ノーコードとは?Webでもアプリでも作れるオススメのノーコード開発ツールを紹介

本記事では「ノーコード」について解説をします。少し前まではWebサービスやアプリ開発が行えるのは多数のエンジニアを擁することができる大企業や、外部の開発会社にアウトソーシングできる資金力のある会社だけでした。しかし、今回紹介するノーコードという仕組みが普及するにつれて、エンジニアを含めた大規模なプロジェクトとして開発を進めなくても、アプリやWebサービス開発が可能になってきたのです。本記事では、ノーコードに関する基礎知識やおすすめのアプリを紹介します。

Ads

ノーコードとは? 

ノーコード(NoCode)とは、プログラミング言語によるコーディングを用いずにWebサービスやアプリを開発する手法のことです。開発方法は、用意されたパーツをドラック&ドロップで配置していく形式が主流になっています。専門的な知識がなくても、各項目をブロックのように組み立てていくだけなので、ツールの使い方さえ理解すれば誰にでも開発が可能です。

多くのサービスに組み込まれているノーコード

ノーコードという言葉自体は目新しく聞こえるかもしれませんが、ノーコードという仕組み自体は既に多くのサービスに組み込まれています。WordPressでは、現在Gutenbergというブロックエディターが標準のエディターなっています。このGutenbergも項目をドラック&ドロップで配置していくノーコードです。

ノーコードのメリットと問題点

ノーコードのメリット

開発にかかる費用的なコストを抑える

ノーコードを利用すれば、Webサービスやアプリ開発にかかるコストを抑えることができます。また、プログラマーを多数擁する大規模な企業においても、ノーコードを利用すれば開発できるサービスに関しては積極的にこれを利用し、そこで浮いた資金をエンジニアによるプログラミングが必要不可欠なプロジェクトに開発費用に回すことができるというメリットもあります。

開発にかかる時間的なコストを抑える

ノーコードをつかえば開発に要する時間的なコストも削減することができます。

プログラミングの知識がなくても運営・管理できる

プログラミングの知識がなくても開発や運営管理が可能になります。また、プログラミングに関する専門知識がない人が運営・管理の担当者になることも可能になります。

ノーコードの課題や問題点

ノーコードの課題:拡張性や独自性に乏しい

ノーコードはサービスを提供するプラットフォームの枠内で開発を行うので、エンジニアのコーディングによるプログラミングで開発されたものと比較すると、拡張性に乏しいという課題があります。また、様々な機能やテンプレートを利用することで、最新のトレンドに合ったものや既存のサービスを追随するWebサービスやアプリを構築することには適していますが、今までにないようなオリジナルのシステムやデザインが追求したい場合には不向きです。

ノーコードの課題:サービスの提供が終了するリスク

サービス運営会社が倒産することは稀かもしれませんが、買収や事業譲渡が行われたり、収益がうまく行かない場合など、サービスの提供が終了するリスクもあります。ノーコードで開発されたアプリは、サービスの提供が終了してしまうと運用できなくなるリスクがある点は理解しておきましょう。

ノーコードの課題:セキュリティ対策はツールの開発者に依存する

セキュリティ対策は、サービスを提供する開発者に依存しています。アプリやWebサービスでは、大切な顧客情報等を扱うことも多いので、サービスを利用する前に、どんなセキュリティ対策がとれれているか利用する前に必ずチェックしましょう。

ノーコードの種類

一口にノーコードツールといっても以下のような様々な種類のサービスが提供されています。

業務システム開発

棚卸し作業や顧客管理といった業務を効率化するシステムを開発できるノーコードツールです。

アプリ開発

アプリ開発を目的としたノーコードです。iOSとAndroidは、別々の開発環境が必要ですが、アプリ開発用のノーコードツールでは両方作成できるものが多いです。

サービス開発

SaaS開発なども含めたWebサービスを開発するノーコードです。

Webサイト開発

Webサイトの開発を目的としたノーコードです。既存のCMSサービスよりも特化したサービスを提供しているツールが多いです。

EC開発

ショップサイトやショップアプリが作成できるノーコードです。カートシステムや決済機能などECサイトに必須の機能が揃っています。

業務効率化

タスク管理やスケジュール管理など、主に社内での業務効率をアップするためのシステム開発用のノーコードです。

 

このように沢山の種類がありますので、自社の目的や用途に合ったサービスを選ぶ必要があります。

ローコードとは?

