工場管理システムおすすめ - Utilly

工事管理システム26選を比較|導入メリットや選び方も解説

工場管理システムおすすめ - Utilly

複数名の作業員が参加する工事案件では、管理が煩雑になったり、情報共有がおろそかになったりすることがあります。工事管理システムは、これまで負担がかかっていた管理業務の効率化を図り、納期遅延やミスを防ぐのに効果的です。本記事では、工事管理システムのメリットや、どのような機能が備わっているかを解説します。また、工事管理システムの選び方をふまえたうえで、おすすめの27選を紹介します。

Ads

工事管理システムを導入するメリット

工事管理システムを導入することで、さまざまなメリットが期待できます。どのようなメリットがあるのか、一つひとつ確認しましょう。

メリット1.管理業務の効率化

工事管理システムのメリットは、管理業務の効率化です。従来のアナログ的な工事管理では、現場で撮影した写真を郵送する必要があったり、紙媒体の図面を持ち歩いて、必要に応じて手書きで修正したりするなどの手間が発生していました。工事管理システムは、システムを介して写真の共有や、図面の修正を適宜行えるようになります。各業務の負担を軽減し、工事の効率的に進められるのがメリットです。

Ads

メリット2.工事品質の底上げ

次に、工事全体における品質の底上げにつながることです。従業員同士で、進捗状況や注意しておきたいポイントを押さえられるため、工事品質の向上を狙えます。現場でのやり取りをチャットで行えるので、確認事項の漏れを防ぎ、ミスを減らしやすくなるのもメリットです。また、工事現場ごとにリアルタイムでの状況把握が可能となり、工程の問題点を可視化しやすくなるほか、スムーズに工事を進められるでしょう。

メリット3.情報共有の負担軽減

3つ目のメリットは、情報共有の負担軽減です。これまでの現場環境だと、情報を共有するたびに従業員が集まる必要があったり、口頭での説明が多く、情報伝達の正確性に問題が生じていました。工事管理システムの導入により、システム上で情報を発信し、各従業員への共有が便利になります。また、情報共有を行うための手間を省き、作業自体の時間も確保できるでしょう。

工事管理システムの主な機能

工事管理システムには、さまざまな機能が搭載されています。8つの主な機能を紹介するので、自社に必要な機能を検討してみてください。

・受注工事管理

受注工事管理機能は、自社が受注した工事を一覧で表示する機能です。各案件ごとに受注日や、工事を開始した日付、工期、契約金額などを管理できます。

・実行予算管理

実行予算管理機能とは、案件ごとに予算を可視化する機能です。通常、工事は案件ごとに契約金が異なるので、それぞれの予算を組まなければなりません。従業員の人件費や、重機の手配、その他ツールの利用といった予算を組むためにも、実行予算管理機能が重要となります。

・発注管理

発注管理とは、自社が発注したデータを管理する機能です。また、外部に業務を委託したり、発注金額を管理したりする際にも役立ちます。

・業者・得意先請求管理

業者・得意先請求管理機能は、仕入先からの請求情報を管理します。工事の内容や、得意先ごとに案件を管理するほか、請求書の発行日、回収予定日などの管理にも活用できます。

・入金管理

入金管理は、発注元からの入金状況を確認するための機能です。入金期日や、総請求額に対する入金額や残高を表示し、回収トラブルの発生を防ぎます。

・工事原価管理

工事原価管理は、受注した工事の案件ごとに原価管理を行うほか、今後の支払い予定金額・日にちを確認する機能です。

・工程管理

工程管理は、工事のスケジュールや従業員の配置、進捗状況を把握するのに役立つ機能です。工程ごとの細かい作業内容・スケジュールを明確にすることで、工事が遅れないように調整します。

・日報管理

日報管理は、従業員の作業内容を報告する機能です。また、その日ごとの原価を記録する役割もあります。

工事管理システムの選び方

数ある工事管理システムのなかから、どのようなポイントを意識して選定すればよいのでしょうか。自社に適した工事管理システムを導入するためにも、3つのポイントを紹介します。

業界・業種に合ったシステムを選ぶ

1つ目のポイントは、自社の業界・業種に合ったシステムを選ぶことです。工事管理システムは、大手ゼネコンや、中小の建設会社、施工管理を行う会社、内装を手掛ける会社など、幅広い会社で利用可能です。とはいえ、幅広く使えるシステムであっても、自社の業務内容に適したシステムでなければ導入しても十分に使いこなせません。たとえば、主に設計を行う会社の場合、高解像度で図面や写真の表示が可能なシステムが最適でしょう。各システムの機能をふまえながら、自社に適したシステムを導入しましょう。

