OKRツールおすすめ - Utilly

【無料/有料別】OKRツールおすすめ24選を比較|主な機能や導入メリット、選び方も解説

OKRツールおすすめ - Utilly

「従業員の成長を促したい」・「人事管理を効率化したい」と考える企業は多いと見受けられます。こうした悩みや課題を抱える企業におすすめできるのが、OKRツールです。OKRツールは、目標と成果を設定・管理できる他、人事管理を効率化する機能も搭載されています。そこで本記事では、OKRツールの主な機能や導入するメリット、選び方などを確認した上で、無料版と有料版をあわせて24のおすすめのツールを紹介していきます。

Ads

OKRツールの主な機能

OKRツールの主な機能として以下の機能が挙げられます。

  • OKR設定:メンバーや個人のOKRの作成をテンプレートなどで支援
  • OKRマップ:すべてのOKRをツリー形式でつなぐことで、社内全体の戦略への貢献を可視化
  • アクションプラン:OKR達成のための計画の作成や行動管理など
  • 進捗管理:進捗報告を一括で更新して、タイムリーな情報の共有
  • リソース配分:各社員の役割分担やリソース配分の可視化
  • 議事録:会議内容の一元化、および情報整理
  • 1on1支援:日程調整やアジェンダの設定

OKRツールを導入するメリット

OKRツールを導入することで得られるメリットを紹介します。

Ads

メリット1.目標を俯瞰することによる達成率向上

OKRツールは全社のOKRを一つに集約し、ツリー構造で表示できるため、会社全体の目標を見える化します。チームや個人の目標を共有し合うことで、それぞれが目標を常に意識して業務に取り組むようになるでしょう。その結果、社内全体の目標達成率の向上につながります。

メリット2.目標の設定や進捗管理の効率化

各メンバーの進捗状況が確認しやすくなるため、管理者は部下の状況を把握しやすくなります。チームでの仕事の円滑化にも効果的です。

メリット3.人事評価がしやすくなる

OKRと報酬に直結する人事評価制度とを組み合わせることで、自社の業務内容や状況により適切な評価制度を構築できます。また、人事配置に活用できる機能が搭載されたツールであれば、各部署に人員配置を行う際にも役立つでしょう。

OKRツールの選び方

OKRツールを選ぶ際は以下のポイントに注意して選択するようにしてください。

1.導入目的を達成できる機能があるものを選ぶ

OKRツールと一括りにしても、搭載されている機能やツールが得意とするものは異なります。導入は目的を明確にした上で、目的を実現できる機能が搭載されたものを選択しましょう。

2.付随する機能で選ぶ

OKRツールの中には、基本的な機能に加えて、従業員の成長を促すのに役立つ機能や人事評価制度を整備するのに利用できる機能が搭載されたツールもあります。たとえば、1on1の振り返りや気付きを記録し、公開できる機能が搭載されたツールなどもあります。

3.UIや機能などの使いやすさで選ぶ

高機能、かつ高性能であっても使いにくければ、利用せずに化石化してしまう可能性も否定できません。そのため、誰にとっても利用しやすく、分かりやすい管理画面のツールがおすすめです。また、多機能であれば、それだけ使い方が複雑になる傾向にあるので注意してください。

4.サポート体制が充実したツールを選ぶ

サポート体制はツールによって大きく異なります。ITに苦手意識のある従業員が多い企業は導入時はもちろん、運用中も手厚くサポートしてもらえるツールだと安心です。また、サービス提供元への問い合わせ方法も電話やチャット、メールなどさまざまです。

5.連携できるツールで選ぶ

外部ツールとの連携機能が搭載されていれば、GoogleカレンダーやChatwork、Slack、Teamsなどと簡単に連携できます。OKRツールと外部ツールとの連携によって進捗状況の管理や報告などが行いやすくなります。

無料で使える、OKR管理に役立つツール5選

ここでは無料で使える、OKR管理ツールを5つ紹介します。

Google Sheets

Google SheetsはGoogleアカウントがあれば利用できるサービスです。インターネット環境があればどこでも共同作業ができ、コメントを使ってアクション アイテムを割り当てることもできます。

ポイント

  • 数式の候補などのアシスト機能によってミスを削減できる
  • 他の Google アプリにシームレスに連携できる
  • 全員が常に最新版を利用できる

monday.com

monday.comは世界中で15万2000以上、国内で500以上の企業から利用されている業務管理ツールです。ニーズに合わせてワークフローをカスタマイズできるため、チームの連帯感や生産性を高められます。

ポイント

  • 大手有名企業からも多く利用されている
  • カスタマイズ可能なダッシュボードで組織全体の状況を把握できる
  • カスタマーサポートは年中無休だから安心

 