ノーコードは全くコードを必要としない開発環境のことを指しますが、大部分をノーコードで構築し必要な箇所ではコーディングも行える開発環境システムのことを「ローコード」と表現します。ノーコードに比べて、ローコードは自由度も高く拡張性やカスタマイズ性にも優れていますが、ある程度プログラミングに関する知識が必要になってきます。

ワードプレスもローコード

WordPressをはじめとした既存のCMSサービスも、プログラミング言語を用いなくても独自のWebサイトやブログを作成することが可能なツールですがコーディングも可能なので、ローコードツールの一種と捉えることもできます。

続いては、オススメのノーコードツール14選を紹介します。テーマごとにピックアップをしています。

総合力の高いノーコードツール

アプリ開発からWebサービス開発まで幅広いジャンルに対応したノーコードツール

bubble(バブル)

 

Webサービスやアプリなど様々なサービスを作成可能な総合型のノーコードツールです。サービスの作成方法も、各項目をドラック&ドロップするだけなので簡単です。メニューやボタンなどの動きやUIなど細かな設定する機能や、細かな条件処理設定が可能なワークフロー機能なども搭載されています。また、他のツールとの連携もAPIで可能になっており、外部サービスによるプラグインも豊富に提供されています。さらに、必要に応じてHTMLやJavaScriptを用いたコーティングも可能です。

ポイント

  • Webサービスやアプリなど様々なサービスを作成可能な総合型のノーコードツール
  • ボタンなどの動きやUIなど細かな設定する機能や、ワークフロー機能などを搭載
  • 必要に応じてHTMLやJavaScriptを用いたコーティングも可能
【料金】
Hobby:無料
Personal:25ドル/月
Professional:115ドル/月
Production:475ドル/月

 

Thunkable(タンカブル)

モバイル端末用アプリに特化したノーコードツールです。操作は子供向けのプログラミング学習ソフトScratchに似た操作画面で、視覚的にブロックを組み合わせていくことで様々な動きや条件を設定していきます。iOSとAndroid両方に対応しています。また、APIによって外部サービスとの連携も可能です。海外のサービスなので、ツールを使いこなすにはある程度英語力が必要になりますが、動画コンテンツによる解説や、コミュニティでの質問対応などサポートが充実しています。無料プランも提供されており、はじめてアプリ制作にチャレンジしたい場合にも非常におすすめのツールです。またプログラミングを学ぶにも役立つ仕様なので、プログラミング学習者にもおすすめのツールです。

ポイント

  • モバイル端末用アプリに特化したノーコードツール
  • 視覚的にブロックを組み合わせていくことで様々な動きや条件を設定していく操作方法
  • 動画コンテンツやコミュニティでの質問対応などサポートも充実
【料金】
Free:無料
Pro:21ドル/月(年契約の場合)

 

公式ページで詳しくみる

 

Appsheet(アプシート)

Googleが提供するアプリ開発用のノーコードツールです。「在庫管理」「見積と提案」「連絡先管理」「プロジェクト管理」「予算」「見積電卓」「販売レポート」といったサンプルアプリが用意されているので、それらを元に簡単にアプリを作成することが可能です。開発手順も開発に必要なデータソースを用意し、エディタでUIや動作をカスタマイズして公開するだけなので、専門知識は必要ありません。AppSheet自体に専用のデータ領域はなく、Googleスプレッドシート、Excel、Seleforce、MySQLといった既存のサービスと連携してアプリ開発を行います。したがって、今までのデータ資産を活かすことも可能です。また、API連携、バーコード/QRコード読み取り、電子署名といった様々な機能されています。

ポイント

  • Googleが提供するアプリ開発用のノーコードツール
  • 「在庫管理」「見積と提案」「販売レポート」といったサンプルアプリが豊富に用意されている
  • API連携、バーコード/QRコード読み取り、電子署名といった様々な機能を搭載
【料金】
Premium:5ドル/月&アクティブユーザー数
Pro:10ドル/月&アクティブユーザー数
Business:カスタム価格
無料トライアルあり

 

公式ページで詳しくみる

アプリ開発に強いノーコードツール

モバイル端末用のアプリ開発に強いノーコードツール

Yappli(ヤプリ)

iOSとAndroidのネイティブアプリをノーコードでスピード開発できるサービです。クーポン、スタンプカード、ポイントカード、プッシュ通知、履歴通知、電子書籍、ショップ、生体認証、認証機能、バーコード/QRコード、多言語対応、カタログといった様々な機能が40以上搭載されています。また、アプリ開発以外にも独自のCMSサービスを提供しています。国産のプラットフォームなので、すべて日本語化されており安心して利用できます。また、国内マーケットに最適なアプリ開発環境を提供してくれるので、日本企業のニーズに合った機能がたくさん搭載されています。