自社の課題に合ったシステムを選ぶ

2つ目のポイントは、自社の課題を解決するためのシステムを選ぶことです。工事管理システムを導入するうえで、自社の課題を明確にしておかないと、最大限に活用しきれない可能性があります。具体的には、これまで資金回収に手間がかかっていた会社の場合、売上一覧を表示する機能や、予算管理機能、入金管理機能などを備えたシステムであれば安心です。システムを導入する前に、まずは課題を明らかにしましょう。

カスタマイズできるかどうかで選ぶ

3つ目のポイントは、自社で使いやすいように、カスタマイズ可能なシステムを選ぶことです。たとえば、システム導入に伴い、既存の業務プロセスに影響が出ないようにするためには、カスタマイズ可能なシステムが適しています。また、今後の経営判断に活かしたい企業の場合、工事に関係する詳細なデータを収集しやすいようにカスタマイズ可能なシステムを選びましょう。ただし、別途費用が発生する可能性があるので、コストを計算しておく必要があります。

おすすめの工事管理システム26選

おすすめの工事監理システム27選を紹介します。それぞれのシステムを比較しながら、自社に最適な機能や、使いやすさなどを確認してください。

アラジンオフィス

アラジンオフィスのプロジェクト管理システムは、工事案件別に手配状況や収支を管理するのに便利です。また、取引先ごとに異なる条件に対応した請求書の発行が可能で、請求時のミスを削減できます。作業日報機能を搭載しており、労務費を原価として反映し、収支を可視化します。

ポイント

  • 案件別に手配状況や収支を管理
  • 取引先ごとに異なる請求書を発行
  • 作業日報で原価、収支を可視化

ANDPAD

ANDPADは、施工管理業務をクラウド化し、一元管理する工事管理システムです。チャット機能を備えており、従業員同士がリアルタイムで情報共有できます。また、タスク管理機能を用いることで、業務の漏れを防ぎ、納期通りに工程を進めやすくなります。

ポイント

  • 施工管理業務をクラウドで一元管理
  • チャット機能による情報共有
  • タスク管理機能でミスを防止

Photoruction

Photoructionは、スマホやタブレットなどで撮影した現場の画像を自動整理するほか、台帳をワンクリックで簡単に作成可能なシステムです。また、システム上で図面を高速で閲覧できるので、紙媒体の資料を持ち込む必要がありません。サポート体制も充実しており、操作方法の説明会や、メール・電話対応などを利用できます。

ポイント

  • スマホやタブレットで撮影した画像を自動整理
  • 図面の高速閲覧で資料の持ち込み不要
  • 初期費用0円、月額料金は要相談

ダンドリワーク

ダンドリワークは、直感的なデザインで初めてシステムを導入する企業でも使いやすいのが特徴です。元請会社に限らず、協力会社にも一人ひとりアカウントが付与され、相手の顔が見える状態で運用できる安心さがあります。また、情報の公開範囲や編集権限といった詳細な権限付与も可能で、セキュリティ対策にもつながります。

ポイント

  • 直感的なデザインで初めての導入でも安心
  • 詳細な権限設定による高いセキュリティ性
  • 初期費用20万円、月額19,800円〜

SiteBox

SiteBoxは、電子小黒板に対応したシステムで、工事現場における撮影作業を便利にします。また、改ざん検知機能を搭載しており、電子納品時に情報の書き換えを心配する必要がありません。出来形測定、コンクリート受け入れ試験、圧縮強度試験といった試験結果をクラウド上で記録し、ほかのシステムへのデータ移行が可能です。

ポイント

  • 電子小黒板対応で工事現場の撮影が便利
  • 改ざん検知機能によるセキュリティ対策
  • 各試験の測定結果をクラウドで保管

SITE

SITEは、工事案件ごとに顧客情報や、現場資料などを一元化するシステムです。また、協力会社とも共有可能なスケジュール機能を用いることで、全体の工程を可視化し、納期遅延の防止に役立ちます。チャット機能も搭載しており、スピーディな情報共有につながります。

ポイント

  • 案件ごとに情報を一元化
  • スケジュール管理機能で納期遅延を防止
  • 月額450円〜

KojiNEO

KojiNEOは、業者請求・支払内訳・工事入金といった自動仕分け機能を備えており、会計業務の効率化を図れます。また、オンプレミス型、クラウド型の2種類を提供しており、自社の環境に応じて選択できます。リリースから32年の実績と、充実したサポート体制を持つシステムです。

ポイント

  • 自動仕分け機能で会計業務の効率化
  • オンプレミス、クラウドから選択可能
  • リリースから32年の実績とサポート体制

ZAC

ZACは、電子申請・ワークフローに対応しているほか、ログ自動保存による証跡管理など、IPOに体操した内部統制構築に適しています。また、数カ月先の売上や利益を予測し、スピーディな経営判断が可能です。無料デモサービスも提供しているので、導入前に自社に合っているかを確認できます。

