ファクタリングとは?仕組み、メリット・デメリット、個人でも利用できるおすすめファクタリング業者7選を紹介

中小企業や個人事業主が抱えやすい課題のひとつに、「売掛金の回収」があります。その課題を解決する方法として注目されているのが、「ファクタリング」です。本記事では、ファクタリングの概要や仕組み、メリット・デメリット、選ぶポイント、おすすめの業者などをわかりやすく解説します。ファクタリングの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ファクタリングとは?

Ads

売掛金ファクタリング / 給与ファクタリング

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング業者に売却して、早期に現金化する資金調達の方法です。売上債権をファクタリング業者に譲渡し、手数料などが差し引かれた金額が支払われます。金融機関による融資とは異なるため、担保の提供の必要がありません。売掛先の信用力が審査対象となり、中小企業でも個人事業主でも審査に通りやすいというメリットがあります。給与ファクタリングとは、個人が勤務先から支給される給料をファクタリング業者に売却し、給与支給日より前に現金を手にできるサービスのことです。売却と書いてあっても、実際には、賃金債権を担保にした融資のことであるため、借金扱いになります。

買取型 / 保証型 / 医療ファクタリング

ファクタリングといえば、通常「買取型」ですが、中には「保証型」のものもあります。保証ファクタリングは、資金調達を目的とせず、万が一取引先の倒産などで売掛金を回収できなくなったときに、保証会社が保証金を支払ってくれる仕組みのことです。医療ファクタリングとは、診療報酬債権を利用した資金調達の方法です。通常であれば2~3ヵ月かかる診療報酬を早く受け取れるメリットがあります。

ABL(売掛債権担保融資)との違い

売上債権を使った資金調達には、ABL(売掛債権担保融資)というものがあります。一見すると、類似しているように見えますが、ABLはその名のとおり、売上債権を担保にした融資のことです。ABLはあくまで融資なので、ファクタリングとはそもそも審査対象が異なります。ABLは、申し込みをした企業の信用状況を審査し、ファクタリングは、売掛先の信用を審査します。また資金調達までのスピードも異なります。ABLの場合は審査に2~3週間ほどかかりますが、ファクタリングの場合は最短で即日に資金を手にできます。

Ads

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みには、大きく2種類があります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、債権者とファクタリング業者の2社間で完結する取引のことです。取引先(債務者)に債権を譲渡したことの通知、あるいは承諾は必要ありません。それゆえ、取引先や第三者に知られることなく資金調達ができます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、債権者・取引先(債務者)・ファクタリング業者の3社間で行われる取引のことです。ファクタリング業者が債権を買取るため、その後の回収や取り立て、リスクなどはファクタリング業者へ引き継がれます。一般的に3社間ファクタリングのほうが手数料が安いため、売掛先の承諾を得られる可能性がある場合、3社間ファクタリングのほうがベターな選択でしょう。

ファクタリングを利用する主な3つのメリット

ファクタリングを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは代表的な3つのメリットをご紹介します。

メリット1.最短即日で資金調達ができる

ファクタリングを利用すれば、債権を譲渡することで最短即日に資金調達できます。そのため、キャッシュフローが改善され、売掛金債権回転率が上がります。融資の場合は審査に2週間~1ヵ月程度かかることもあります。

メリット2.自社の財務状況や信用情報に影響せず利用できる

ファクタリングの場合は、自社の財務状況や信用情報に影響されずに利用できます。ファクタリングは売掛債権の売却であるため、自社の業績とは関係なく売掛先企業の業績や信用によって実施されます。

メリット3.取引先倒産による売掛金の未回収を回避できる

基本的に、ファクタリングは取引先が倒産して売掛金を回収できなくなっても、債権者にさかのぼって請求されることがありません。これをノンリコース(償還請求権なし)といいます。倒産しそうな企業や、雲行きが怪しい企業と取引がある場合、問題が生じる前に現金化できるメリットがあります。

ファクタリングを利用するときの3つの注意点

ファクタリングを利用する際、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。ここでは、注意したい3つの点をご紹介します。

注意点1.銀行融資と比較すると手数料が高額となる

ファクタリングを利用すると、銀行融資よりも手数料が高額になる可能性があります。ファクタリングには利息がかかりませんが、手数料がかかります。一般的な手数料の相場は2社間ファクタリングの場合10%~30%、3社間ファクタリングの場合で2%~20%となります。

