連絡からタスク管理まで!Chatwork(チャットワーク)の基本的な使い方を解説

Ads

いまさら聞けないChatwork(チャットワーク)の基本を解説

ビジネスコミュニケーションに特化したチャットツールとして、人気を誇っているChatwork(チャットワーク)チャット機能だけではなく、タスク管理機能やファイル管理機能など、ビジネス面で活躍してくれる機能が揃っていることが特徴です。では、いざChatwork(チャットワーク)を業務に導入したいと思ったとき、どれくらいの方がスムーズに使い始められるでしょうか。本記事では、Chatwork(チャットワーク)の機能や料金プラン、使い方についてじっくりご紹介します。この記事を読めば、すぐ簡単に使い始められるはずです。

Chatwork(チャットワーク)とは

Chatwork(チャットワーク)とは、仕事で必要なコミュニケーションを効率化してくれるツール。Chatwork株式会社によって運営されているサービスで、数多くの企業から支持されているビジネスチャットです。

Chatwork(チャットワーク)のアカウントを作る

Chatwork(チャットワーク)の機能

チャットワークには主に4つの機能が搭載されています。順に見ていきましょう。

チャット機能

まずは連絡に欠かせないチャット機能からご紹介します。社内外問わず連絡が取れるツールなので、お互いにアカウントさえ持っていれば連絡先の交換が可能です。最近では、メールではなくチャットツールを活用して取引先とコミュニケーションを取っている企業も増えています。また、Chatwork(チャットワーク)では、複数人とグループチャットを作っての会話もできます社内外のユーザーと案件ごと部署ごとでグループチャットを作成することで、円滑にコミュニケーションが取れるでしょう。

チャット内にはメッセージ検索機能も搭載されているので、以前のやり取りも簡単に遡って探すことが可能。忘れたときでも聞き直さず、メッセージを検索してすぐに仕事を進められます。そして、重要なやり取りをするグループチャットや、よく連絡を取る相手を探す手間を省くときに使えるのがピン機能チャットをピン止めし、チャット一覧の上部に固定して置けます。マイチャットも一緒にピン止めしておくと、思いついたときにパッとメモができて便利です。

タスク管理機能

続いては、タスク管理機能についてご紹介します。依頼されたタスクをTo Doとして管理ができる機能のことで、相手から送られてきた文言をそのままタスク化することも可能です。また、相手に仕事を依頼したい場合にも活用できます。タスクを作って担当者を相手の名前に設定し、期限を決定して送りましょう。タスクを設定すると自動で作成したことがチャット上に流れるので、相手にも知らせることが可能です。タスクを修正した場合や完了した場合もチャット上に通知されるので、変更や完了が自動的に送られます。

ファイル管理機能

続いては、ファイル管理機能です。ワードやエクセルで作成したデータや画像もChatwork(チャットワーク)上で送ることが可能です。やり取りしたデータは一覧で閲覧したりダウンロードしたりもできるので、必要に応じてファイル管理機能も活用することをおすすめします。ファイル管理は、Chatwork(チャットワーク)画面上部右のアイコンが並んだエリアからアクセスできます。左から2番目をクリックすると、これまでやり取りしたファイルが並ぶ画面に遷移します。ファイル名検索もできるので、探しているデータを見つけやすいでしょう。

ビデオ/音声通話機能

最後は、ビデオ/音声通話機能です。チャットに参加しているメンバーでビデオ通話もしくは音声通話ができます無料プランでは1対1の通話のみしかできませんが、パーソナルプラン以上であれば複数人での通話が可能です。グループチャットに入っている全員での通話もできます。また、画面共有機能を併せて使用することで、ビデオや音声で通話しながら自分のパソコン画面を相手と共有できるので、どこを説明しているかの認識を揃えられるでしょう。

Chatwork(チャットワーク)の強み

最近は、他社のチャットツールも充実しつつあり、企業によって導入しているツールが異なる場合もあります。では、Chatwork(チャットワーク)は他のツールに比べてどんな強みを持っているのでしょうか

タスク機能があることが強み

Chatwork(チャットワーク)の最大の強みといえるのが、タスク機能です。自分のタスクの期限を設定してチャット上で管理ができる機能のことを指しています。のチャットツールにはない機能なので、チャットで出てきたタスクをその場で処理できて便利だと人気です。

Chatwork(チャットワーク)の料金プラン

料金プランは4種類

Chatworkを導入するうえでの料金プランは4種類あります。

まずは、無料で試したい人におすすめのフリープラン。次が、個人でもより幅広い機能を導入したいという人におすすめなパーソナルプラン。組織で導入する場合は、1ユーザー500円/月(年間契約の場合)のビジネスプランがぴったりです。より管理機能を強化したエンターエンタープライズプランを導入するといいでしょう。

それぞれの機能の特徴をまとめた表が以下になります。

フリー パーソナル ビジネス エンタープライズ
コンタクト無制限
グループチャット数 無制限 無制限 無制限 無制限
ビデオ通話/音声通話 1対1のみ 無制限 無制限 無制限
2段階認証
ストレージ 5GB 10GB 10GB/1ユーザー 10GB/1ユーザー
広告の非表示 ×
ユーザー管理 × ×
社外ユーザー制限 × × ×
IP・モバイル端末制限 × × ×
専用URL機能 × × ×
ファイル送受信制限 × × ×
外部SNS制限 × × ×
シングルサインオン × × ×
チャットログ・エクスポート × × ×
SLA(サービス品質保証) × × ×
ビジネスプランとエンタープライズプランは、5ユーザー以上から導入可能なので、契約人数が下回らないよう注意しましょう。
それでは続いて、Chatwork(チャットワーク)の使い方をご紹介します。
フォローして最新情報をチェック!
Ads