モバイルオーダーシステムおすすめ - Utilly

モバイルオーダーシステム19選を比較|導入メリットや選び方も解説

モバイルオーダーシステムおすすめ - Utilly

モバイルオーダーシステムとはWebやスマホアプリで注文を行い、店内で注文したり、テイクアウトの予約を行ったりできるシステムです。お客様にとって商品を手軽に受け取れるだけでなく、店側にとってもオーダー対応における手間を大幅に軽減できるなどのメリットがあります。本記事では、モバイルオーダーシステムを導入するメリットや選び方を確認した上で、19のおすすめのモバイルオーダーシステムを紹介します。

Ads

モバイルオーダーシステムを導入するメリット

モバイルオーダーシステムを導入するメリットは以下の3つです。

  • 会計・注文業務の効率化
  • 顧客情報の収集と活用
  • お客様側のメリットにより、来店を促進できる

それぞれについて詳しく解説していきます。

メリット1.会計・注文業務の効率化

モバイルオーダーシステムを活用することで、会計・注文業務を効率化できます。注文から支払いまでをアプリやWebで完結できれば、店側は商品を用意しておき、来店したお客様に渡すだけです。忙しい店舗であってもテイクアウトシステムの導入のハードルが下がるでしょう。テイクアウトシステムを導入したいけれど、従業員数などの観点から難しい店舗であっても、会計・注文業務の効率化ができれば導入できることもあるはずです。

Ads

メリット2.顧客情報の収集と活用

商品を注文したお客様の情報を、モバイルオーダーシステムで管理できます。このデータに基づき、お客様の好みや利用頻度などに合わせてキャンペーン情報の配信や限定クーポンなどを配信して再来店を促すことも可能です。つまり、モバイルオーダーシステムを導入することで、来店促進のためのアプローチによる集客アップの効果も期待できます。

メリット3.ユーザー側のメリットにより、来店を促進できる

モバイルオーダーシステムは店側だけでなく、お客様側にもメリットがあります。モバイルオーダーシステムが導入されている店舗では、来店してすぐに商品を受け取れたり、席に案内してもらえたりします。食事をしようと思って来店してみたものの、待ち時間が長くて諦めるような事態を回避できます。また、モバイルオーダーシステムでは事前に支払いを済ませられるため、商品の受け取り時に店舗で支払いを行う手間が省けます。

モバイルオーダーシステムの選び方

モバイルオーダーシステムを選ぶ上での着目点は以下の4つです。

  • POSレジ機能の有無
  • 集客機能の有無
  • LINEと連携できるか
  • 店内注文とテイクアウト、どちらに向いているか

それぞれについて詳しく解説していきます。

POSレジ機能の有無

POSレジとは、商品のバーコードの読み取りを行い、何を・いつ・いくらで・いくつ販売したかといった、販売情報を集積するシステムを搭載したレジです。POSレジ機能が搭載されたレジであれば、会計処理や売上管理にかかる手間や負担を大幅に軽減できます。たとえば、RettyOrderには日報や入出金管理といった機能が搭載されています。また、funfoは会計処理を行うテーブルのナンバーをタップするだけで、会計管理画面で割引や商品削除などを行えます。

集客機能の有無

集客機能が搭載されているモバイルオーダーシステムであれば、集客につなげることも可能です。たとえば、L.B.B.Cloudはお客様のLINEアカウントにメルマガの配信を行えます。また、RettyOrderやfunfoはお客様にアプリの注文画面で友だち追加ボタンをタップしてもらうことで、LINE公式アカウントに誘導できます。メルマガやLINEアカウントでクーポンの配信を行ったり、限定メニューや新作メニューの紹介などを行ったりすれば再来店のきっかけをつくることもできるでしょう。

LINEと連携できるか

LINEは年齢や性別を問わずに幅広い世代から利用されています。多くの人たちにとって主流なコミュニケーションツールであるLINEと連携できれば、顧客にとっても利用しやすいはずです。たとえば、リピッテテイクアウト&デリバリーはLINEの友だち登録のみで利用でき、テイクアウト、およびデリバリーのいずれの注文もLINEで完結します。そのため、お客様側にとっても店側にとっても利用しやすいです。その他にも、新メニューやクーポンなどをLINEで配信すれば、再来店につなげられるでしょう。

