、本記事で解説するGoalous(ゴーラス)です。Goalousは社内コミュニケーションを活性化しチームの目標達成を加速させるコラボレーションツールです。東京を拠点とするColorkrew社(旧ISAO)が運営しています。Goalousを使えば、目標共有・進捗管理・活動共有・評価プロセスまでチーム運営の全行程を複雑なオペレーションを組むことなく推進することができます。加えて、チームのコミュニケーションを活性化させるハブにもなる魅力的な社内SNSです。

チーム運営の全てがGoalous(ゴーラス)で完結

  1. 目標共有:目標に誰でもアクセス可能に
  2. 進捗管理:進捗も手間なく可視化
  3. 活動共有:メンバーの活動共有も画像付きで訴求アップ
  4. 評価:評価に必要な定量・定性情報に手間なくアクセスできる

Goalousについて詳しく

Goalousの考え方 – 目標管理はGKAへ

GoalousGKAという独自の目標管理メソッドを基本的な考え方にしています。GKAは「Goal・Key Result・Action」の頭文字をとっています。

  • Goal – 目標
  • KR ( Key Result ) – 主な成果
  • Action – 日々のアクション

目標管理の手法としてGoogleが導入していることで有名なのがOKRという概念ですが、GKAはOKRを更に進化させた目標管理手法です。ゴールを達成するための主な成果を定義するところまではOKRと同じなのですが、これに加えて日々のアクションを関係者で共有するステップがあります。このステップがあることでメンバーの目標達成モチベーションを高めながら目標管理ができます。管理職は目標進捗の可視化が楽になり、メンバーは自分の仕事にリアクションをもらえることでより自発的に取り組むことができます。結果的にチーム力を高めながら目標達成に集中できるというメリットが生まれます。

  1. 管理職:目標管理が楽に
  2. メンバー:自発的にミッションに取り組むことができる
  3. チーム:コミュニケーションが促進されることでチーム力の強化につながる

Goalous(ゴーラス)の基本的な使い方

Goalousの基本的な考え方や効用について説明をしました。続いて具体的な使い方を解説していきます。

Goalous(ゴーラス)のインターフェース

Goalous(ゴーラス)は、Facebookやtwitterなどのように、各種情報がメインのタイムラインに更新されていくSNS型のインターフェースとなっています。もちろんそれぞれの投稿に「いいね!」やコメントをつけることができます。

目標設計:ゴールを設定する

続いて、Goalous(ゴーラス)の基本ステップについて解説をします。

Goalous(ゴーラス)で最初に行うことはゴールの設定です。チームや個人で達成したいゴールを入力します。

目標設計:ラベルを作る

ゴールを社内の他のメンバーが見つけやすくするためにラベルを作成することができます。

目標設計:ゴールの詳細を登録

続いて、チームがイメージしやすい画像をアップロードしたり、達成期日を設定するなどゴールの詳細を登録します。

目標設計:KR(Key Result)の登録

最後に、ゴールを達成するための主な成果(=KR)を登録して完了となります。

ゴール設定が完了

ゴール設定が完了するとタイムラインでシェアされます。目標は誰でも閲覧が可能で、自由にコメントやいいね!などのリアクションが可能です。

写真で活動共有

目標設定が完了したら日々の業務の共有が必要となります。各メンバーがゴール達成に向けたアクションを写真付きで共有していきます。これによって、それぞれのメンバーが具体的にどのような仕事をしているのかを社内の誰でも知ることができます。

自分の活動共有に対して同僚からお祝いや励ましのコメントをもらえると仕事にも自然と熱が入りますよね。

ログインするだけで進捗管理ができる

Goalousのマイページにログインするだけで進捗を確認することができます。沢山のファイルにアクセスするような手間はありません。

評価プロセスもGoalous(ゴーラス)で完結

Goalous(ゴーラス)は目標設定から評価プロセスもGoalous(ゴーラス)完結できる点が魅力です。目標管理をしている数字に加えて、達成に向けてどのようなアクションを行なったのかも含めて一括で評価することができます。いちいちいろんなドキュメントや、チャットのやりとりを探す必要はありません!

Goalous(ゴーラス)のお役立ち機能

Goalousはチーム運営の効用を上げるうえで欠かせないチームのコラボレーションを促進する便利な機能があります。いくつかピックアップします。

サークル機能で目的別コミュニケーションができる!

チームやテーマなどの目的別にグループ作成ができます。例えば、新メンバーの自己紹介などはSNSのように使えるので、メールやチャットツールだけで送るよりも盛り上がります。

経営からのメッセージもより身近に

経営やリーダーからメンバーにメッセージをアナウンスしたい時も活用できます。メールや仰々しいドキュメントなどではなく親近感のあるご自身の言葉で伝えることができます。

インサイト機能でメンバーの活躍を可視化

インサイト機能を使えば、メンバーの投稿やリアクションを定量化できます。評価面談準備などの場面においても、検索性高くメンバーの活躍を確認することができます。

多言語チームにもやさしい翻訳機能

「翻訳アイコン」をクリックすると瞬時に翻訳を行うことができます。多国籍チームには非常に役立つ機能といえます。現時点では主要な25ヶ国語に対応しています。

Goalous(ゴーラス)の料金

最後にGoalousの料金について説明をします。Goalous(ゴーラス)は1ユーザーあたりの月額料金のプランとなります。1ユーザーにつき月額980円から利用が可能です。

無料トライアルでお試しできる

Goalous(ゴーラス)には15日間の無料トライアルプランが付いています。実際に機能を利用したうえで導入を判断することができます。お問い合わせください。

Goalousをトライアルする

最後に

目標設計から評価までを完結できるパッケージでありながら、社内SNS特有のコミュニケーションの活発化も図れるGoalous(ゴーラス)の魅力を解説しました。リモート移行のこのタイミングをきっかけに社内のチーム運営を見直したい人事や経営者の方はぜひトライアルを検討してみてください。

フォローして最新情報をチェック!
Ads