プロジェクト管理ツールBacklog(バックログ)の関連記事まとめ

Ads

はじめに

本記事はプロジェクト管理ツールBacklog(バックログ)に関する記事を紹介するまとめ記事となります。豊富な機能を提供しているBacklogをユーティリーでは5つのテーマに分けて解説をしています。2020年の最新版の情報となります。

Backlog(バックログ)とは

Backlog(バックログ)は170万人が利用する国内最大級のプロジェクト管理ツールです。プロジェクト管理、タスク管理、Wiki機能など多くの機能を有したオールインワン型のツールです。Backlogは30日間無料トライアルをしています。興味がある方は以下のボタンからアカウント作成が可能です。

Backlogのアカウントを作成する

プロジェクト管理機能を知りたいなら

以下の記事ではBacklogの主要機能である「プロジェクト管理」にフォーカスして解説をしています。プロジェクト管理を効果的に行うことができる魅力的な機能やそれぞれの使い方を紹介しています。この記事を見るだけでBacklogの使い方のイメージがわくかと思います。

170万人が利用するBacklog(バックログ)のプロジェクト管理機能を徹底解説

個人でもチームでも使えるタスク管理機能

Backlogのタスク管理機能は大人数が動くチームプロジェクトはもちろん、個人のタスク管理にも役立ちます。以下の記事ではタスク管理機能にフォーカスして、Backlogの魅力を紹介しています。

個人も組織もタスク管理を効率的に!Backlog(バックログ)のタスク管理機能を解説

ナレッジ共有ならWiki機能で

Backlogではナレッジをドキュメントで整理・共有できるWiki機能が付いています。例えば、マニュアルやワークフローなどの管理を手軽に行うことができます。以下の記事ではBacklogのWiki機能にフォーカスして解説をしております。

Backlog(バックログ)のWiki機能で効率的なナレッジ共有をする

 

ソフトウェア開発者向けの使い方とは

Backlogは開発プロジェクトにおいても利用メリットが大きいツールです。主要なバージョン管理システムの1つであるGitやSubversionと連携することができるため、コード管理とプロジェクト管理を一緒に手間なく整理可能です。以下の記事でソフトウェア開発のプロジェクトを想定した使い方の解説をしています。

ソフトウェア開発管理もBacklog(バックログ)で!GitやSubversionとの連携を解説

 

Backlogを使い始める時のポイントとは?

実際にBacklogを使い始める時はどのようなステップになるのでしょうか。以下の記事では、主にBacklogの初期ステップの利用イメージを解説しています。チームメンバーの招待方法などチーム管理に関する使い方も紹介しています。

プロジェクト管理ツールBacklog(バックログ)の初期設定など基本概要を解説

 

最後に

ユーティリーではBacklogについて様々な角度での解説記事があります。チームでの導入を検討されている場合はぜひ無料トライアルお試しください。以上でBacklogの関連記事まとめを終了します。

タスク・プロジェクト管理ツール「Backlog」

フォローして最新情報をチェック!
Ads