Shopify(ショッピファイ)とは何?機能やショップ開設方法、メリット・デメリットも紹介

  • 2020-07-12
  • EC
EC
Ads

Shopify(ショッピファイ)でネットショップ開設

自分で手がけたアイテムをインターネット上で販売できるネットショップ。ECサイトともいい、店舗を持たずにオンラインビジネスができる方法として人気を集めています。近年は簡単にネットショップを開設できるよう整えられたプラットフォームが増加しています。必要な情報と商品を登録し、デザインをテンプレートから選んで整えることですぐにストアとしてオープンできる気軽さで多くの人から利用されています。

様々なネットショッププラットフォームがありますが、本記事ではその中でもShopify(ショッピファイ)に着目して機能や開設方法をご紹介します。基本的な情報を理解することで、ネットショップをオープンするときに適切なプラットフォームを選べるようになるでしょう。

Shopify(ショッピファイ)とは?

Shopify(ショッピファイ)とは、世界から注目されているカナダ発のネットショッププラットフォームです。2004年に創業され、今や全世界175カ国、100万店舗以上のストアで利用されている世界最大のECプラットフォームで、その勢いは「Amazonキラー」と呼ばれているほどです。まだまだ日本では聞き慣れないかもしれませんが、EC市場でシェアを拡大しているサービスです。2017年11月にはShopify(ショッピファイ)の日本法人が設立されたことで、ようやく日本市場でもシェアが広がってきている状態です。

Shopify(ショッピファイ)のサイトはこちらのリンクから確認できます。

Shopify(ショッピファイ)で出来ること

では、Shopify(ショッピファイ)ではどのようなことができるのでしょうか。

オンラインショップの開設

まずはオンラインショップの開設です。実店舗をオンライン化するもよし、アイデアを実現するためにオンラインショップから始めるもよし。Shopify(ショッピファイ)を活用してオンラインショップを簡単に作ることが可能です。

様々な販売チャネルでの商品販売

Shopify(ショッピファイ)では、様々な販売チャネルでの商品販売も可能です。オンラインショップはもちろんのこと、リーチを拡張するために幅広い販売チャネルを活用できます。例えば、SNSもそのひとつです。Instagramから直接購入してもらうことも、Facebookショップで新しい顧客を獲得することも可能です。販売チャネルで宣伝や販売を行い、Shopifyが自動で注文や在庫を追跡してくれるので、1箇所に統合されつつ、より広いお客様へのアプローチが可能になるのです。

デザインのカスタマイズ

Shopify(ショッピファイ)では、ショップデザインのカスタマイズもできます。テーマストアで無料もしくはプレミアムテンプレートから、ショップにぴったりのテンプレートを探すことが可能。そのうえで、それを土台に簡単な設定を組み合わせ、オリジナルにカスタマイズができるのです。デザインの設定エディタは、変更を加えるとすぐに変わったところが反映されて確認できるので、ひとつずつ調整しながら目指すショップの姿を作り込めるでしょう。また、Shopify(ショッピファイ)独自の習得しやすいテンプレート言語のLiquidを使用すれば、ウェブサイトのテーマのどの部分でも自由自在にカスタマイズができるので、微調整も簡単です。

他サイトへの埋め込み

Shopify(ショッピファイ)では、他サイトへの埋め込みも可能です。管理画面で購入ボタンを作成すると、Webサイトやブログに埋め込めるようになるのです。Shopify(ショッピファイ)で取り扱っている商品を、自分のブログで紹介し、購入を促せるようになります。より多くのお客様に向けて、商品の魅力を伝えられるような工夫が散りばめられているわけです。

Shopify(ショッピファイ)を使うメリット

続いて、Shopify(ショッピファイ)を使うことでのメリットについて詳しく見ていきましょう。

コンテンツ商材やダウンロード商材にも対応

Shopify(ショッピファイ)は、コンテンツ商材やダウンロード商材も取り扱えます。ネットショップというとグッズを製作して販売する姿を想像する方が多いのではないでしょうか。しかし、Shopify(ショッピファイ)では、サービスの予約やコンサルティング、デジタル商品や講座などもショップ上で販売できるのです。実際にヨガレッスンの予約をShopify(ショッピファイ)で販売している店舗もあります。

海外向けにも対応している

Shopify(ショッピファイ)は海外向けにも対応しているというメリットもあります。カナダ発のサービスということで、海外仕様にも移行しやすいことが大きなメリットです。様々な言語や通貨、海外配送にデフォルトの時点で対応しているため、他のネットショッププラットフォームと比べても、スムーズに海外向けにECサイトをオープンできるのです。実際に、Shopify(ショッピファイ)で構築された多くのECサイトが、越境ECにチャレンジし成功を収めています。

拡張機能が充実している

拡張機能が豊富でショップの充実度を高められることもメリットだといえるでしょう。Shopify(ショッピファイ)は、APIを外部公開しているため、多くの企業が開発した独自のアプリが豊富に揃っています。その数は、現在なんと3000種類を超えているといわれています。Shopify(ショッピファイ)のユーザーは、サービス内のAPPストアからアプリを利用することで、ショップの充実度を高められるのです。

オリジナル性が高いショップを作れる

Shopify(ショッピファイ)はオリジナル性が高いショップを作れるというメリットもあります。サイトの構築や更新は初心者でも安心してできるほど簡単なのに、自由自在にカスタマイズができるので、細かいところまでこだわったオリジナル性の高いショップを作り込めます世界観にこだわり、納得のいくショップを作れるでしょう。

 

Shopify(ショッピファイ)のデメリット

メリットが多くあるShopify(ショッピファイ)ですが、もちろんデメリットもあります。

英語の情報が多い

まずは、英語の情報が多いことです。前述の通りカナダ発のECサイトプラットフォームのため、一次情報は全て英語です。日本法人が和訳してくれているため徐々に情報は揃ってきているものの、最新の情報を知るためには英語が必要になるでしょう。また、Shopify(ショッピファイ)のアプリ開発を行なっている企業がまだまだ日本には少なく、人気のあるアプリを使おうと思うと、海外アプリを導入する必要があります。これも必要な情報は全て英語なので、抵抗がある方には厳しいかもしれません。

専門知識が必要な部分もある

次に、専門知識が必要になる部分があることです。簡単に始められて簡単に運営ができるものの、テンプレート以上にデザインをとことんこだわりたい場合は、HTMLやCSSなどといった専門知識も必要になります。

(次ページ)
続いては、Shopify(ショッピファイ)のアカウント開設方法について解説!

フォローして最新情報をチェック!
Ads