店内注文とテイクアウト、どちらに向いているか

モバイルオーダーシステムの中には、店舗注文とテイクアウトのいずれかにおいて向いているシステムもあります。たとえば、店内注文に対応したモバイルオーダーシステムには、来店客がスマホを用いてQRコードの読み取りを行い、店内注文を行うタイプのシステムがあります。ツールによっては注文から決済まで完結できるため、お客様側はもちろんのこと、お店側の負担も大きく軽減されるはずです。また、店外注文を対象にしたシステムであれば、お客様はスマホのみでオーダーから決済までを完了できます。お店側はテイクアウト客の会計処理などをレジにて行わなくてもよいため、テイクアウトを導入したいけど人的リソースの関係から難しい店舗も導入が実現できるはずです。

おすすめのモバイルオーダーシステム19選

おすすめのモバイルオーダーシステムとして19のシステムをご紹介します。

ユビレジ QRオーダー&決済

ユビレジ QRオーダー&決済は業務の効率化はもちろんのこと、お店に賑わいをもたらすことを目標に開発されたシステムです。お客様はユビレジ ハンディから出力された専用QRコードをスマートフォンで読み取り、オーダー画面から注文できます。スタッフを呼ばずに注文できるため、お客様間でのプライベートな時間を保ちながら追加注文を行えます。

ポイント

  • 専用アプリはダウンロードやログインをせずに利用できる
  • 注文は厨房のプリンタに伝票出力されるため伝達ミスなどのトラブルを回避できる
  • スタッフが注文を聞く時間を削減できるため、その他のサービス向上に時間を費やせる

RettyOrder

RettyOrderはLINEと連携可能なモバイルオーダーシステムです。LINE連携のため公式アカウントの友だち機能を活用すれば、メッセージやクーポンの配信を行えます。また、注文管理やPOSレジなど豊富な機能の搭載も魅力となっています。

ポイント

  • 市販のタブレット・スマホで利用できるため初期費用がかからない
  • 注文管理画面からプリンタ伝票の出力も可能
  • メニュー登録サポートで初期設定を簡単に行える

Okage DX Platform

Okage DX Platformは飲食に特化したモバイルオーダーシステムです。大手チェーン店、個人店など幅広く利用できます。また、店内モバイルオーダーやキッチンプリンター、POSレジ、ハンディなどさまざまな機能が搭載されています。

ポイント

  • 後払いセルフレジ対応モバイルオーダーやワンタイムQRコードなど、国内初の機能が充実
  • 自由度が高いフリーレイアウト機能が搭載されている
  • 商品やオーダーをクラウド上で一元管理できる

funfo

funfoは180秒でお店に導入可能なモバイルオーダーシステムです。飲食店のモバイルオーダーとPOSレジを無料アプリのみで対応できるようになります。このアプリを活用することで、少人数での店舗運営が実現する他、LINEの友だちを増やせるなどさまざまなメリットがあります。

ポイント

  • 導入時に見積りや工事などの必要がなく、アプリ一つですべてを実現できる
  • Basic版は月額無料で使い放題
  • テスト注文は180秒でできるようになり、LINEミニアプリの審査を含めると最短数日で導入が完了

O:der Platform

O:der Platformはお店側の売上向上のみならず、よりよいお客様体験の実現を目指すモバイルオーダーシステムです。導入店舗数は4500店舗を超え、多くの利用店舗から高い満足度を得ています。また、専任担当者によるコンサルティングも受けられるため、リピーターの増加も期待できます。

ポイント

  • 注文・支払いシステムだけで完結せず、顧客データの収集と利用が可能
  • 顧客は直感的、かつスムーズな操作で商品を注文できる
  • 各種SNSとシームレスな連携を行える

リピッテ

リピッテを活用することでテイクアウトもデリバリーもLINEのみで簡単に注文できます。お客様はLINEで簡単にオーダーできる他、お店側はオーダーを自動で受付、および管理できます。また、LINEでお得情報やクーポンなどを配信できる他、リピッテの注文機能を持たせることでブロック率を下げられます。