ポイント

  • iOSとAndroidのネイティブアプリをノーコードでスピード開発できるサービス
  • クーポン、ポイントカード、電子書籍、バーコード/QRコードなど40以上の機能を搭載
  • 国産のプラットフォームなので、国内マーケットに最適なアプリ開発環境が提供されている
【料金】カスタム価格(初期制作費用と月額費用がかかる)
※問い合わせ後に最適な料金プランを提案

 

公式ページで詳しくみる

 

Adalo(アダロ)

モバイル端末用のネイティブアプリやWebアプリが開発できるノーコードツールです。開発したいアプリにあった機能コンポーネント(項目のパーツ)を、ドラック&ドロップしていくだけで開発が行えます。機能コンポーネントは豊富に提供されておりリスト、フォーム、ナビゲーション、支払いフォーム、ボタンなど様々な部品が用意されています。このコンポーネントの設定に加え、ページ間のリンク設定、ログイン認証、プッシュ通知といったアクションの設定と、ユーザーデータの管理、計算式のカスタム、外部データとの連携といったデータベース周りの設定を行うことで簡単にアプリ開発ができます。アプリのリリースに関しても簡単で、ワンクリックでアプリストアに公開することができます。動画コンテンツで、ツールの使い方を学ぶことができるサポートもあります。

ポイント

  • モバイル端末用のネイティブアプリやWebアプリが開発できるノーコードツール
  • 豊富な機能コンポーネントが提供されている
  • アクションやデータベースの設定、アプリの公開も簡単
【料金】
Explore Plan:無料
Pro Plan:50ドル/月
Business Plan:200ドル/月

 

公式ページで詳しくみる

Glide(グライド)

App storeやGoogle playといったOSの公式ストアを経由させて公開・提供するネイティブアプリに対し、これらを経由せずに公開・提供できるPWA(Progressive Web Apps)という仕組みがあります。GlideはこのPWAを開発できるノーコードツールです。Employees、Conference、Simple CRMといったテンプレートが準備されており、アプリ開発のカスタマイズに活用することができます。データソースはGoogleスプレッドシートを用います。

ポイント

  • PWA(Progressive Web Apps)を開発できるノーコードツール
  • 数多くのテンプレートが提供されている
  • データソースはGoogleスプレッドシートを利用するので便利
【料金】
個人プラン(一部):Personal app:無料、Basic app:12ドル/月
ビジネスプラン(一部):Small:6ドル/月&アクティブユーザー数、Large:24ドル/月&アクティブユーザー数

 

公式ページで詳しくみる

Webサイト制作に強いノーコードツール

様々な目的にあったWebサイト制作が実現するノーコード

webflow(ウェブフロー)

様々なジャンルのWebサイトが作成できるノーコードツールです。操作画面は、PhotoshopやIllustratorといった画像編集ソフトの仕様に近く、パーツをドラック&ドッロップすることで簡単にWeb制作が行えます。ハイセンスなテンプレートが豊富に用意されているので、トレンドに合ったおしゃれなサイトも容易に制作できます。オリジナルのCMSを構築することもできるので、自社に合った運営環境を作り出すことも可能です。公開も指定ドメインを設定して「publish」ボタンをクリックするだけなので簡単です。

ポイント

  • 様々なジャンルのWebサイトが作成できるノーコードツール
  • ハイセンスなテンプレートが豊富に用意されている
  • オリジナルのCMS構築も可能

 

【料金】
Basic:12ドル/月
CMS:16ドル/月
Business:36ドル/月
※一部抜粋

 

公式ページで詳しくみる

 

Studio(スタディオ)

非常にハイクオリティなデザインのWebサイト制作を実現することができる国産のノーコードツールです。すべて日本語化対応されていますので英語が苦手な人でも安心して使えます。また、世界的にも人気があり、海外のユーザーも数多くいます。アニメーションを使った動きのある表現を使いたい場合や、マージンやパディングなど細部のデザインに拘りたい場合などに特におすすめです。900種類以上のフォントが自由に使えるので、自社の商品・サービスのイメージに合ったサイトが構築可能になります。

ポイント

  • ハイクオリティなデザインのWebサイト制作ができる国産のノーコードツール
  • アニメーションで動きを取り入れたり、マージン&パディングを調整することも可能
  • 900種類以上のフォントを自由に使うことができる
【料金】
FREE:無料
BASIC:980円/月
PRO:2,480円/月
※無料トライアルあり

