AIライティングツールおすすめ - Utilly

【2024年】AIライティングツールおすすめ15選|選び方の7つのポイントと活用時の注意点を解説

AIライティングツールおすすめ - Utilly

AIライティングツールを探しているけれど、どのツールを選ぶべきか迷っていませんか。数あるAIライティングツールの中から最適なツールを選ぶ方法は、ポイントで絞り込む必要があります。本記事では、おすすめとなる15のAIライティングツールを厳選しています。選び方の7つのポイントとあわせて解説しましょう。

Ads

AIライティングツールのおすすめ15選

最近では、ChatGPTの登場から複数のAIライティングツールが市場に出ています。本記事では、数あるAIライティングツールの中から選ぶために、おすすめの15ツールを紹介しましょう。

ChatGPT(チャットジーピーティー)

ChatGPTは、対話型チャット生成AIツールです。米国の企業OpenAIが提供しています。2022年11月に公開されてから話題を独占しました。AIとの対話形式で自然に文章を作成し、プログラミングコードやExcel関数などの自動生成も可能なツールです。

ポイント

  • 無料版で一度に2,048文字までの文章を生成できる
  • 他のツールがモデルをベースとして活用している
  • 無で利用可能なうえ有料版は月額20ドルで精度が向上

ChatGPTは、OpenAIが開発した人工知能(AI)を基にしたチャットボットサービスです。主に自然言語処理を用いて、人間のような対話を実現することを目的としています。このサービスは、ユーザーがテキストで質問やリクエストを入力すると、AIが適切な回答や提案を生成します。

SAKUBUN(サクブン)

SAKUBUNは、NOVEL株式会社が提供するAIライティングツールです。特徴となるペルソナ指定機能を使うと、作成する文章のターゲット設定ができます。AIエディターを利用すれば、既存の文章の編集も可能です。また、チーム制作に役立つコンテンツの共同制作機能も備わっています。

ポイント

  • 100種類以上のテンプレートを選べる
  • ワークスペース単位でプランの利用ができるため共同制作にも有効
  • 自動でアップグレードされないプランを7日間無料で利用可能
SAKUBUN

NOVEL株式会社

SAKUBUNは、AI技術を駆使した文章生成ツールで、ユーザーが短時間で質の高い文章を作成できるようサポートします。このサービスは、特にライティングに関わる業務を効率化したいビジネスパーソンやマーケティング担当者に向けて提供されています。

Ads

RakuRin(ラクリン)

RakuRin(ラクリン)は、3社共同(株式会社makuri、株式会社アルル制作所、ジジックス)によるAIライティングツールです。RakuRinの特徴は、メインキーワードの入力だけで検索エンジンの評価を目的にした階層構造で見出しやタイトルが提案されます。記事執筆の自動化を目的にしている場合は、本文だけではなくリード文やディスクリプション、まとめ文も自動生成できます。

ポイント

  • クレジットカードの登録が不要で無料のフリープランを利用できる
  • グループでアカウントの共有が可能
  • 有料のシルバープランは月額4,980円で毎月10記事を作成可能
RakuRin(ラクリン)

株式会社makuri

RakuRin(ラクリン)は、ビジネスパーソン向けに設計された高度なAIライティングツールです。このサービスは、ユーザーが手軽に質の高いコンテンツを生成できるようにすることを目的としています。RakuRinは、記事作成やメール文書、プレゼンテーション資料の作成など、さまざまなビジネスシーンでのライティング作業を効率化します。このサービスは、AIを活用して自然な文章を生成するため、時間と労力を大幅に削減することができます。

Catchy(キャッチー)

株式会社デジタルレシピが提供するCatchyは、ChatGPTを搭載したAIライティングアシスタントツールです。Catchyの利用により、広告文のキャッチコピーやウェブサイトの記事、AI画像作成の指示文が生成できます。

ポイント

  • 100種類以上の生成ツールを利用可能
  • 無料プランで10クレジットが付与される
  • 月額3,000円で利用可能な有料プランで100クレジットが付与される
Catchy(キャッチー)

株式会社ディープシンク

Catchyは、AI技術を活用して効果的なコピーライティングを支援するサービスです。特にマーケティングや広告業界での使用を念頭に置いて設計されており、ユーザーが簡単に魅力的な文章を作成できるようサポートします。Catchyは、自然言語処理(NLP)技術を駆使して、ターゲットオーディエンスに響くコピーを自動生成します。

大規模言語AI イライザ

大規模言語AIイライザは、株式会社 ELYZAが提供するAIライティングの統合ツールです。ツールの学習モデルは、Googleが提供する生成AI「BERT」以降のアルゴリズムを使用しています。大規模言語AIイライザは、ネット上の情報やURLなどをコピー&ペーストで要約可能です。