ポイント

  • 簡単操作で利用できるため、テック機器の操作が苦手な人も利用しやすい
  • 店舗側は管理画面でLINEから入った注文の確認、電話で入ったオーダーの手入力などを行える
  • コロナ禍における飲食店の状況を考慮し、最大1カ月にわたり月額費用が無料

Tap&Order

Tap&Orderは飲食店を対象にしたモバイルオーダーシステムです。スマホにアプリを追加しなくてもLINEを利用して簡単に注文できます。また、注文はお客様のスマートフォンにて行うため、セルフオーダーシステムにおいて必要とされているハードの導入は不要です。

ポイント

  • タップ&オーダーはLINEの友だち機能を活用して商品の注文を行える
  • こだわりデザイン機能が搭載されているため店舗の雰囲気に合わせて色や書体を変更できる
  • 店内での飲食においてスマホでオーダーできるためスタッフを呼ぶ必要がない

AutoReserve for Restaurants

AutoReserve for Restaurantsはレストランをはじめ飲食店を対象にしたサービスです。お会計までスマホ1つで完結できるセルフオーダーシステムや複雑な予約管理も手軽に行える予約台帳機能、お取り寄せ機能などが搭載されています。また、POS機能の搭載など機能も充実しています。

ポイント

  • 有名店の導入実績もあり、満足度も高い
  • 予約内容をタイムラインで一元管理できる
  • 多言語に対応しており、外国人のお客様にも利用できる

blayn Mobile Order

blayn Mobile Orderはすべての注文を資産に変えることを目標にしたモバイルオーダーシステムです。それぞれのお客様の注文に紐づいた各種情報の蓄積を行い、注文体験や店舗、スタッフ、接客を高めるための資産にします。

ポイント

  • お客様はQRコードをスマホで読み取れば、お客様のスマホがメニュー表になる
  • 店舗側はお客様が店内のテーブル上のQRコードを読み取ることで来店回数、注文履歴などを確認できる
  • 通常オーダーよりも追加注文してもらいやすくなる

L.B.B.Cloud

L.B.B.Cloudはさまざまな業種に対応したモバイルオーダーシステムで、新しい消費の創造を目指すシステムです。また、会員データと購買情報の紐づけを行うことで、高いロイヤリティのある顧客を可視化できます。人気飲食店を含む多くの飲食店で導入されているシステムです。

ポイント

  • LINE株式会社のTechnology PartnerでLINEミニアプリ部門の開発パートナーに認定
  • 商品のオーダーから決済までをモバイル端末1台で完結できる
  • 柔軟にカスタマイズできるため、飲食店やイベント会場、リテール業でも利用できる

スマレジ・ウェイター

スマレジ・ウェイターはスマホで簡単に利用できるオーダーエントリーシステムです。メニューの提供数を登録しておくことで、アプリ上に残数を表示できたり、売り切れに切り替えて注文不可にしたりすることもできます。店舗運営の効率化につながる他、顧客が売り切れた商品をオーダーする事態も回避できます。

ポイント

  • 無料アカウントの作成から30日間は、POSレジシステムを含む充実の機能を試せる
  • テーブル情報はクラウドサーバーで管理しているため、場所を問わず店内の状況をリアルタイムで確認できる
  • スマレジとの連携で売上情報(ABC分析)をリアルタイムで確認、および分析できる

テイクイーツ

テイクイーツはテイクアウト予約をネットで簡単に受付けられるシステムです。1営業日で開設でき、初期・月額費用も無料のため導入のしやすさも特徴となっています。また、商品の在庫数を日ごとに設定できるなど、店舗運営の効率化にも役立ちます。

ポイント

  • テイクアウト向けの便利な機能が充実している
  • 有名店含む1400以上の店舗で導入されている
  • 料金は販売個数に応じて発生する

POS+

POS+は飲食店や小売店、美容、サロンなど幅広い業種で利用できるシステムです。誰もが知る有名飲食チェーン店など月間1000店舗以上の導入実績があります。各業界に特化した機能が搭載されており、在庫管理や帳票機能、卓上注文、キッチン伝票出力などは一例にすぎません。

ポイント

  • 売上・顧客管理などの基本機能が網羅的に搭載されている
  • 多言語対応のため、外国人のお客様にも利用してもらえる
  • 初期設定や各種設置などを任せられる他、導入後のサポートも充実している