STUDIOの詳細は以下の記事をご覧ください。

関連記事

STUDIOとは   STUDIOは作成したデザインをそのままWEBに公開ができるというコンセプトの新しいデザインツールです。 コードを書かずにデザインからコーディング、そしてサイト公開までがワンストップでで[…]

 

公式ページで詳しくみる

Elementor(エレメンター)

イスラエルの企業であるElementor Ltd.が提供するWebサイト制作のためのノーコードツールです。ElementorはWordPressのプラグインとして利用できるツールです。デザインテンプレートが豊富に用意されており、デモサイトも充実していますので、ハイセンスなWebサイトも簡単に制作できます。Woocommerce(ウーコマース)というECサイト用のプラグインと相性がよく、両方のプラグインを組み合わせれば、WordPressで簡単にECサイトを制作できるようになります。すでにWordPressを使っていて、他のCMSに移行せずにノーコードを利用したい場合は大変おすすめです。WordPressに標準搭載されたGutenbergと比べても、より直感的に操作可能で機能も豊富です。機能は制限されていますが、無料版も提供されていますので、実際にインストールして試してから有料版に移行することもできます。

ポイント

  • WordPressのプラグインとして利用できるWebサイト制作のためのノーコードツール
  • デザインテンプレートやデモサイトが豊富に用意されている
  • 機能は制限されていますが、無料版も提供されている
【料金】
PERSONAL:49ドル/年
PLUS:99ドル/年(10% OFF期間中 89ドル/年)
EXPERT:199ドル/年(10% OFF期間中 149ドル/年)
機能が制限された無料版プラグインもあり

 

公式ページで詳しくみる

ECサイト制作に強いノーコードツール

カートシステムや決済機能などが充実したECサイトに特化したノーコードツール

Shopify(ショピファイ)

Shopifyはカナダが本社のECサイト制作ができるサービスで、アマゾンや楽天といった巨大ECプラットフォームの脅威となりつつあると報じられることも多い注目のノーコードツールです。175ヵ国で100万以上のネットショップがShopifyを制作されており急成長しています。どのプランを利用しても商品の登録数は無制限です。ショップのカスタマイズ性も高くレスポンシブ対応した70種類以上のテーマの中からデザインを選択できます。ストアの作成もドラック&ドロップで行えるので、専門知識はいりません。また、販売チャネル追加機能、クーポンコード、無料SSL証明書、カゴ落ち対策といった機能が標準搭載されています。

ポイント

  • 175ヵ国で100万以上のネットショップ制作されているカナダ発のECサイト制作ノーコードツール
  • カスタマイズ性が高くレスポンシブ対応した70種類以上のテーマの中からデザインを選択可能
  • 販売チャネル追加機能、クーポンコード、無料SSL証明書、カゴ落ち対策といった機能が標準搭載
【料金】
ベーシック:29ドル/月
スタンダード:79ドル/月
プレミアム:299ドル/月
※無料トライアルあり

Shopify参考記事

関連記事

Shopify(ショッピファイ)の使い方を解説! 自分で手がけたアイテムをインターネット上で販売できるネットショップ。ECサイトともいい、店舗を持たずにオンラインビジネスができる方法として人気を集めています。近年は簡単にネットショ[…]

 

公式ページで詳しくみる

 

BASE(ベイス)

120万のネットショップがBASEを使って運営されています。各種手数料がかかりますが、月額料金は無料です。また、管理画面から売上利益やアクセス数を確認できるのも便利です。さらに、追加機能も豊富で「配達日指定」「年齢制限」「送料詳細設定」「英語外貨対応」といったショップのルールを設定する機能、「カテゴリ管理」「デジタルコンテンツ販売」「定期便」「予約販売」といった商品のルールを設定する機能、「ショップロゴ作成」「HTML編集」といったショップをデザインする機能などの様々な機能を追加できます。この追加機能に関しても、大半が無料できるので大変導入しやすいサービスです。

ポイント

  • 120万以上のショップが運営されているEC制作のノーコードサービス
  • 「配達日指定」「デジタルコンテンツ販売」「クーポン」など豊富な追加機能を搭載
  • 各種手数料がかかるものの月額利用料は無料なので導入コストをおさえることが可能
【料金】
月額利用料は無料:販売手数料、決済手数料、振込手数料、事務手数料などの諸経費がかかる

BASE参考記事

関連記事

ネットショップを手軽に開設する方法とは? 店舗いらずで商品が販売できる便利な「ネットショップ」。より多くの人に自分が作ったアイテムを届けられる方法として活用されています。しかし、ネットショップを自分で作るとなると「お金も技術も必要[…]