ポイント

  • IPOに対応した内部統制構築に最適
  • 数カ月先の売上や利益を予測
  • 無料デモ付き

現場ポケット

現場ポケットは、工事現場でも使いやすいように、シンプルな設計・デザインのシステムです。アルバム機能では、撮影した現場の画像を自動的に保存し、これまで手間がかかっていた整理の作業を簡素化します。また、日報機能を用いることで、その日の作業記録を可視化するほか、職人への日当計算や、協力業者への請求額の計算も効率化できます。

ポイント

  • 現場でも使いやすいシンプルな設計
  • アルバム機能で画像整理を簡素化
  • 初期費用0円、月額税別8,800円〜

Web Active Construct

Web Active Constructは、工事現場の原価をリアルタイムで把握可能なシステムです。非効率な現場分析を実施し、問題点を改善していきながら今後の収益改善を狙えます。また、模範現場履歴を活用することで、さらなる収益向上につながります。

ポイント

  • 工事の原価をリアルタイムで把握
  • 非効率な現場分析を行い収益を改善
  • 模範現場履歴参照による業務効率化

SMAC工事管理

SMAC工事管理は、総合建設業から土木、建築、舗装、造園、設備、電気、機械設備などの専門工事業まで幅広い業種に対応したシステムです。見積管理や発注管理、日報管理といったさまざまなソフトウェアが展開されており、企業の課題解決や必要性に応じて選べます。また、専門スタッフによる充実したサポート体制も魅力で、安心して使用できます。

ポイント

  • 総合建設業から専門業まで幅広く導入可能
  • 専門スタッフによる充実したサポート体制
  • 基本ソフトウェア価格100,000円〜

SPIDERPLUS

SPIDERPLUSは、クラウド型を採用しており、リアルタイムで進捗状況を共有できます。また、これまで紙媒体で保管していた図面や資料を電子データ化し、現場への携行品を大幅に削減します。面倒な帳票作成も1クリックで出力可能です。

ポイント

  • リアルタイムでの情報共有が可能
  • 資料の電子データ化による効率化を実現
  • 月額3,300円(1アカウント)

AnyONE

AnyONEは、高い操作性や入力しやすい管理画面が特徴です。また、工事案件を一元化し、業務の効率化も可能です。クラウド型を採用しているため、リアルタイムでの進捗状況を可視化します。スマホ専用アプリを提供し、作業現場でも便利なシステムです。

ポイント

  • 操作性が高く、入力しやすい管理画面
  • リアルタイムで工事の進捗状況を可視化
  • 現場でも使いやすいスマホ専用アプリ

Project-Space

Project-Spaceは、プロジェクト単位で損益を管理し、労務費、間接費、材料費、外注費などを紐付け、発生する費用を分析します。また、Excel取り込み機能を搭載しており、データ入力作業の効率化につながります。仕入先との見積もりから検収までのやり取りを電子的に行い、業務コストの削減が可能です。

ポイント

  • プロジェクト単位で損益を管理
  • Excel取り込み機能によるデータ入力作業を効率化
  • 電子発注で業務コストを削減

PROCES.S

PROCES.Sは、会計・原価管理・支払・請求入金・JV管理・給与労賃といった建設業界に特化した機能を搭載しています。また、マスタやデータを一元管理することで、入力作業の効率化や、重複入力を防ぎます。最新の会計基準・法改正にも対応しており、内部統制も最適なシステムです。

ポイント

  • 建設業に特化した機能を搭載
  • データ一元管理による重複入力を削除
  • 最新の会計基準や法改正に対応

FineReport

FineReportは、日常的なレポート作業や帳票作成業務の手間を削減し、ほかの業務に時間を充てられるようになります。また、蓄積した帳票データを一元管理・分析することで、経営状況の可視化にも有効です。90日間の無料トライアルを活用し、導入前にしっかりと自社業務との相性を確認できます。

ポイント

  • レポート作業や帳票作成業務の手間を削減
  • 帳票データを一元管理し経営分析に有効活用
  • 90日間の無料トライアル付き

e2movE

e2movEは、建設や工事、建材販売など400社以上の導入実績を持つシステムです。マスタやデータを共有し、事務作業のコスト削減につながります。また、自社の課題解決に向けて、実行予算や収支業務、受注売上業務といった各パッケージの選択が可能です。

ポイント

  • 全国400社以上での導入実績
  • マスタやデータを共有し事務コストを削減
  • 必要に応じてパッケージの選択が可能

建て役者

建て役者は、自社独自デザインの帳票作成や、承認設定の有無など、カスタマイズ性に優れたシステムです。また、顧客管理、商談管理、見積管理、工程管理といったさまざまな機能を搭載しており、業務の効率化を促進します。24時間365日の監視体制や、ISMS認証を取得しているなどセキュリティ対策にも有効です。

