AI契約プロセス支援サービスとは?契約レビューや契約管理のおすすめサービスを比較 - Utilly

AI契約レビューサービスを比較!契約管理や契約書レビューなどリーガルAIのおすすめを紹介

AI契約プロセス支援サービスとは?契約レビューや契約管理のおすすめサービスを比較 - Utilly

オンラインサービスの普及によりビジネスのスピードが飛躍的に速まった現代においては、テクノロジーを活用しながら迅速かつ正確なリーガルチェックの重要性が高まっています。

本記事ではAI契約プロセス支援サービスについて、概要・メリット・注意点・料金相場・おすすめサービスなどを解説いたします。

Ads

AI契約レビューサービスとは

AI契約レビューサービスとは、AIを活用して契約書のドラフトチェックやレビュー作業の効率化、および契約書管理作業の効率化を実現するサービスです。契約書チェックから締結後の管理プロセスを自動化することで、時間短縮、担当者の工数削減、見落としリスクの軽減による品質担保などのメリットがあります。

AI契約レビューサービスは主に以下のサービスに分かれます。

  1. 【契約書レビュー支援サービス】AIを活用し契約書レビューを支援するサービス
  2. 【契約管理支援サービス】AIを活用し契約管理を自動化&支援するサービス

おすすめのAI契約関連システム

OPTiM Contract- 特徴・機能・料金など

OPTiM Contractは、独自のAI技術により煩雑な契約書管理業務を効率化できるサービスです。契約書情報入力から契約照会までの一連のプロセスについて、工数削減とリスク低減を実現します。

AI契約レビューサービスでできること

AI契約レビューサービスでは、AIを活用して契約書ドラフトチェックの工程を効率化できます。具体的には、契約書のチェックポイントの可視化と修正案の提示、類似契約書の文例レコメンドなど、通常人が行うと工数を割いてしまう業務を効率化できます。また、AI契約管理支援サービスでは、AIを活用し契約管理を自動化できます。

各サービスにより提供内容は異なりますが、具体的にAI契約プロセス支援サービスでできることは以下の通り。

AI契約レビューサービスでできること

  • 契約書のドラフトチェック:不備のチェック、潜在リスクの可視化
  • 修正のレコメンド:修正例の提示
  • 参考文例のレコメンド:類似契約書の文例をレコメンド
  • 契約管理:契約更新期間のリマインドや通知など
  • 台帳管理:個別契約書の管理台帳への入力
Ads

AI契約レビューサービスを比較

本記事で紹介するAI契約レビューサービスの比較表は以下の通りとなります。

サービス サービスロゴ サービス詳細 種別 主な機能 オプション機能 無料トライアル 初期費用 月額
LegalForce AI契約レビュー支援 ・契約リスクチェック
・参考条文検索
・ドキュメント管理
・法律相談管理
問い合わせ あり
※問い合わせ
要問い合わせ
LAWGUE LAWGUE- 特徴・機能・料金など 詳細を見る AI契約レビュー支援 ・クラウド編集
・AI検索
・AIレビューアシスト
・ナレッジ管理
雛形搭載
電子契約
文書管理連携
AI翻訳
  あり
※問い合わせ
要問い合わせ
LeCHECK 詳細を見る AI契約レビュー支援 ・契約リスクチェック
・契約書作成支援
・契約書保管管理
・英文対応
Wordアドインオプション なし 40,000円(税別)〜
GVA assist GVA assist- 特徴・機能・料金など 詳細を見る AI契約レビュー支援 ・契約リスクチェック
・参考条文検索
・契約書ドラフト
・ドキュメント管理
あり
※問い合わせ
75,000円(税別)〜