注意点2.取引先に判明した場合ネガティブな評価を受ける可能性がある

ファクタリングを利用していることが取引先に判明した場合、ネガティブな評価を受けてしまう可能性があります。少なからず、資金繰りに問題があるのではないかと疑われてしまうケースがあるでしょう。最悪の場合、取引停止や縮小になる恐れがあります。

注意点3.悪質な業者も存在する

ファクタリング業者のなかには、悪質な業者も存在します。前述のとおり、手数料の相場以上を提示してきた場合、悪質なケースかもしれないと慎重に判断しなければなりません。また、悪質な業者の場合、償還請求権があるファクタリングを提供していることがあります。一般的なファクタリングには、償還請求権はありませんので、事前に把握しておきましょう。

ファクタリングは違法になるの?知っておきたい法律のこと

ファクタリングに関する法律

法令上、ファクタリングは違法ではありません。ただし、2社間ファクタリングなのか、3社間ファクタリングなのかによって準拠法が異なります。2社間ファクタリングの場合は、法律上は民法第555条「売買契約」が適用されます。3社間ファクタリングの場合の法的根拠は、民法第466条「債権の譲渡性」と民法第467条「指名債権の譲渡の対抗要件」です。それぞれ注視すべき点や参照すべき法が変わってきますので、注意が必要です。

違法になるケースもあるので悪質な業者には注意が必要

とくに3社間ファクタリングの場合、売掛債権を売却するのではなく貸し付ける形で、かつ、手数料が15%以上のところは違法になります。また、違法にはならないものの、不当な契約を結ぼうとしてくる業者もいますので、契約の際には十分に内容を精査しましょう。

ファクタリングにかかる手数料の目安

ファクタリングにかかる手数料は2社間なのか3社間なのかによって異なります。一般的な手数料の相場は2社間ファクタリングの場合10%~30%、3社間ファクタリングの場合で2%~20%と言われています。上記以上の場合は、悪質な業者の可能性が考えられますので、慎重に判断してください。

ポイント

  • 2社間ファクタリングの場合は、10%-30%が手数料相場
  • 3社間ファクタリングの場合は、12%-20%が手数料相場

ファクタリングを利用するときの流れ

ファクタリングを利用するときの基本的な流れは、次のとおりです。第一に、事前相談を行います。自社が保有する売掛債権を買い取ってもらえるかなどを相談します。相談は無料でできることが多いです。第二に、インターネット・窓口・郵送・電話などで申し込みをします。第三に、必要書類を提出します。基本的には法人登記簿謄本や印鑑証明書、身分証明書、売掛金証明書類、決算内容確認書類、入金確認書類などが必要です。第四に提出書類とヒアリングによって審査されます。最後に、審査に問題がなければ、契約を結ぶという流れになります。契約締結の際に、契約書は契約者の人数分および控えを作成します。

ファクタリング業者を比較する5つのポイント

ファクタリング業者を比較する際、どのようなポイントに気をつけたら良いのでしょうか。ここでは代表的な5つのポイントをご紹介します。

1.信頼できる業者かどうか

ファクタリング業者は数多く存在しますが、残念ながら信頼できる業者ばかりではありません。なかには、悪質な業者や闇金関係が紛れている可能性もあります。公式サイトの会社概要ページに、代表者や住所が記載されているか、資本金が少なすぎないか、契約内容に不明点がないかなど確認しましょう。

2.手数料以外の費用も含めた最終的な見積もり料金

ファクタリングの手数料が適正だからといって、必ずしも安心できるわけではありません。悪質な業者の場合、出張費用や債権譲渡登記料金を高額なもので請求してくるケースもあります。そのため、契約する際には、手数料以外の費用も含めて最終的な見積もり料金を確認することをおすすめします。

3.入金までのスピード

ファクタリングを申し込んでから、どのくらいで入金されるのかも重要なポイントです。早いところでは即日、翌日に入金してくれるサービスもあります。できるだけ入金までのスピードが早い業者を選ぶのがベターでしょう。申し込みの際に、担当者に早急に資金調達が必要である旨を伝えましょう。

4.手続きの方法(オンライン / 郵送)

ファクタリング業者によって、手続きの方法は異なります。オンラインで完結する場合もあれば、契約書の郵送や対面での契約を求められる場合もあります。自社が希望する手続きの方法を提供してくれているか事前にチェックしておきましょう。