 

公式ページで詳しくみる

STORES(ストアズ)

STORESは本格的なネットショップが作成できるノーコードツールです。SNS機能、予約販売機能、顧客管理機能、定期販売機能、アクセス解析、電子チケットといった機能が搭載されています。また、クレジットカード、電子マネー、QRコードといった各種決済に対応しています。さらに、24時間のネット予約受付機能、メルマガ・DM配信機能、広告出稿サポート、予約カレンダー埋め込み機能、ネット決済機能、自動DM配信機能なども搭載されています。

ポイント

  • 本格的なネットショップが作成できるノーコードツール
  • 予約販売機能、定期販売機能、電子チケットなど多数の機能を搭載
  • クレジットカード、電子マネー、QRコードなど各種決済に対応
【料金】
フリープラン:無料
スタンダードプラン:1,980円/月(初月月額料金無料)

STORES参考記事

関連記事

ネットショップを手軽に開設するためには? インターネットが発展し、ネット上での買い物も活発になりました。しかし、ネットショップを自分で開くには、お金と知識が必要ですよね。そんなときに活躍してくれるのが、ネットショップを簡単に開設で[…]

 

公式ページで詳しくみる

業務効率化開発に強いノーコードツール

タスク管理やスケジュール管理などをワークフロー化・自動化できるノーコードツール

Zapier(ザピアー)

既存のWebアプリケーションを組み合わせてワークフローを作成し業務効率化廃発が行えるノーコードツールです。組み合わせることができるWebアプリケーションは、1500種類以上あります。例えば、メールを受信したら関係者のSlackに自動通知する、Googleスプレッドシートが更新されたたらSaleforceを自動更新する、問い合わせが来たらGoogleスプレッドシートに新しいレコードを作成するといったことが可能になります。必要な項目を指示に従って設定していくだけで、自分好みのワークフローを開発できるので、専門知識は全く必要ありません。

ポイント

  • Webアプリケーションを組み合わせてワークフローを作成できるノーコードツール
  • 組み合わせることができるWebアプリケーションは、1500種類以上
  • 必要な項目を指示に従って設定していくだけで、自分好みのワークフローを開発可能
【料金】
Free:無料
Starter:19.99ドル/月
Professional:49ドル/月
Team:299ドル/月
Company:599ドル/月
※無料トライアルあり

Zapier参考記事

関連記事

はじめに 日々の仕事において、人間がやるまでもない煩雑な業務の自動化ニーズは年々高まってきています。しかしながら、自動化するにしてもシステムを作るとなるとコストがかかるといったケースがあるかと思います。本記事で紹介する自動化ツール[…]

 

公式ページで詳しくみる

 

IFTTT(イフト)

様々な業務を自動化することができるノーコードツールです。異なるWebサービスを連携させることで業務を効率化が図れます。SlackとGoogleカレンダーを組み合わせるといったことはもちろん、スマートスピーカーでラジオをつけるといったIoT的な使い方もできます。また、世界中のIFFTTユーザーが考案したアプレット(アプリケーションの中に組み込まれて実行される機能のこと)が公開されていいます。アプレットを利用すれば、業務を効率化するために、どうやってサービスを組み合わせるか、何を自動化すれば良いか悩む必要もありません。もちろん、自分でアプレットを考案し利用・公開することもできます。

ポイント

  • 様々な業務を自動化することができるノーコードツール
  • Webサービスや電子機器の機能を組み合わせて条件付けができるサービス
  • 世界中のユーザーが考案したアプレットが公開さている
【料金】
個人:Standard:無料、Pro:3.99ドル/月
ビジネス:Developer:199ドル/年、Team:成果に応じた価格

IFTTT参考記事

関連記事

はじめに 普段の生活ではコミュニケーションからタスク管理まで日々様々なツールやサービスを使っていると思います。Slack、LINE、Facebook、twitter、Instagram、Googleカレンダー、Trel[…]

 

公式ページで詳しくみる

おわりに

ノーコードツールを活用することでプログラミングの深い知識がなくとも基本的なWEB環境を利用できることがおわかりいただけたかと思います。今後も、プログラマーを必要とする開発はなくならないと思いますが、Webサイト制作やアプリ開発の門戸は、中小企業や個人事業主などにも開かれているのです。今後も様々なノーコードツールが開発・提供されるようになるでしょう。無料で始められるノーコードツールも多いので、開発に興味のあるビジネスパーソンの方は、今回紹介したサービスを参考にしてぜひ利用してみてください。

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項