AI契約レビューサービスのメリットと注意点

続いては、AI契約レビューサービスのメリットと注意点について整理をします。

AI契約レビューサービスのメリット

AI契約レビューサービスを使うことで一次的なレビューのスピードアップや正確性の担保ができます。

契約書ドラフトのレビュー時間を削減

AIを活用することで、契約書ドラフトのレビュー工数を削減できます。具体的には、契約不備のフラグ立て、契約の潜在リスクの可視化、確認論点の洗い出しなどです。また、インテントの不備、誤字脱字などにも活用ができます。

参考文例の提示

サービスによっては、類似契約書の文例をもとにレコメンドを提示する機能があります。

契約管理 / データベース管理

個別契約書の管理台帳への入力や、各契約ドキュメントの検索などができます。サービスによっては、締結済の紙の契約書のスキャンまで活用できるものもあります。

Ads

AI契約レビューサービスの注意点

独自性の高い契約には対応が難しいことも

売買契約書、請負契約書など契約書にはカテゴリが存在します。主要なカテゴリの契約には対応していることが多いですが、独自性の高い特殊な契約には対応できない可能性があります。想定している契約種別に対して対応可能かは事前に確認が必要です。

言語対応

海外取引を行う場合は、サービスの多言語対応を必ず確認しましょう。サービスによっては和訳をしてレビューができるものも存在します。

あくまで基本的なチェックであり、個別背景を踏まえてはいない

AI契約書レビューサービスは当然ながら、取引の文脈や背景を踏まえることはできません。あくまで、基本的かつ汎用的なチェックとなるため個別事象を踏まえた判断は当然ながら担当者が行う必要があります。

AI契約書レビューは違法?

契約書レビューのプロセスを大幅に効率化できるメリットのあるAI契約書レビューサービスですが、弁護士法第72条の非弁行為に該当するのではという議論がなされています。本来、弁護士(法人)でない者が営利目的で法律業務を行うことはできません。AI契約書レビューサービスそのものが、この鑑定業務に該当するのか否かが焦点になっています。

弁護士法72条
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

法務省の見解 によると、「違反すると評価される可能性があることを否定することはできない」とされております。つまり、直ちに違法であると判断されたわけではありませんが、違法となる可能性があるとの評価になっています。

もちろん法令が制定された当時にAIの存在は考慮されていないため、本件については継続的な議論を見守ることになりそうです。

無料で使える?AI契約レビューサービスの料金相場

続いて、AI契約レビューサービスの料金相場を確認していきましょう。

基本的な料金体系は、初期費用+月額となっています。また、月額は利用者数(ID数)で試算する手法がメジャーとなっています。初期費用はサービスにより分かれます。もちろん条件によりますが、AI契約書レビュー機能がメインの場合は月額40,000円〜100,000円程度が相場といえそうです。AI契約管理がメインの場合は、月額10,000円程度が相場となりそうです。

サービス メイン機能 初期費用 月額
Legal Force AI契約書レビュー あり 要問い合わせ
LeCHECK AI契約書レビュー なし 月額40,000円〜 ※無料トライアルあり
LAWGUE AI契約書レビュー あり 要問い合わせ
GVA assist AI契約書レビュー あり 75,000円〜

 

無料サービスはある?

AI契約プロセス支援サービスには無料プラン/トライアルプランを提供しているサービスもあります。OPTiM ContractやLeCHECKでは無料トライアルプランを提供しています。有料プランと比較すると一部機能制限があるため詳細は各サービスを確認ください。

おすすめのAI契約レビューサービス – 契約書レビューメイン

続いて、契約書レビュー業務をAIで支援するおすすめサービスを紹介します。

LegalForce(リーガルフォース) – AIで契約書レビュー品質を強化

LegalForce(リーガルフォース) はAI契約審査プラットフォームとして、高品質な契約書レビューを支援するサービスです。AIを活用して、網羅的な契約リスクの洗い出しができます。その他、豊富な契約チェック支援機能がついており、契約書レビューの大幅な時短が可能になります。