Perdoo

PerdooはOKR管理ツールを提供する海外企業Perdooによって一般向けに公開されています。必要な情報をコンパクトにまとめられるため、誰にとっても利用しやすいはずです。

ポイント

  • デフォルトではCompany OKRsとTeam OKRsの2パターンが展開
  • プラットフォームはシンプルで分かりやすさが重視されている
  • 日本語対応していないので注意が必要

Corvisio

Corvisioは個人でもチームでも利用しやすいツールです。2000以上の企業、50カ国以上で利用されています。テンプレートを自由に選択できる他、GoogleやFacebookなどとも連携可能です。

ポイント

  • 目標の設定や共有を行いやすい
  • OutlookやLinkedInとも連携できる
  • 日本語対応していないので注意が必要

Weekdone

Weekdoneは従業員を目的の達成に導きやすくするためのツールです。組織全体の活動について調整を行える他、一つの週を単位にして計画と進捗を追跡できます。

ポイント

  • 正確なフィードバックを提供できる
  • SlackやMSTと連携できる
  • Weekdoneで組織全体の幸福度を高められる

有料のおすすめOKRツール19選

続いて、19の有料で使えるOKRツールを紹介します。

Resily

ResilyはOKR未経験の企業も安心して利用できるツールです。管理画面は分かりやすく、メンバーの状況はダッシュボードと自動通知でリアルタイムに把握できます。

ポイント

  • ミーティングや1on1実施をサポートする機能が充実
  • 大手企業含む150社以上で導入されている
  • IT企業やスタートアップ企業、メーカーやメディアといった業界で多く利用されている

HRBrain

HRBrainは大手有名企業の導入実績も豊富にある、誰でも簡単に使えるツールです。人材データの管理や分析・活用、従業員体験の向上といった煩雑な人事業務を効率化します。

ポイント

  • 誰もが直感操作できる管理画面
  • 初期設定や導入支援の他、運用期間中は状況に合ったサポートを受けられる
  • 人事業務全体を効率化できる

カオナビ

カオナビは大手企業や行政、学校法人でも導入されており、利用者の多くから高い満足感を得ているツールです。人材情報の見える化・一元化に優れており、自社の人事施策に合わせて従業員の人材情報を一元化することも可能です。

ポイント

  • 利用企業数は2500社以上
  • 採用のミスマッチ・ハイパフォーマー分析機能が搭載されている
  • ユーザー同士が学びあえるユーザーコミュニティに参加できる

あしたのクラウド

あしたのクラウドはテレワークを導入している企業にも利用しやすい、人事データの見える化・効率化を行うツールです。大手企業含む4000社におよぶ導入実績があります。

ポイント

  • カスタマイズ性に優れており、自社に合わせて利用できる
  • データ集計や期日管理、給与通知などを自動化できる
  • 1o1や360度評価に対応する機能も搭載

MotifyHR

MotifyHRは人事や人材開発の強い見方になるツールです。離職率削減、新入社員の受け入れの準備、パフォーマンス向上などさまざまな悩みに対応する機能が搭載されています。

ポイント

  • 期間ごとの数値目標と進捗を一元管理できる
  • 新メンバーが会社に馴染めるように会社からのタスクやコンテンツを適切なタイミングで届ける
  • 1on1で利用できる機能が多く搭載されている

Commita

CommitaはOKR管理機能に特化したツールです。導入支援が手厚いため、ITに苦手意識のある企業も安心して導入できます。チーム内での目標や進捗の共有も簡単に行えるため、各従業員のモチベーションを高めることもできます。

ポイント

  • OKRに特化しているためシンプルで使いやすい
  • フォーマットはカンバン型で分かりやすい
  • サポート体制が万全の他、セキュリティ面でも安心できる

banto

bantoは進捗管理を自動化・効率化できるツールです。従業員のタスク管理が自動化されるため、管理職は自分の仕事に集中しやすくなります。

ポイント

  • 営業数値やタスクの状況は自動で集計され、メンバーでの共有も行える
  • 業務の進捗状況をツリーやグラフ、カンバン式などで見える化できる
  • 30日間のお試し期間がある

1on1navi

1on1naviはパフォーマンスマネジメントを組織に浸透できるクラウド型のツールです。プランは1on1プラン、パフォーマンスプラン、コンディションプランがあり、自社に合ったプランを選択できます。

ポイント

  • 目標登録や公開の他、目標や実績にコメントを付けられる
  • 「いいね」機能もありSNSのような感覚で利用できる
  • 公開範囲の設定を行える

Co:TEAM

Co:TEAMは個人の成長と企業の成長の融合を目指すパフォーマンスマネジメントツールです。1on1やフィードバック面談、人事評価などに活用できる機能が充実しています。

ポイント

  • チームの枠を超えて称賛やフィードバックのコメントを送信できる
  • 各従業員の目標が更新されると、結果をチームで即時共有できる
  • 部下の体調やモチベーションをリモートワークでも把握しやすくなる

