【目的別】レンタルサーバーの選び方と、おすすめ18選を徹底比較

現在ではレンタルサーバーも多種多様なサービスがリリースされており、目的や用途、予算に合わせて選べるようになりました。無料で利用できるサーバーや、サービスやセキュリティがしっかりしているサーバーなど、それぞれ機能や特徴が異なります。自社やお店に最適なレンタルサーバーを選ぶには、比較検討すべき点や、主な特徴を知っておくとよいでしょう。本記事では、レンタルサーバーを選ぶ際のチェックポイントや目的別の選び方、おすすめのレンタルサーバーを紹介します。個人ブログや小規模ショップに適したものから、さまざまなビジネスシーンで利用できる充実した機能を搭載するレンタルサーバーまで、幅広く紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

レンタルサーバー選びで比較すべき9つのポイント

はじめに、レンタルサーバーを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを説明します。

Ads

ポイント1.実績や口コミ

導入実績の多さは、使いやすさや人気の度合を証明しています。また、導入実績が多いと多くのユーザーの声を反映してバージョンアップを重ねているので、より使いやすい最新の機能に改善されています。口コミも、利用者の生の声を参考にできるので、それぞれのサーバーのメリットだけではなくデメリットなども確認できるでしょう。

ポイント2.料金

レンタルサーバーを利用するには、初期費用や月額の利用料金がかかります。こうした料金も必ず確認して、費用対効果を計算しておくようにしましょう。無料で利用できても必要なセキュリティ機能が備わってなければ、ビジネスシーンでの利用はおすすめできません。また、初期費用が無料でも月額料金が高ければ、総額で大きな出費になりかねません。無料トライアル期間を設けているサービスも多いので、数種類を試してみるのもよいでしょう。

ポイント3.表示速度

公開しているWebサイトやECサイトをユーザーが快適に利用するためにも、レンタルサーバーの表示速度は重要です。表示速度が遅いとユーザーの離脱を招き、売上にも影響する可能性があります。また、速度が遅いと評価されると、Googleの検索結果の表示順位が下がるでしょう。とくにECサイトなどで利用する場合は、多少レンタル費が高くなっても表示速度を重視する方が、結果として費用対効果がよくなる可能性もあります。また、速度と同様に、サーバーにエラーや障害が起こりにくい、停止しづらいなどの安定性も重要な指標となるので、チェックしておきましょう。

Ads

ポイント4.ストレージ

レンタルサーバーのディスク容量であるストレージの大きさも、重要なチェックポイントです。必要な容量は、利用する人数や利用目的によって異なります。一般的に、50名程度のメール利用程度であれば50GB前後、ECサイトを運営するなら少なくとも80GB前後は必要となります。本格的なビジネス利用を予定しているのであれば、100GB以上あると安心です。

ポイント5.WordPressの導入可能数

レンタルサーバーは、ブログやサイトを簡単に作れるWordPressとの相性がよく、WordPress専用のレンタルサーバーも数多くあります。WordPressで作ったブログやサイトのアカウントを複数利用する場合は、レンタルサーバー側のWordPressを導入できる数も重要なポイントとなります。複数アカウントを利用するなら、必要な容量とあわせてWordPressの導入可能数も確認しておきましょう。

ポイント6.サポート体制

社内にレンタルサーバーに詳しい人材がいないなど、リソースが不足している場合には、サポート体制が充実していると安心です。24時間365日体制で、電話やメール、チャットなどでいつでも問合せが可能なサービスも多くあるので、事前に確認をするようにしましょう。

ポイント7.バックアップの有無

バックアップの有無も、重要な選択ポイントです。大切な情報やファイルを間違えて消してしまっても、自動でバックアップしてくれる機能が備わっていると、安心して利用できます。バックアップ機能は有料のオプションとなっていることもあるので、確認をしておくようにしましょう。

ポイント8.無料ドメインの有無

ドメインの登録料や利用料を有料としするレンタルサーバーが多いものの、中には独自ドメインを無料で提供しているサービスもあります。数を制限して無料提供しているサーバーもあるので、細かくチェックしておきましょう。

ポイント9.SSL化にかかる料金

レンタルサーバーをECサイトやビジネスで利用するのであれば、セキュリティ対策が万全なサービスを選ぶようにしましょう。中でも、個人情報などの各種情報を暗号化するSSL機能は重要で、必ず利用できるようにしておきましょう。SSL化を無料で利用できるレンタルサーバーもありますが、利用条件はサービスによってそれぞれ異なります。必要な機能ながら、あまりにも高額となると費用対効果も悪くなるので、予算内で最大の効果が得られるサービスを選ぶようにしましょう。

【目的別】レンタルサーバーの選び方

つづいて、目的別にレンタルサーバーの選び方を詳しく説明します。

個人ブログやお店のWebサイトなら料金重視でOK

個人のブログやWebサイトの運用で、できるだけコストを抑えたいのであれば、無料、あるいは格安のレンタルサーバーが適しているでしょう。無料サーバーには広告表示があるものや、独自ドメイン・WordPressが使えないサービスもあります。また、格安レンタルサーバーの中には、表示速度が遅い、安定性が低いなどの不具合や障害が多いものもあります。ただし同じ無料のレンタルサーバーの中にも、広告なしやWordPressを利用できるサービスや、格安サービスでも、高性能で多機能のサーバーもあります。利用目的や必要な機能に応じて選ぶようにしましょう。