ポイント

  • 東京大学の松尾研修室が発信する大規模言語AIツール
  • ビジネス向けプランやエンタープライズプランの料金は要問合せ
  • 登録不要でデモサイトで文章の要約機能を無料利用できる

大規模言語AIイライザは、最先端のAI技術を駆使して、大規模な言語モデルを提供するサービスです。このサービスは、自然言語処理(NLP)の分野で高度な能力を発揮し、文章生成、翻訳、要約、質問応答など、さまざまな言語関連タスクを自動化することができます。

ELYZA LLM for JP

ELYZA LLM for JPは、株式会社 ELYZAが提供する大規模言語AIイライザの「書く」機能を担っているツールです。ニュースの見出しや書類の原稿、メール文や職務経歴書などを自動で作成できます。文章の作成では、キーワードを2〜8個まで登録し、そのキーワードの組み合わせで自動的に文章が作成されます。

ポイント

  • キーワードを入力するだけで文章を生成する自動執筆機能
  • 作成した文章をそのままSNSでシェアできる
  • 登録不要のデモサイトで無料のまま利用できる
ELYZA LLM for JP

株式会社ELYZA

ELYZA LLM for JPは、日本市場向けに特化した大規模言語モデルを提供するAIサービスです。このサービスは、自然言語処理技術を駆使して、高精度かつ効率的な文章生成やデータ分析を可能にします。ELYZA LLM for JPは、マーケティング担当者、コンテンツクリエイター、データサイエンティストなど、幅広いビジネスパーソンに向けて設計されています。

Transcope(トランスコープ)

シェアモル株式会社が提供するTranscope(トランスコープ)は、ChatGPTのGPT-4を搭載しているAIライティングツールです。検索エンジンの評価を目指したSEOライティングにも通じる機能が期待できます。Transcopeの特徴は、企業情報を事前に学習させることで内部事情を把握したうえで文書が作れることです。また、AIによる音声からの文字起こしやCSVファイルからのコンテンツ作成の機能も利用できます。

ポイント

  • 全プラン初期費用無料だけではなく無料のフリープランが利用可能
  • ベーシックプランが月額11,000円で最低1カ月の利用でも解約可能
  • 作成した文章の薬機法への抵触や情報の信ぴょう性などもチェックできる
Transcope(トランスコープ)

シェアモル株式会社

Transcope(トランスコープ)は、企業向けに提供される先進的な翻訳およびローカリゼーションサービスです。このサービスは、多言語対応のコンテンツ作成を効率的に支援し、国際市場でのビジネス展開を加速させます。

EmmaTools(エマツールズ)

EmmaToolsは、株式会社EXIDEAが提供するAIライティングツールです。従来のSEO分析と執筆を組み合わせたツールにAIライティング機能を追加して文章自動生成ツールにグレードアップしました。従来からのSEO分析機能が充実しているため、SEOライティング目的に向いているかもしれません。

ポイント

  • 作成した記事のコンテンツの品質スコアを自動表示
  • 公開した記事の検索順位測定が可能
  • 無料トライアルを14日間利用できる

EmmaTools(エマツールズ)は、ビジネスプロフェッショナル向けに設計されたAI駆動のライティングおよび編集ツールです。このサービスは、効率的なコンテンツ作成を支援し、文書の品質と一貫性を向上させることを目的としています。

Ads

AI Writer(エーアイライター)

株式会社ユーザーローカルが提供するAI Writerは、複数のキーワードをベースに自動生成するAIライティングツールです。あらかじめ決めたメインキーワードとAIが提案した関連キーワードを組み合わせて自動生成します。自動生成は、仮タイトルや見出し構成の提案を確認する段階的な本文の執筆が可能です。

ポイント

  • 提案された構成案を自由に編集できる
  • 1500文字程度の文章を15秒から1分で作成
  • 会員登録不要なうえGPT-4を搭載した生成ツールを無料で利用可能(2024年3月までの予定)
AI Writer(エーアイライター)

株式会社ユーザーローカル

AI Writer(エーアイライター)は、プロフェッショナル向けに開発されたAIベースのライティングツールです。このサービスは、ユーザーが簡単かつ迅速に高品質なコンテンツを作成できるように設計されています。AI Writerは自然言語処理技術を活用し、自動的に文章を生成、校正、編集する機能を提供します。

ブンゴウ

ブンゴウは、株式会社Sproutが提供するAIライティングツールです。記事の構成案や目次、導入文、見出しなどが自動生成できます。ブンゴウの特徴は、同じキーワードと見出しから異なる文章を複数作れる点です。

ポイント

  • 長文執筆のラフ案にも対応している
  • 月額2,700円のライトプランの利用で生成ツールを月に100回まで使用できる 
  • 無料プランはないがすべてのプランを無料で試せる
ブンゴウ

