IPアドレスを特定する方法は?開示できる情報や情報開示ツールを紹介

パソコンやスマートフォンを利用している人のなかには、IPアドレスという言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。IPアドレスとは、パソコンやスマートフォンなどの機器に割り振られるインターネットの住所のようなものです。データをネットワーク上で送受信するにあたって、通信相手を指定するために利用されます。本記事では、IPアドレスについて解説したうえで、IPアドレスから特定できる情報や特定を行う方法などについても詳しく解説します。あわせて、IPアドレスから住所や情報などを特定できるツールも紹介します。

Ads

そもそもIPアドレスとは?

IPアドレス(Internet Protocol Address)とは、PCやスマホなどの機器に割り当てられたインターネット上の住所のようなものです。メールの送受信を行ったり、インターネットでWebページを参照したりするには、送信先やデータの送信元を識別しなければなりません。IPアドレスはこれらの識別に利用されています。IPアドレスには「IPv4」と「IPv6」があり、このふたつは規格に違いがあります。また、IPv4のIPアドレスは「プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)」と「グローバルIPアドレス」に分類可能です。さらに、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスには「固定IPアドレス」と「動的IPアドレス」があります。

固定IPアドレス

固定IPアドレスとは専用のIPアドレスの割り当てが行われた方式です。再接続を行う場合も同一のIPアドレスを使えます。プライベートIPアドレスには、固定IPアドレスの割り当ても設定によっては可能です。また、グローバルIPアドレスは追加料金の支払いがほとんどの場合において求められますが、プロバイダによっては固定IPの割り当てサービスを提供しています。

動的IPアドレス

動的IPアドレスとは、接続を行うごとにIPアドレスが変わる割り当て方法です。ルーターに搭載されているDHCP機能は、ネットワークに接続を行う機器にIPアドレスなど必要情報を自動で割り当てるものです。また、ISP(Internet Service Provider)は、大半の場合において、インターネットの接続を行う際にその時点で使用されていないグローバルIPアドレスを自動で割り当てています。

IPアドレスから特定できる情報とは?

IPアドレスから特定できる情報にはどのような情報があるのでしょうか。ここでは、IPアドレスから特定できる情報と特定できない情報を見ていきましょう。

Ads

IPアドレスで特定できること

IPアドレスでは下記のことを特定できます。

  • 国や地域単位でのおおまかな位置
  • プロパイダ
  • 回線情報

IPアドレスで特定できる位置は、国や地域単位といったおおまかなものです。また、プロバイダや回線情報といったネット回線の情報も特定できます。

IPアドレスで特定できないこと

IPアドレスでは下記について特定できません。

  • 名前
  • 住所
  • その他の詳細な個人情報

名前や住所などのユーザー本人を特定するような情報は特定できません。

IPアドレスを特定する方法・期間

IPアドレスを特定する方法として、下記の2つの方法があります。

  • 運営者にIPアドレスの開示請求を行う
  • 警察もしくは弁護士に相談する

ただし、IPアドレスの保存には期間があり、Webサイトへの投稿から3カ月程度といわれています。IPアドレスの記録が消えると、投稿した相手を特定することはできなくなります。以下、IPアドレスを特定する方法について、それぞれ詳しく確認していきましょう。

Ads

1.運営者にIPアドレスの開示請求を行う

IPアドレスの特定を希望する場合、対象サイトの運営者にIPアドレスの開示請求を行います。ただし、サイト運営者には個人情報の守秘義務があるため、IPアドレスの開示に応じてもらえるとは限りません。開示請求を受け入れてもらえなかった場合、裁判を通して開示請求を行う必要があります。また、自身で運営を行っている個人サイトの場合は、サイトのアクセス解析やコメントのデータなどでIPアドレスを確認できることもあります。

2.警察もしくは弁護士に相談する

Webサイト上に悪口を書かれた、誹謗中傷されたなど権利の侵害が明らかな場合には、警察もしくは弁護士に相談します。警察や弁護士に相談することで、IPアドレスを特定できます。

Ads

ドメインからIPアドレスを把握するWhois検索とは?

ドメインからIPアドレスを把握するWhois検索は、サーバー監視者を対象に提供されているサービスです。Whois検索はドメイン、もしくはIPアドレスを入力窓に入力し、検索ボタンをクリックしてWhois情報を取得します。Whois検索は下記のような悩みを抱えている方に利用をおすすめします。

  • 不正アクセスをしている人を特定したい
  • IPアドレスのホスト名を知りたい
  • 自分が管理を行っているサーバーのIPアドレスを確認したい
  • どの国からのアクセスが多いのか知りたい

IPアドレスから住所や情報などを特定するツール3選

IPアドレス住所検索


IPアドレス住所検索ではIPアドレスやホスト、ドメインから地域情報を表示できます。また、Googleマップでおおよその位置を表示することも可能です。管理画面は分かりやすく、シンプルで、IPアドレス、ホスト名、ドメインのいずれかの情報を入力するだけで検索できます。

ポイント

  • whois情報タブでIPアドレスのwhois情報を表示できる
  • IPアドレスやホスト名、ドメインから住所、国、地域、緯度・経度、郵便番号を確認できる
  • Googleマップでおおよその位置を表示できる

CMAN

CMANは入力窓にグローバルIPアドレス、もしくはドメインなどを入力することで、IPアドレスやドメインのWhois結果を表示できます。直感操作できるシンプルな画面ですので、機械操作に苦手意識がある方でも手軽に利用できるでしょう。

ポイント

  • シンプルな画面で使いやすい
  • グローバルIPアドレス、もしくはドメインを入力窓に入力するだけで検索できる
  • 自動設定があるため、繰り返し利用する際に手間がかからない

Whois

Whoisはドメイン、もしくはIPアドレスを入力するだけで、Whois情報を検索できます。また、日本語ドメインをそのまま入力することも可能です。入力した値はサーバ上で使用、および処理した後に破棄されるため安心です。

ポイント

  • 日本語ドメインをそのまま入力できる
  • 管理画面が見やすい・分かりやすい
  • 入力された値を安全に送受信するため、SSL暗号化通信が利用されている

ツールを活用してIPアドレスから情報を取得しよう

IPアドレスではプロバイダや回線情報など、ネット回線の情報を取得できます。また、ユーザーの位置についても、国や地域といったおおまかな範囲ですが特定可能です。IPアドレスは不正アクセスが行われた場合や、Webページ上で誹謗中傷を受けた場合などに取得申請などを行うことが一般的です。IPアドレスで各ユーザーの詳細な情報まで特定することはできませんが、個人情報の一つとしてみなされています。そのため、サイトの運営者に開示請求を行えば誰でも開示してもらえるものではありません。本記事で紹介したように、IPアドレスから情報や住所などを特定できるツールもあります。こうしたツールの活用も、ぜひ検討してみてください。

あわせて読みたい

関連記事

インターネットが当たり前になっている現代において、その詳細の仕組みを知らなくても誰でも利用できます。しかし、Webメディア、ECなどのサービス運営、エンジニアリング、マーケティングなどより専門性が求められる業種のビジネスパーソンにとっては、[…]

www

Ads
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。