5.個人事業主も利用可能か

企業向けにファクタリングサービスを提供している場合もありますが、個人事業主が利用できる場合もあります。個人事業主の資金調達におけるメジャーな方法は、銀行などからの融資になりますが、規模や目的、金額などの理由から断られてしまうこともあります。そうした場合に、ファクタリングは有効な資金調達方法と言えるでしょう。

おすすめのファクタリング業者4選【個人事業主も利用可能あり】

ここからは、おすすめのファクタリング業者を4つご紹介します。

ビートレーディング

ビートレーディングは、全国の大・中小企業から個人事業主までの資金繰りをサポートしてきました。2020年度の月間契約数は約400件、最大買取率は98%となっています。2社間ファクタリングと3社間ファクタリング、診療報酬ファクタリング、介護報酬ファクタリングなど幅広いサービスを提供しています。

ポイント

  • これまでに16,000社以上に利用されている(2021年11月時点)
  • 申し込みから入金まで12時間
  • 2社間ファクタリングの手数料は10~20%、3社間ファクタリングの手数料は5~9%

ビートレーディングはこれまで26,000社以上に選ばれてきたファクタリングサービスのパイオニア。「最短即日の資金調達」「買取金額無制限」「審査通過率98%」「簡単な手続き」が魅力です。

 

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構は、関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関です。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方に対応しています。個人事業主も利用可能です。

ポイント

  • 非営利団体によって運営されている
  • 手数料に関する記載がないため、直接お問い合わせください
  • スマホ完結の場合は申し込みから振込まで最短3時間
ファクタリングサービス | 日本中小企業金融サポート機構

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関である日本中小企業金融サポート機構が提供するファクタリングサービス。オンライン完結で最短3時間で資金調達が可能です。

 

フリーナンス

フリーナンスは、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営する、フリーランスと個人事業主を支えるお金と保険のサービスです。ファクタリングサービスの「フリーナンス即日払い」によって手持ちの請求書(売掛債権)を最短即日に現金化できます。

ポイント

  • 買取手数料は3~10%
  • 最短で当日に振込されます
  • 取引先に知られることはありません

 

トップ・マネジメント

トップ・マネジメントは累計買取高100億円超、過去実績も45,000件を超える老舗のファクタリングサービスです。3万円から30億円まで最短即日で対応可能な取り扱い範囲の広さが魅力です。

ポイント

  • 3-6ヶ月の長期の売掛金にも対応
  • 法人のみならず個人事業主にも対応
  • 地方のお客様の成約時交通費キャッシュバックあり

資金調達プロ

資金調達プロは東証一部上場企業のセレスが運営するファクタリングサービスです。100万円〜3億円までの範囲で資金調達が可能です。ファクタリングによる資金繰り改善はもちろん、財務コンサルティングなどの相談もできます。サイト上のカンタン無料診断ツールで調達金額のシミュレーションができますので是非お使いください。

ポイント

  • 東証一部上場企業のセレスが運営するため運営者の信頼性が高い
  • 資金繰り改善率が93%以上!
  • 無料で資金調達診断が可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービスは、業界最低水準の手数料および30万円以上の売掛金から利用ができることから、経済条件が良いファクタリングサービスといえるでしょう。もちろん、他の業者と同様に最短即日での資金調達も可能となります。ネットでカンタン申込できる「クイックプラン」と、最大5000万円まで即日で調達できる「プレミアムプラン」の2プランを利用可能です。

ポイント

  • 業界最低水準の手数料(1.8% – 9.8%)
  • 「個人事業主」「赤字決算」「税金滞納」「銀行NG」でも対応可能なハードルの低さ
  • 最短即日に資金調達が可能

OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)では、オンライン完結型のファクタリングサービスを提供しています。AIによる審査を実現しているため、対面による審査は不要で書類の提出もオンライン上にアップロードします。2社間ファクタリングのみを提供しています。

ポイント

  • 累計事業者数10,000社以上(2021年6月時点)
  • 必要書類が揃ってから1営業日以内に見積もり結果を回答し、最短即日振込
  • 手数料は2~9%で、諸経費などをすべて込みのもの

 

ファクタリングの利用時には注意点を理解したうえで信頼できる業者に依頼しよう

ファクタリングは、銀行などからの融資を受けられない際の資金調達として有効な方法です。うまく活用すれば、資金繰りの課題を解決できます。ただし注意が必要なのが、今回紹介したように悪質な業者も少なからず存在するということです。契約の際には十分注意点を理解したうえで信頼できる業者を見極めることが重要です。今回紹介したポイントやおすすめの業者を参考に、自社にマッチした業者を選んでみてください。

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項