シンプルなタスク管理が叶う!トレロの基本的な機能や使い方・特徴をおさらい

ビジネスにおいては、タスク管理能力が必要になるでしょう。普段の作業もプロジェクトを進める際も、仕事を効率よく整理して進める必要があります。上手に整理をするには、便利なツールを活用するのがおすすめです。トレロは数ある中でも多くの人が利用しているタスク管理ツールです。視覚的に把握でき、簡単に使いこなせることから、世界中にファンがいるサービスといえるでしょう。

本記事では、そんなトレロの基本的な使い方や特徴をご紹介します。この記事を読み終わる頃には、トレロの使い方をマスターできていることでしょう。

Ads

トレロとは

トレロとは、カードを動かしながら視覚的にタスク管理ができるツールです。まるでふせんを貼っているような感覚でタスクの整理ができます。ビジネスの現場では、多くの人間がひとつのプロジェクトに関わり、そしてプロジェクトが同時に何個も並走していることが日常です。効率よく仕事を進めるためには、タスク管理をいかに上手に行なうかが重要といえます。

トレロは、ドラッグとドロップという二つの操作が基本になっているので、使い始めた直後から簡単に操作を覚えられるでしょう。

トレロの機能

では、トレロにはどのような機能が備わっているのでしょう。

タスク管理機能

トレロの大きな機能が、タスク管理です。トレロはシンプルでわかりやすい使い勝手を強みとし、誰でも簡単にタスク管理を実現できるようになっています。タスク管理の方法はリストにカードを追加し、カードをフェーズに合わせて移動させるだけ。個人でも複数人でも使用可能なので、個人的なタスク管理にも、プロジェクト単位でのタスク管理にも役立ってくれます。

プロジェクト管理に役立つ機能のアドオン

さらに、トレロには「Power-Up」という機能が存在します。「Power-Up」は、さまざまなプロジェクト管理に役立つ機能のアドオンを可能としており、「カレンダー」や「解析とレポート」「自動化」「ボードユーティリティ」などといったアドオンツールを提供しています。

トレロ自体はシンプルな作りですが、アドオンや他ツールとの連携を十分に活用することでより快適なタスク管理を叶えてくれるでしょう。

トレロの料金形態

次に、トレロの料金形態を見ていきましょう。トレロには3つのプランがあり、フリーからエンタープライズに上がるにつれて、徐々に利用できるサービス内容の範囲が広がります。使うボード数や機能の必要性を吟味してプランを決めることをおすすめします。

フリー ビジネスクラス エンタープライズ
料金 $0 $12.5/月 $17.5/月

(for 100ユーザー)

パーソナルボード数 無制限 無制限 無制限
カード数 無制限 無制限 無制限
リスト数 無制限 無制限 無制限
添付ファイルの上限 1件当たり10MB 1件当たり250MB 1件当たり250MB
高度なチェックリスト ×
プライオリティサポート ×
閲覧者の追加 ×
カスタム背景とステッカー ×
チームボード数 10まで 無制限 無制限
ボードコレクション ×
チームボードテンプレート ×
Power-Up 1Power-Up/ボード 無制限 無制限
カスタムフィールド ×
リストの上限 ×
カードの繰り返し ×
カレンダービュー ×
マップビュー ×
投票 ×
100以上のアプリとの統合 ×
2要素認証
高度な管理者権限 ×
ドメイン制限のある招待 ×
メンバーの無効化 ×
Google Apps サインオン ×
単体データのエクスポート ×
Atlassian Access を介した SAML SSO × ×
Power-Upの管理 × ×
添付ファイルの制限 × ×
組織全体の許可 × ×
公開範囲が組織のボード × ×
公開ボード管理 × ×

トレロの強み

では、トレロにはどのような強みがあるのでしょうか。

簡単な操作性

Image from Gyazoトレロが多くの法人・個人に導入されているのは、システムが苦手な人でも扱いやすい簡単な操作性に理由があります。カラフルなラベルをつけることでより見やすくなり、一目でタスクの性質を識別できます。さらに、ドラッグとドロップという二つの動きによって自由自在にタスクのフェーズを変更できるので、導入した直後からすぐに操作ができるようになるでしょう。

むずかしい操作いらずでスムーズにタスク管理ができることがトレロの強みだといえるでしょう。

外部ツールと連携できる

外部ツールと連携できることもトレロの強みです。トレロそのものは、使いやすさを追求しているため機能はシンプルにまとめられています。しかし、タスクを管理するうえでは、豊富な機能が必要になることもあるでしょう。

トレロは、GoogleカレンダーやSlackなどのコミュニケーションツールとの共有を可能としています。Googleカレンダーと連携すれば、登録したタスクをカレンダーに追加できます。ビジネスチャットツールと連携すれば、タスクについて手軽にコミュニケーションを取ることも可能です。また、「Dropbox」「Google Drive」などといったオンラインストレージとも連携ができます。連携することで大容量ファイルも扱えるようになるので、トレロと合わせてより快適なコミュニケーションを叶えてくれるでしょう。

(次ページ)
続いては、トレロの具体的な使い方を解説!

フォローして最新情報をチェック!
Ads