HiManager

HiManagerは従業員の高いパフォーマンスをリアルタイムフィードバックによって実現可能なツールです。このツールを活用することで、会社の目標と個人の目標のすり合わせを行い、個人の目標を社内における目標達成につなげられるでしょう。

ポイント

  • 無料トライアル期間がある
  • 1on1やフィードバックに活用できる機能が充実している
  • 社員にチャットに届いた簡単なサーベイに答えてもらうだけで、社員の状況を見える化できる

Betterworks

Betterworksはカリフォルニアに本社を置くBetterworksが提供しているサービスです。OKRや1on1、従業員同士のフィードバックを一括して管理できます。

ポイント

  • マネージャーとチャット、もしくは1on1ミーティングをBetterWorks上で行える
  • 従業員同士のフィードバック機能が充実している
  • 日本語対応していないので注意が必要

HRMOSタレントマネジメント

HRMOSタレントマネジメントは従業員や組織のパフォーマンスの向上を支援するツールです。1on1や目標・評価管理などタレントマネジメント機能が充実しています。また、利用しやすい管理画面もポイントです。

ポイント

  • 閲覧・編集権限の設定を項目ごとに行える
  • 業界問わず多くの有名企業で導入されている
  • 採用管理クラウドHRMOS採用と連携して利用できる

sai*reco

sai*recoは組織人事の情報の蓄積を行い、有効な経営情報としての活用をサポートするクラウド型のツールです。システム連携で入社時の適性検査の結果を蓄積したり、社員の特性や適正を可視化したりすることもできます。

ポイント

  • 人事に関する全情報をクラウド上で一元管理できる
  • 定型業務を自動化、および効率化できる
  • 14日間の無料お試し期間がある

7Geese

7Geeseはカナダのバンクーバーに本社を置くPayvorが提供するサービスです。OKRの進捗を把握できる機能や、離職する従業員の傾向を掴める機能などさまざまな機能が搭載されています。

ポイント

  • 従業員に360度フィードバックを行える
  • 1on1のスケジューリングを簡単に行える
  • 日本語対応していないので注意が必要

Wistant

Wistantは目標管理や1on1、評価を支援するオールインワンツールです。導入企業の中には有名企業も多く、導入から約4か月で人事制度のフルリニューアルに成功した企業もあります。

ポイント

  • 属人化やブラックボックス化しやすいマネジメントの状態を6項目でスコア可できる
  • 通信がSSLによって暗号化されているなどセキュリティ対策に優れている
  • 無料トライアル期間がある

Atiim

Atiimはボストンに本社を置くWeekdoneが提供するツールです。ポイントを短時間で押さえられるダッシュボードやコメント機能、チェックインのサポートの使いやすさが特長となっています。

ポイント

  • アプリ版では社内全体のOKRの進み具合や従業員ごとのレポートを確認できる
  • ダッシュボードが見やすく、メンバーの状況を把握しやすい
  • 日本語対応していないので注意が必要

Goalous

Goalousは業務の見える化で組織エンゲージメントを向上へと導くツールです。目標を可視化して共有し合うことでメンバー間での一体感の高まりを目指せる他、チームでの情報共有も行いやすくなります。

ポイント

  • 目標達成プロセスを業務を通して日々共有できる
  • SNS形式で投稿と閲覧を簡単に行える
  • 業務データが蓄積されるため効率的な振り返りを行える

タレントパレット

タレントパレットは人事にマーケティング思考を取り入れることで科学的人事を実現するツールです。人材の見える化や人材データ分析、採用管理/ミスマッチ防止など多くの機能が搭載されています。

ポイント

  • 業界を問わず、数万名規模の大企業の利用も多数
  • 科学的人事のノウハウを有する専門コンサルタントとサポートチームから支援を受けられる
  • 社員に紐づくデータを一元集約できる

スキルナビ

スキルナビは大手企業の導入実績も豊富にあり、導入企業からの満足度も高いツールです。社員データ管理や目標管理、アンケートなど多くの機能が搭載されています。

ポイント

  • 業界最安値水準の月額4万円から全機能を利用できる
  • 最短1か月で導入できる
  • ノーカスタマイズでも業界問わず多くの企業に対応している

OKRツールは従業員にとって使いやすく、必要な機能がそろったものを選ぼう

OKRツールを活用することで、従業員は目標に向かって業務を進めやすくなります。その他にも、管理者にとって従業員の評価や管理などを行いやすくなります。本記事で見てきたように、OKRツールと一口でいっても製品によって搭載されている機能などは大きく異なります。複数のツールを見比べて、自社に合ったツールを導入するようにしましょう。

Ads
OKRツールおすすめ - Utilly
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。