ポイント

  • 契約に潜む法的リスクをAIでブロック
  • 豊富な契約チェック支援機能でレビュー効率の向上
  • 契約書のリサーチ時間を大幅に短縮

LegalForceとは、契約審査の質を向上させるAI契約審査プラットフォームです。AIと弁護士の知見を組み合わせることで、契約書で起こり得るリスクの防止に役立ちます。

LAWGUE(ローグ) – AIで契約書作成・検索・レビューを効率化

LAWGUE(ローグ)はAIを活用することで契約書の作成・検索・レビューを効率化するクラウドサービスです。LAWGUEに契約書をアップロードしてしまえば、インデントや各種のフォーマットずれなど気にせずに契約書編集が可能になります。表記揺れや誤字などのチェックも簡単にできるようになります。

ポイント

  • AIを使って文例検索を効率化
  • 契約関連の社内ナレッジを一元管理
  • 契約書チェックをAIで効率化

LeCHECK(リチェック) – AIで契約書レビューを高速化

LeCHECK(リチェック)はAIで契約書レビューを高速化するクラウドサービスです。LeCHECK(リチェック)の特徴は、20名以上の各分野を専門とする弁護士により最高品質レベルのレビュー支援水準を提供している点です。また、クラウドAIにより、和文契約書・英文契約書のレビュー支援を瞬時に行えるため、海外取引がある企業の契約チェックの工数削減にも寄与します。

ポイント

  • 法律のプロが監修した契約書自動AIレビュー支援機能
  • 契約ドキュメントの一元管理が可能なキャビネット機能を保有
  • 英文翻訳や海外取引に強み

LeCHECK(リチェック)とは、企業の法務業務を効率化するクラウド型のリーガルチェックサービスです。社内で作成した契約書をAIでレビューし、法的トラブルや損害賠償といったリスクを防ぐのに役立ちます。

GVA assist(ジーヴァ アシスト)

GVA assist(ジーヴァ アシスト)は、AIを活用した契約書レビュー支援クラウドです。リスク単語/不足単語/不足条文のリスク検知を行い、契約書チェックの負担を減らします。推奨条文と複数のオプション条文などをレコメンドすることで修正対応の効率化も可能となります。

ポイント

  • AIで契約書チェックの負担を軽減
  • 自社独自の契約審査基準に基づき、契約リスクを検知可能
  • 弁護士監修の契約書ひな型が数百種類使える

AI契約書管理サービス

契約書管理業務をメインにAIで支援するおすすめサービスを紹介します。

OPTiM Contract(オプティムコントラクト) – AIで契約書管理を効率化

OPTiM Contract(オプティムコントラクト)はAIを活用して契約管理の工数を削減できるサービスです。AIを活用していますが、ドラフトレビュー業務ではなく管理業務に真価を発揮します。OPTiM Contractを使うことで、契約書情報の台帳記入を効率化できます。

また、OPTiM Contractの特徴として、クラウドサインやGMOサインなどの電子契約サービスと連携をして契約書ファイルの一括取り込みなどが可能になります。

ポイント

  • AIで契約書の台帳入力を自動化
  • 主要な電子契約サービスと連携して一括取り込みが可能
  • 契約期限の通知など、契約管理タスクもできる
OPTiM Contract- 特徴・機能・料金など

OPTiM Contractは、独自のAI技術により煩雑な契約書管理業務を効率化できるサービスです。契約書情報入力から契約照会までの一連のプロセスについて、工数削減とリスク低減を実現します。

まとめ

本記事ではAIを活用して契約プロセスを効率化するAI契約書レビューサービスについて、AIによる業務効率化の概要やおすすめのAI契約書レビューサービスを紹介しました。リーガル業務の効率化を検討されている会社はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

リーガルテックサービス24選を徹底比較!特徴やサービスを選ぶポイントも解説

契約管理システムのおすすめ15選 – 料金相場や選び方など

AIリーガルサービスをピックアップ – AI契約レビュー、AI契約書管理

Ads
AI契約プロセス支援サービスとは?契約レビューや契約管理のおすすめサービスを比較 - Utilly
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。