User Local株式会社

ブンゴウは、AI技術を活用したライティングツールで、文章作成を効率化するために設計されています。このサービスは、ユーザーが簡単に高品質なコンテンツを生成できるように支援し、多忙なビジネスパーソンにとって非常に有用です。

Creative Drive(クリエイティブ ドライブ)

Creative Driveは、株式会社chipperが提供するAIライティングツールです。SEO特化型の機能を利用できます。生成する記事は、SEOキーワードの選定や上位コンテンツの調査、などのSEO分析も実施できるツールです。また、チェック機能では、コピー率や誤字脱字、文法などを確認できます。

ポイント

  • 5,000~10,000文字記事のSEO執筆の自動生成ができる
  • 月3記事までの作成であれば無料のフリープランが利用できる
  • 月額7,500円のスタンダードプランで月10記事まで作成可能

Creative Driveは、ビジネスパーソン向けに設計された高度なAIライティングツールです。このサービスは、ユーザーが効率的に高品質なコンテンツを生成できるようサポートします。特徴として、自然言語処理技術を駆使して、人間のように自然な文章を作成することができます。

Notion AI(ノーションエーアイ)

メモやタスク管理アプリのNotionが提供するアドオンNotion AIは、ユーザーの入力した情報をAIの学習に利用しない点が特徴のツールです。Notion AIは、ユーザーが入力したデータを転送中に暗号化するセキュリティ形式となっています。回答を得られる文章は、記事だけではなく、動画のスクリプト文も自動生成できます。

ポイント

  • 有料のプラスプランの年払いであれば月額8ドルで利用可能
  • 大量のデータを表に自動入力できる
  • 無料トライアルをワークスペース全体共有で試せる

Notion AIは、効率的なドキュメント作成と情報管理をサポートする革新的なAIツールです。このサービスは、ユーザーがメモ、タスク管理、プロジェクト管理など、様々な用途で利用できる統合型プラットフォームにAIの力を加えることで、さらに生産性を向上させます。

BringRitera(リテラ)

BringRiteraは、BringFlowerが提供するAIライティングツールです。168種類のテンプレートから選んで利用できます。AIで生成した記事は、記事公開の手間を省く目的で、html形式でコピーし、そのままWordpressのエディタ画面に貼り付けられます。また、BringRiteraはSEOライティングを目的にしたターゲットキーワードから提案された見出しが利用できます。

ポイント

  • クレジットカードの登録が必要なく無料で試せる
  • 月額550円でライトプランが利用可能
  • 記事の保存機能は全プラン共通
BringRitera

株式会社BringFlower

BringRitera(リテラ)は、ビジネスパーソン向けに設計されたAIライティングツールです。このサービスは、文章の自動生成を行うことで、ライティング作業の効率を大幅に向上させることができます。特に、ブログ記事、商品説明、報告書、メールなど、多岐にわたる文章作成ニーズに対応しており、時間と労力を節約することが可能です。

Jasper AI(ジャスパーエーアイ)

Jasper AIは、米国の企業Jasper AI, INCが提供する海外のAIライティングツールです。ツールの特徴は、ビジネス向けの生成AIとしてセキュリティや大手企業向けの管理体制機能が利用できます。Jasper AIは、アイデアをAIで生成し実行までのスピードを重視しているツールです。技術だけではなく、戦略立案からAI生成までのPDCAに期待できるかもしれません。

ポイント

  • 1週間の無料トライアルが利用できる
  • クリエイタープランは月額39ドルで1シートの利用が可能
  • Jasper AIの機能を理解するための学習コンテンツも用意されている

Jasper AI(ジャスパーエーアイ)は、AIを活用した高度なライティング支援ツールです。このサービスは、特にビジネスパーソン、マーケター、コンテンツクリエイターなどを対象に設計されています。Jasper AIは、高品質な文章を迅速に生成するためのツールで、ブログ記事、SNS投稿、広告コピー、商品説明など、様々なコンテンツを生成することができます。

Poe(ポー)

Poeは、Quora社が提供する大規模言語を搭載するAIボットとのコミュニケーションプラットフォームです。ChatGPTとGPT-4、Anthropic社のClaude(汎用AIアシスタントツール)など豊富なAIモデルを利用できます。Poeは、オールインワンアプリとして最新のAIモデルがプラットフォーム内で利用できます。

ポイント

  • 年払いで月額2,500円のプレミアムならばすべてのボットが利用できる
  • 無料のフリープランでもGPT-4 が1日1回だけ利用できる
  • 自分のAIチャットボットを作成できる

Poeは、Quora社が提供する大規模言語を搭載するAIボットとのコミュニケーションプラットフォームで、ChatGPTとGPT-4、Anthropic社のClaude(汎用AIアシスタントツール)など豊富なAIモデルを利用できます。Poeは、オールインワンアプリとして最新のAIモデルがプラットフォーム内で利用できます。

