無料でロゴ作成!おすすめロゴメーカー・ジェネレーター厳選10選

会社の設立や、商品・サービスを販売する際に、ブランディングを目的としたロゴが必要となる場合があります。ロゴを作成しておくと、消費者からも認識されやすくなり、売上アップにもつなげられます。そこで、本記事では、無料で作成できるロゴメーカー・ジェネレーターをご紹介します。ツールを選ぶ際のポイントも解説しているので、参考にしてみてください。

ロゴ作成ツールを選ぶ3つのポイント

初めてロゴ作成ツールを利用する際には、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。目的に適したロゴを作成するためにも、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

Ads

ポイント1.ロゴ作成ツールは商用利用可能かどうか

ロゴ作成ツールを選ぶ際には、商用利用に対応しているかを確認しましょう。ツールによっては、商用利用を許可しておらず、ビジネス目的で使用できないこともあります。プライベートだけでなく、商用での利用を検討している場合、ロゴ作成ツールの規約を確かめてみてください。また、ロゴ自体の商用利用が可能であっても、一部素材やフォントごとに著作権の扱いが異なることもあるため注意が必要です。

ポイント2.ロゴ作成ツールで日本語の文字を利用できるか

日本語の文字に対応しているかはロゴ作成ツール選びで重要なポイントです。海外サイトのロゴ作成ツールでは、マニュアルから基本メニューまで、英語のみに対応しているケースも少なくありません。また、日本語のフォントが提供されていないと、日本語によるロゴを作成すること自体が不可能です。ロゴ作成ツールを利用する前には、サービス面で日本語に対応しているか、日本語フォントが提供されているかを確認しましょう。

ポイント3.サイズや解像度が十分か

鮮明度の高いロゴを作成したい場合には、高解像度での出力に対応したツールを選ぶのがおすすめです。ロゴ作成ツールによっては、解像度やサイズが限られているため、不鮮明となる場合があります。とくに、無料で提供されているロゴ作成ツールは、低解像度のみでしか出力できないことが多いです。商業的にロゴを利用する際には、少なくとも「350×350px」の解像度に対応しているツールを選びましょう。

Ads

おすすめのロゴメーカー・ジェネレーター10選【無料あり】

自社でロゴを作成してみたい方は、おすすめのロゴメーカー・ジェネレーターを参考にしてみましょう。無料で利用できるロゴ作成ツールをご紹介します。

LOGO MAKER(無料)

LOGO MAKERは、作成したいロゴを入力するだけで、簡単に出力できるツールです。日本のECサイト制作プラットフォームのSTORES(ストアーズ)が運営しています。ホームページのトップ画面でテキストを入力すると編集画面に遷移し、ロゴのサイズやカラーを自由に変更できます。また、Webサイト名刺などを使った場合のプレビュー画面を通して、ロゴ完成後のイメージを確認するのに便利です。

ポイント

  • テキストを入力するだけで簡単にロゴの作成が可能
  • 解像度は横幅120px、240px、480px、画像ファイルはJPG、PNGの出力
  • 無料で商用利用に対応

hatchful(無料)

hatchfulは、幅広いビジネスシーンで利用できるロゴ作成ツールです。ファッション、ヘルスケア、キッズ用品といった業界ごとにテンプレートを提供しているほか、ロゴの雰囲気を複数のデザインから選べます。無料でありながら、日本語や商用利用にも対応しており、初めての方にもおすすめです。

ポイント

  • ビジネスシーンごとに選べるテンプレートを提供
  • 日本語に対応しており初心者も安心
  • 無料で商用利用可能

 

Canva(無料)

Canvaは、スマートフォンからでも編集可能なロゴ作成ツールです。無料プランと有料プランを用意しており、無料プランでは8,000点以上のテンプレートを提供しています。ただし、商用利用に関して、一部のテンプレートに制限があるため、ロゴを作成する前に商用利用に対応しているかを確認する必要があります。

ポイント

  • 8,000点以上のテンプレートを提供(無料プラン)
  • スマートフォンから簡単に作成可能
  • AI、EPS、PSD、PNG、JPG、PDFの画像形式を選べる

Canvaは、オンラインで使えるグラフィックデザインツールです。ブラウザがあればいつでもデザインが可能で、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のアプリにも対応してます。SNSのカバー写真や投稿写真のデザイン、広告バナーのデザイン、ロゴ制作、ポスター作成など利用ケースに応じた様々なテンプレートが用意されています。

Logaster Brand Maker(無料)

Logaster Brand Makerは、シンプルな操作性が特徴のロゴ作成ツールです。テキストを入力するだけで、100以上のバリエーションで出力されるため、初めての方でも簡単にロゴを作れます。無料プランに加え、1024×1024ピクセルを超える高解像度に対応した有料プランも提供しています。