ポイント

  • 各企業に適したカスタマイズが可能
  • 顧客管理や商談管理、見積管理などあらゆる機能を搭載
  • 初期費用30,000円〜、月額4,000円〜

Sitrom

Sitromは、リアルタイムで工事原価を可視化することで、経営分析に活かせます。また、自社の課題解決に向けて、工事登録や実行予算・作業出来高管理、日報、進捗管理といった機能を活用できます。無料でデモを行えるので、導入前に操作性や機能性を確かめられます。

ポイント

  • リアルタイムで原価を可視化し経営分析に活用
  • 課題解決に向けた豊富な機能を搭載
  • 無料デモ付き

eagle plus

eagle plusは、初めてシステムを導入する企業でも使いやすい操作性が特徴です。また、打設場所情報の色表示や、打設進捗のグラフ表示など、見やすい表示で直感的にデータを把握できます。帳票出力機能も付いており、事務作業の効率化につなげられます。

ポイント

  • 初めてでも使いやすい簡単操作
  • 見やすい表示で直感的にデータを把握
  • 帳票出力機能による業務の効率化

工事の匠

工事の匠は、パソコンでの操作に加え、スマホ・タブレットにも対応しており、工事現場での操作も便利です。また、図面や見積データなどをクラウド上で一元管理し、外出中に資料が必要になったときでも閲覧できます。スケジュール共有機能で工事現場の人員配置を最適化することで、人件費のコスト削減につながります。

ポイント

  • スマホ、タブレット対応で現場での操作も便利
  • 図面や見積データなどをクラウド管理
  • スケジュール共有による人員配置を最適化

OBIC7

OBIC7は、建設工事業や建設コンサルタント、建設資材業など、事業別に最適なソリューションを提供しています。建設工事業向けソリューションでは、案件ごとに収支データを管理し経営判断に活用できます。また、建設業特有の商習慣に対応した債権債務管理を実装し、経理業務の効率化が可能です。

ポイント

  • 事業別に最適なソリューションを提供
  • 収支データを管理し経営判断に活用
  • 建設業特有の商習慣に対応した債権債務管理

SMILE V 2nd Edition

SMILE V 2nd Editionは、APIによる既存システムとの連携に対応し、業務の効率化を図れます。また、ワークフローを見える化することで、属人化を防ぎやすくなるほか、業務手順におけるミスの削減にもつながります。会社組織や人事情報を一元管理し、重複入力を排除して、システム間の整合性を確保できます。

ポイント

  • 他システムとの連携に対応
  • ワークフローの見える化による属人化を防止
  • 組織や人事情報の一元管理でメンテナンス作業を省力化

凄技

凄技は、案件・顧客データなどを一元管理し、二重入力を防止することで作業を効率化できます。また、本システムは建設業法に対応した営業帳簿の作成、施工体制台帳の作成が可能です。各支社および営業所の売上や粗利がリアルタイムで表示されるため、経営分析に活かせます。

ポイント

  • データ一元化による効率化
  • 建設業法に対応した帳簿作成が可能
  • 経営分析に便利なリアルタイムでの原価管理

ガリバー匠

ガリバー匠を各拠点・各部門に導入することで、業務を標準化し、社内の属人化を防ぐ効果を期待できます。また、経理システムとの統合にも対応しており、業務の効率化を狙えます。建設・工事業を熟知した専門スタッフによるサポート体制を提供し、導入時にも丁寧に相談してくれます。

ポイント

  • 各拠点、各部門における属人化を防止
  • 経理システムとの統合で業務を効率化
  • 業界を熟知した専門スタッフによるサポート

BUILD-U Premium

BUILD-U Premiumは、専用ソフトのインストールが不要で、パソコンのブラウザ上で簡単に操作できます。また、これまでの工事案件で蓄積したデータを活用することで、経営分析を行えます。業務統制に向けた各種制御や、セキュリティー機能を備えており、内部統制・コンプライアンスの徹底を図れます。

ポイント

  • ブラウザ上で簡単操作
  • 蓄積したデータを経営分析に有効活用
  • 内部統制やコンプライアンスへの対応に最適

工事管理システムは自社の課題に合ったものを選ぼう

工事管理システムの導入は、管理業務の効率化や、進捗状況の可視化、入金・請求漏れの軽減といったメリットがあります。また、チャット機能を備えたシステムもあり、現場で別々に働く従業員同士の情報共有も便利です。工事管理システムを選ぶ際には、自社の課題を明確にし、どのような機能が備わっていれば解決できるのかをチェックすることが大切です。既存システムとの連携や、自社独自のデザインを反映させるために、カスタマイズ性能も確認しましょう

Ads
工場管理システムおすすめ - Utilly
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。