AIライティングツールの選び方7つのポイント

AIライティングツールは、選定基準を決めておくと選びやすくなるでしょう。ここでは、選び方のポイントを7つ紹介します。

1.日本語に対応しているのか

AIライティングツールは、日本語に対応している点がポイントになるでしょう。日本語に対応していない海外のツールでは、翻訳しても違和感のある日本語になる場合があります。そのため、日本語に対応していることがポイントです。

2.コンテンツの品質

AIライティングツールは、作成するコンテンツの品質も選ぶ際のポイントになるでしょう。検索エンジンは、高品質のコンテンツを評価し、検索結果で上位表示をさせる仕組みです。検索結果で上位表示させるためには、品質の高いコンテンツが必要となります。ツールを選ぶ際は、コンテンツの文法やコピー率などの品質チェック機能があることもポイントです。

3.使いたい専門分野に対応しているか

AIライティングツール選びは、専門分野に対応していることも基準となるでしょう。たとえば、生成AIの活用目的が記事と広告文だけでも違ってきます。広告文であれば、キャッチコピーの作成を専門分野とするツールが考えられます。まずは、使いたい専門分野を明確にすることが必要です。

4.費用・料金(無料トライアルの有無)

AIライティングツールは、費用面を基準にした料金で判断することも考えられます。料金の妥当性は、機能や操作性を確かめるために試してみることも効果的です。AIライティングツールの操作性を試すには、無料トライアルの有無がポイントになるでしょう。

5.制限文字数

AIライティングツール選びは、作成する文章の制限文字数も基準のひとつです。長文の作成には、制限文字数の確認が必要となるでしょう。使い始めてから、文字数制限で二度手間にならないように事前の確認が必要です。

6.使いやすいUI・デザイン

AIライティングツールは、UI(ユーザーインターフェース)の操作性が選ぶポイントになるかもしれません。UIの使いやすさやデザインは、無料トライアルの利用で確かめられます。無料トライアルの活用は、複数のサービスから最適なツールを選ぶための方法です。

7.サポート体制の有無

AIライティングツール選びは、サポート体制の有無も基準になるでしょう。AIライティングツールは、利用中の不具合や操作ミスなども考えられます。そのような状況には、ツールのサポートが必要です。サポートへの質問を気軽に利用できることは、大きなポイントになるかもしれません。

 

AIライティングツールを活用するメリット

AIライティングツールの活用は、執筆時間を短縮できます。AIで時間短縮できる理由は、人間では実行不可能な速度により記事を自動生成できるからではないでしょうか。人間が書いた記事と同じ品質の記事を生成可能なうえ、執筆時間が短縮できるためコストの削減にも役立ちます。また、AIライティングツールは、人間では体力的に執筆不可能な量の記事数でも短時間で生成できます。人間による作業量の常識を変えるツールです。

AIライティングツールを活用するときの3つの注意点

AIライティングツールの活用は、メリットだけではありません。活用するときは、次に紹介する3つの点に注意が必要です。

誤った情報を含んでいる可能性もある

AIライティングツールで作成した文章は、誤った情報を含んでいる可能性があります。AIで生成した情報は、学習データによるものです。AIで作成する記事テーマによっては、間違った情報を正しいと判断して使う場合もあります。そのため、AIで生成した文章は専門家の監修や、人間による加筆修正なども必要となるかもしれません。

品質はプロンプトやモデルに依存する

AIライティングツールで作成した文章は、品質がプロンプトやモデルに依存する可能性があります。プロンプトはチャットに入力する質問文のことです。生成される文章は、プロンプトやモデル(GPT-4やBERTなど)に依存します。そのため、AIで生成した文章の品質はプロンプトやモデルの精度に依存するでしょう。

 

不自然・無機質な文章になる可能性がある

AIライティングツールによる執筆は、不自然で無機質な文章になる場合もあります。AIは、自然言語処理技術による豊富な学習データから文章を生成します。ところが、現段階の性能では学習データにない文脈やニュアンスなどを理解できない状況です。そのため、生成した文章の校閲や編集などが必要な場合もあります。

AIライティングツールを上手に活用しよう

本記事で紹介したそれぞれのAIライティングツールは、ウェブサイトの記事やメール文、広告テキストなどの作成作業を効率化できるでしょう。AIライティングツールは、実際に使うことで判断できます。実際に使って判断するには、それぞれのツールで提供する無料トライアルが有効です。無料トライアルで実際に使ってみれば、自社の課題解決に役立つツールを見つけられるかもしれません。AIライティングツールは、無料トライアルを上手に活用したうえで選んでみてはいかがでしょうか。

Ads
AIライティングツールおすすめ - Utilly
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。