Putmenu

Putmenuは会計0分を当たり前にし、世界初の待ち時間0の瞬時注文を実現したシステムです。また、フードコートでは料理ができたらベルをアプリで鳴らすこともできるため、店舗側でベルを用意する必要もありません。顧客にとって商品が手元に届くまでの負担が軽減されるため、満足度の向上にもつながるでしょう。

ポイント

  • 来店者のスマホが注文端末や呼び鈴になる
  • 顧客の来店日時や来店回数を注文ビッグデータによって可視化できる
  • 過去の注文者にメッセージを送信し、来店を促せる

UZ apps for LINE

UZ apps for LINEはLINEでお店のメニューを確認し、注文できるシステムです。テイクアウトやデリバリーテーブル決済に対応できるため、さまざまな店舗で利用できます。その他にも、店舗運営を効率化するための多くのシステムが搭載されています。

ポイント

  • LINEで友達になってくれたお客様に限定割引や来店スタンプを付与できる
  • 注文をLINEに切り替えることでスタッフの労働負担を軽減できる
  • 売上傾向を分析し、スタッフのシフト、および食材の仕入れを調整できる

SAMURAI ORDER

SAMURAI ORDERは店舗オリジナルアプリによってワンタッチによる事前決済を可能にしたシステムです。レジで支払いをしたり、お会計に並んだりする手間を大幅に軽減できます。お客様のスマホで注文から決済まで行えるため、お店側の負担もお客様側の負担も軽減できます。また、自社ロゴや画像を用いることでオーダーメイドでアプリの制作も可能です。

ポイント

  • 自社アプリを既に持っている事業者はAPI連携で自社アプリをキャッシュレスアプリにバージョンアップできる
  • 役務提供型ビジネスにおいても利用できる
  • 再来店を促すポイントやクーポン、スタンプカードなどの施策が可能

Linkto

Linktoは飲食店のデジタル戦略、および店舗のプラットフォームの構築を目指したシステムです。現在、大手飲食店を含む2万店舗以上で導入されており、かつ導入企業から高い満足度を得ているため安心感があります。テイクアウトやフードコートなどさまざまなシーンで活用できるシステムです。

ポイント

  • 顧客にメニューブックのように自由なデザインで訴求できる
  • 店舗のタブレットでオーダー受付ができ、簡単な操作性で追加オーダーもこぼさない
  • システムの提供企業は30年以上にわたりフードビジネスのニーズに合わせてシステムを提供している

SMASEL

SMASELは飲食店を対象にした次世代のセルフオーダーシステムです。このシステムでは飲食店ならではの機会の喪失の回避や新システム導入によるコストの増加などを回避するための機能が多く搭載されています。また、初期費用などはかからないため、導入時の負担も最小限に抑えられます。

ポイント

  • 顧客は店内飲食においておかわり注文機能で追加注文を行える
  • 利用客のスマホを使って注文するため設備投資など初期導入コストがかからない
  • 導入までの期間は2週間から3週間

dinii

diniiはLINE×モバイルオーダーによってリピーター創出を目指すシステムです。また、飲食業界で初のID-POSを実現しており、誰が・いつ・何を食べたかの他、お客様の来店数を正確に捉えられます。

ポイント

  • 顧客情報を利用した飲食店経営をモバイルオーダーで実現できる
  • 大手飲食店の多くが利用しており、高い満足度を実感している
  • 契約から最短4週間でサービスの導入が完了する

店舗の目的や客層に合ったモバイルオーダーシステムを選ぼう

新型コロナウイルスの蔓延により、多くの業界がダメージを受けました。その中でも飲食店が受けたダメージは顕著であるといわれています。こうした状況の中で、飲食店が売上を拡大するためには、モバイルオーダーシステムやテイクアウトの対応も不可欠といえるでしょう。また、本記事で見てきたように、モバイルオーダーシステムと一括りでいってもさまざまなシステムがあります。それぞれ特徴などが大きく異なりますので、自社にとって必要な機能が搭載されているシステムや店舗の目的、客層に合ったシステムを選ぶようにしてください。自社の店舗に合ったシステムを選ぶことで業務の効率化やお客様の来店促進などにつなげられます。

Ads
モバイルオーダーシステムおすすめ - Utilly
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。