ポイント

  • 100以上のバリエーションを提供
  • 目的や用途に応じてプランを選べる
  • 無料かつ商用での利用も可能

ロゴマーケット(有料)

ロゴマーケットは、本格的なロゴを作成したい方におすすめのツールです。有料であるものの、専門のデザイナーが作成したデザインが提供されており、高品質のロゴを作成できます。また、著作権が購入時に譲渡する仕組みであるため、プライベートの利用はもちろんのこと、商用利用も可能です。

ポイント

  • 2万点以上のロゴデザインを掲載
  • 認証デザイナーとの安全な取引が可能
  • 著作権譲渡による商用利用に対応

Graphic Springs(有料)

Graphic Springs(グラフィックスプリングス)はわずか1分でロゴ作成ができるサービスです。UIも良くクオリティが高いロゴが短時間でできます。使い方は非常にシンプルでロゴ用のテキスト入力、例えば、抽象的、動物などといったグラフィックイメージを選択することでイメージに近いシンボル×テキストが完成するサービスです。

ポイント

  • 近いイメージを選択することでイメージに近いシンボルが完成
  • 19.99ドルのプランから購入可能

ONLINE LOGO MAKER(無料)

ONLINE LOGO MAKER(オンラインロゴメーカー)は多数あるシンボルとテキストから好みのロゴを作成できるサービスです。240万件ものブランドがサービス経由でロゴを作成しています。編集用の管理画面がついており、レイアウト調整や重ね合わせなどきめ細かな編集ができることがポイントです。

ポイント

  • テキスト・シンボル・イメージ画像の選択でロゴ制作が可能
  • 無料でロゴ作成が可能

flamingtext(無料)

flamingtext(フレーミングテキスト)はテキストを入力するだけでロゴ作成ができるロゴジェネレーターです。flamingtextは無料でサービス利用できます。テキスト入力を行い、表示されたロゴをご自身で編集するという簡単なステップになっています。無料のためクオリティは高いとはいえませんが、クイックにロゴアイデアを可視化するような目的では良いサービスといえるでしょう。

ポイント

  • 無料で使えるロゴジェネレーター
  • テキスト入力からレコメンドされたロゴを編集可能

LogoGarden(無料)

LogoGarden(ロゴガーデン)は無料でも利用が可能なロゴ作成サービスです。多数あるテンプレートの中からご自身でロゴのシンボルを選び、テキストをつけてブラウザ上で編集をすることができます。高度な利用をする場合は有料版へのアップグレードが必要となります。

ポイント

  • ロゴのサンプルから選び、編集するスタイルのロゴジェネレーター
  • 既存のサンプルを利用するスタイル
  • 無料でも利用可能だが、より高度な機能は有料版で提供

 

 

Font Awesome(無料)

Font Awesome(フォントオーサム)はグローバル最大規模のアイコンの検索サイトですが、ロゴ作成においてもヒントが詰まっています。シンプルなロゴであれば、Font Awesome(フォントオーサム)上でアイコン検索をかけながらアイデアを磨いていくというやり方が可能になってきます。

ポイント

  • アイコン検索サイト
  • シンプルなロゴの場合はアイデア出しに利用可能
  • 無料プランで利用可能

 

自作でロゴ作成が難しい場合はデザイナーに依頼するのも一案

初心者でも簡単に作成できるロゴ作成ツールを紹介しましたが、どうしても自作が難しいという場合には、専門のデザイナーに依頼するのも選択の1つです。ツールを利用するよりも高額な料金が発生しますが、イメージに近いロゴを作成できます。最近では、クラウドソーシングサイトや、オンラインマーケットなど、インターネット上で依頼可能な媒体も注目されています。ロゴを作成する目的や用途に応じて、デザイナーへの依頼も検討してみてください。

関連記事

「働き方の多様性」を認める動きが徐々に浸透してきています。例えば、「副業人口の拡大」「リモートワークへの移行加速」など、雇用形態の多様化や時間や場所にこだわらないワークスタイルが広がってきています。さらに、新型コロナウイルス感染症が拡大した[…]

ロゴ作成サイトを利用しておしゃれなロゴを作ろう

ロゴ作成ツールを利用することで、初めての方でも簡単におしゃれなロゴを作成できます。業界ごとに複数のテンプレートを提供しているサービスも多く、自社でデザインを準備しておく必要がありません。また、自社での作成が難しい方は、専門のデザイナーへの依頼も検討しましょう。商用利用や日本語サービス、解像度などに注意しながら、イメージ通りのロゴを作成してみてください。

あわせて読みたい

関連記事

テレワークを行う機会も増えてきていますが、会社で使っていた画像編集のソフトウェアが自宅のパソコンでは使えないといった状況に困っている方も多いかもしれません。業務で必要だとしても、個々の端末環境に有料のソフトウェアを導入する費用まで補填してく[…]

画像編集ソフト

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項