データポータルを簡単に立ち上げ!テンプレートストアDatafolio(データフォリオ)を解説!

本記事では主にマーケティング関係者向けにデータポータルの立ち上げを高速化するテンプレートECのDatafolio(データフォリオ)を紹介します。

Googleデータポータルとは

Googleデータポータル(旧:データスタジオ)は様々なデータソースを連携して思い通りにデータを描画できるビジュアライズツールです。Googleが提供している無料サービスです。このため、Google AnalyticsやサーチコンソールスプレッドシートなどGoogleサービスとの連携が非常に簡単であるというメリットがあります。

データポータルに関しては以下の記事をご参照ください。

Googleデータポータルで簡単かつ魅力的なデータの可視化を実現できる!

Ads

Datafolio(データフォリオ)とは

DatafolioはGoogleデータポータルのテンプレートストアです。データポータルテンプレートをリーズナブルな価格で購入できる新しいタイプのサービスです。Google Analytics、Google広告、サーチコンソールなど各ツールを組み合わせたビジュアライズも可能です。

サイトはこちら

Datafolioのサンプルレポートを確認!

Datafolioでは自由に触れるサンプルを公開しています。Googleクロームで閲覧すると自分に紐づいているGoogle Analyticsなどのデータをそのまま操作することができます。使用のイメージを掴みやすくなっています。

サンプルレポート(フルパッケージ)を見る

データポータル作成の課題

思い通りにダッシュボードを作れることは非常に魅力的ではありますが、裏を返せば真っ白で何もない状態からデータ接続やレポートデザインを作らなければなりません。

Ads

ダッシュボードレイアウトを考えるのが大変

数字を見せる順序やグラフなどの見せ方は一定事前にプランする必要があります。適切なレイアウトで作成する必要があります。特に初動はこのようなプランニングの負荷が発生します。

KPIを設計するのに専門性が必要

そもそもどのようなKPIを取得するべきかという部分からプランニングが必要になります。コンバージョン、アクセス数、イベントなどどのようなKPIを設定すべきか、またそれらをどのような優先順位で表示するかには一定の専門性が必要になります。

意図通りのデータがとれているのか確認工数が多大

データが意図通りに取得できているかは地道にチェックする必要があり工数がかかります。

Datafolioデータポータルテンプレート活用のメリット

テンプレート活用でダッシュボード作成工数を大幅に削減できることがDatafolioの最大のメリットといえるでしょう。経済条件で考えてもかなりメリットが大きい価格帯ということができそうです。

豊富なレポートテンプレートから選べる

Datafolioでは10を超えるデータポータル向けレポートテンプレートが入手可能です。用途やツールに応じて適切なテンプレートを判断することができます。

月額契約不要!リーズナブルな買い切り価格!

Datafolioは全て買い切り価格です。サブスクリプション的に毎月お金を支払わなければいけないということはありません。価格も最低500円程度から販売しており、最高額でも10,000円に満たないリーズナブルさが魅力です。

マーケティングの現場で改善を重ねてきたフォーマット

Datafolioのレポートは運営会社のGO TO MARKET, inc. がクライアントへのマーケティング支援の場で活用してきたダッシュボードを改善し続けてきた内容となっています。このため運用のプロの視点かつマーケティングの現場で実績があるテンプレートといえます。

買い切りなのでフォーマットの改変も自由自在

前述の通りフォーマットは買い切りなので一度購入したら自由に改変が可能です。ページを追加したり、取得KPIの中身をいじったりなど様々な可能性が広がります。むしろ改変前提でテンプレートを購入して爆速で変更していくというやり方が最も

どんなレポートが使えるの

具体的にどのようなレポートが活用可能なのかご紹介します。

Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)

まずは本命、Googleアナリティクスです。従来型のユニバーサルアナリティクスに対応しています。レポートはアクセスからコンバージョン、イベントまでGAの機能を網羅しつつ、シンプルでわかりやすいフォーマットとなっています。

  • 従来型GAに対応できるフラッグシップ的なレポートテンプレート
  • アクセス、コンバージョン、イベントなど頻度の高いレポートが閲覧しやすい
  • SPに特化したバージョンもあり

 

サンプルレポートはこちら

Googleアナリティクス 4プロパティ(通称GA4)

こちらは最新型のGoogleアナリティクス(通称:GA4)に対応したレポートです。GA4では従来型のページ単位の考え方からユーザー、イベント単位に考え方が代わりフルリニューアルしています。もちろんデータポータルにおいても見れる指標は少し異なっています。「GA4でどのように数字をとればいいかわからない」という方にとっては手助けになるレポートといえるでしょう。

 

  • 新型のGA4に対応したテンプレート
  • ユーザー関連指標、イベント関連指標、コンバージョンなどGA4で閲覧した基本的なKPIを閲覧可能

 

サンプルレポートはこちら

 

サーチコンソール

オーガニック検索クエリを調査したい人向けのサーチコンソールのベーシックレポートです。検索順位や検索キーワード、検索のランディングページなどのパフォーマンスが確認可能です。

 

  • オーガニック検索のビジュアライズに特化したレポート
  • 3ページレポートでライト
  • 表形式でクエリのパフォーマンスを閲覧可能

 

サンプルレポートはこちら

Google広告

Google広告にも対応しています。Google広告は特に広告代理店目線で利用しやすいレポートフォーマットになっています。キャンペーン別、ターゲティング別、KW別、広告別などが綺麗にスッキリと視認可能です。

  • Google広告向けのレポート
  • 広告代理店などGoogle広告のレポーティングが必要な方にマッチしている
  • キャンペーン別、ターゲティング別、KW別、広告別の表形式で見やすいレイアウト

 

サンプルレポートはこちら

 

 

メディア&ブログ運営者向けのパッケージ

今まではデータソース別のテンプレートでしたがこちらはビジネス別のテンプレートになります。メディア運営者が見たい指標に特化したレポートパッケージになっています。Googleアナリティクス、Googleサーチコンソールと接続しメディア運営に必要なKPIを確認できます。コンテンツのコンディション、SEO、それぞれのコンディション把握が容易になります。

  • メディア&ブログ運営者向けのパッケージ
  • 大量ページを保有しているメディア向け
  • アクセス、検索をバランスよく確認可能

 

サンプルレポートはこちら

 

 

フルパッケージ

今までの全てのテンプレートが入ったのがフルパッケージとなります。Googleアナリティクス、Google サーチコンソール、Google広告など主要なデータソース連携が網羅的に可能な完全版のレポートで、「全ての指標をまとめて確認できる状態にしてからカスタマイズをしたい」といったケースでは最もお得なテンプレートといえるでしょう。

  • GA、サーチコンソール、Google広告のレポートがオールインワン
  • 全ての方に使いやすいフルレポート
  • SP版もあり

 

サンプルレポートはこちら

 

 

おわりに

データポータルのテンプレートECという新しいスタイルではありますが、ダッシュボード作成を劇的に短縮できるサービスであるといえるでしょう。ご興味を持たれたらぜひ試してみてください。

関連記事

はじめに     本エントリではWEBサイトの分析やマーケティングの必須ツールであるGoogleアナリティクスについてココだけおさえればなんとかなるというおさるべきポイントをご紹介します。 &[…]

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項