電子契約サービスGMO電子印鑑Agreeとは | 使い方から料金まで徹底解説!

Ads

GMO電子印鑑Agreeの基本的な使い方

つづいて、GMO電子印鑑Agreeの具体的な使い方を説明します。一般的な電子署名サービスと比べても、テンプレート登録機能などGMO電子印鑑Agreeならではの機能が多数あります。

機能の詳細を見たい方は公式ページをご確認ください。

契約書を作成する

GMO電子印鑑Agreeでは契約書の作成ができます。GMO電子印鑑Agreeの特徴的な機能として、契約書のテンプレートを活用することで、都度アップロードする手間がかかりません。例えば、日付や契約者のような都度変動がある内容のみ入力するだけでよいので、契約書作成業務を一気に短縮することができます。

実際に、GMO電子印鑑Agreeで契約書を作成する場合以下の情報が必要です

  1. 契約書名
  2. 所属
  3. 担当者

社内確認に順番がある場合は、独自のワークフロー設定も可能です。

契約書に署名する

GMO電子印鑑Agreeの署名方法は、「手書き」と「テキスト入力」の2種類があります。どちらもURLを開けば入力できるシンプルな仕様であるため、初めてでも迷わず署名を行えます。署名完了後、関係者にはすぐにメールが届くので進捗確認やエビデンス保存にも手間がかかりません。

電子印影のスタイルを決められる

業界や商慣習によっては、契約書の陰影が会社の印象に関わることもあります。実際には、どの形でも法律的・契約的には問題はありません。GMO電子印鑑Agreeでは、実際の判子の印影に近いものを使用するなどのこだわりを実現できます。加えて、オリジナルの印影を作ることも可能です。手書きの文字なども印影として反映できます。このような印影にこだわった機能は他の電子署名サービスでは提供していないため、日本企業の商慣習を考慮したGMO電子印鑑Agreeならではの独自機能といえるでしょう。

本人確認の設定が可能

契約内容や企業によっては「電子署名だと実際は誰がサインをしたかわからないんじゃないか。必ず本人がサインしたことを証明したい」というケースがあるかもしれません。とGMO電子印鑑Agreeでは「誰が署名をしたか」の本人確認ができます。実際に、本人確認付きの署名を行う場合には以下の流れになります。

  1. メールアドレスにあるURLをクリックする
  2. 契約書の画面に移行するので必要な場所にサインする
  3. 署名後、契約書をURLからダウンロード・確認する

このように本人確認書類添付機能をつけることによって、本人によって署名されたことを証明できます。

契約と同時に決済完了も可能

GMO電子印鑑Agreeでは、契約と同時に決済を完了させるAgreeペイメントを利用できます。また、クレジットカードによる支払い登録が必要となるため、サービスや商品などに対する料金の未払いを防ぐことが可能です。利用ごとの支払いだけでなく定期的な支払いも可能です。また、主要なクレジットカードブランドにも対応しています。

GMO電子印鑑Agreeのその他の機能は公式ページで確認できます。

GMO電子印鑑Agree公式ページ

さいごに

GMO電子印鑑Agreeは電子署名・電子契約ツールで、全世界231ヶ国600万枚の販売実績を誇るGMOグローバルサインと連携しています。GMO電子印鑑Agreeでは、電子契約と電子署名、その2つを組み合わせるなどの使い分けが可能です。そのため、GMO電子印鑑Agreeを利用することで、業務の効率化だけでなく、どのような契約書もインターネット上でやり取り可能です。また、GMO電子印鑑Agreeはお試しフリープランから利用を開始できます。無料で小規模の運用からスタートし、徐々に業務範囲を広げるといった使用方法も可能です。自社のニーズに合わせて使い分けていきましょう。

他の電子署名サービスをチェックしたい場合は以下の記事もご参照ください。

【2020年最新版】オススメ電子署名サービス6選!電子契約/電子署名でオペレーションコストを削減

 

フォローして最新情報をチェック!
Ads