収益目的のサイトなら料金と性能のバランスを取る

ECサイトや商用サイトなど、集客して収益を上げることが目的のサイトであれば、訪問者が利用しやすく離脱を防ぐことにつながる、高速表示で高い安定性のサーバーを選ぶようにしましょう。個人情報を扱うECサイトであれば、SSL化も必須となります。万が一の場合のサポートやバックアップ機能も、充実していると安心です。必要な機能が多くなると費用はかさみますが、多機能・高性能ながら、リーズナブルな料金設定をしているサーバーもあります。必要な性能と料金のバランスを見ながら、判断するようにしましょう。

自社HPやオウンドメディアなら性能重視で選ぶ

自社のホームページやオウンドメディアなど、本格的にビジネスシーンで利用するのであれば、性能の高さとセキュリティ面が充実したレンタルサーバーを選びましょう。自社が希望する機能や容量、アクセス耐性を満たすサービスから選択してください。ユーザビリティを上げるには高速化、安定化も重要で、自社の独自ドメインが使えることも必須条件です。セキュリティ面では、SSL化だけではなく、ファイアウォールやWAF、IDS/IPSなども利用できるとより安全です。24時間365日のサポート体制に加え、各種設定の無料代行サービスなどを提供するレンタルサーバーもあります。利用料やオプション費用、更新料が高くなっても、ビジネスユースならば、最低限これらの機能を準備しておきましょう。

無料で使えるおすすめのレンタルサーバー3選

ここからは、おすすめのレンタルサーバーを紹介します。まず、無料で利用できる3つのサービスを紹介します。

エックスフリー

エックスフリーは、エックスサーバー社が提供している「エックスサーバ-」の無料レンタルサーバーです。利用目的に応じて、広告表示がない「HTMLサーバー機能」、動的サイトの作成が可能な「PHP・MySQLサーバー機能」、専用の高速システムを搭載している「WordPress機能」の3つのプランから選べ、すべて無料で利用できます。容量は少ないものの独自ドメインも複数利用でき、複数アカウントのブログ運用などに適しています。

【無料プラン】
HTMLサーバー機能:容量1GB・独自ドメイン10個・サブドメイン50個
PHP・MySQLサーバー機能:容量1GB・独自ドメイン10個・サブドメイン50個 PHP5 / PHP7利用可能・MySQL5個
WordPress機能:容量2GB・独自ドメイン5個・サブドメイン PHP5 / PHP7利用可能・MySQL5個

StarServer Free

StarServer Freeは、ネットオウル社が運営する「スターサーバー」の無料版です。スターサーバーは、安さと速さに定評があり、無料版では、デザイン重視派の「広告なしプラン」、「容量増加プラン」、動画サイト向け「PHP5 / PHP7対応プラン」の3つの中から選べます。マルチドメイン1つのほか、サブドメインも50個まで利用できます。

【無料プラン】
広告なしプラン:容量2GB・マルチドメイン1個・サブドメイン50個
容量増加プラン: 容量4GB・マルチドメイン1個・サブドメイン50個
PHP5 / PHP7対応プラン: 容量2GB・マルチドメイン1個・サブドメイン50個
PHP5 / PHP7利用可能・MySQL1個

XREA

XREAは、GMOデジロック社が提供している無料版もある格安レンタルサーバーです。無料版ながらWordPressを利用でき、マルチドメイン対応でメールアカウントは100個まで使えます。SSL化も無料で、これだけの充実した機能を完全フリーで利用できます。

【無料プラン】
XREA Free:容量1GB・マルチドメイン・WordPress利用可・チャットサポート

個人ブログやお店のWebサイトにおすすめのレンタルサーバー5選

続いて、個人のブログや小規模な小売店、飲食店などのWebサイト運用に適したレンタルサーバーを紹介します。

お名前.comレンタルサーバー

GMOインターネット社が運営しているお名前.comサーバーは、1年間の利用料の安さNo.1※1、サーバー処理速度No.1※2を謳う、安さと速度が特徴のレンタルサーバーです。ドメイン取得の大手「お名前.com」のレンタルサーバーなので、契約期間中は指定のドメインが永久無料となるもの魅力です。WordPressも利用しやすく、24時間365日無料電話サポートを受けられることから、個人のブログやお店のサイト運用に適しています。

※1 2021年3月GMOインターネット社調べ。レンタルサーバー主要各社、各社200~300GBのプランを比較

※2 Apache Benchによって2020年12月に5回計測した平均値

【料金プラン】
ー基本プランー
RSプラン:1ヶ月払い・オールSSD 300GB ・SSL無料・初回料金0円・1,430円/月
※1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の中から契約期間を選択ーオプションプランー
ホームページエディタープラン:RSプランのほかに、独自ドメインやホームページ作成ツールを利用できる
※選択内容によりによって料金が変わります
Microsoft 365メールプラン:RSプランのほかに、マイクロソフトのメール機能を利用できる
※選択内容によりによって料金が変わります

ロリポップ!

GMOペパボ社が運営するロリポップ!は、利用実績200万サイト以上を誇る格安レンタルサーバーです。月額110円で利用できる低価格サーバーながら、ひととおりの機能は揃っています。個人ブログや店舗サイトなどの利用ならば充分な容量を提供しており、安定性やセキュリティ面にも定評があります。また、電話・メール・リアルタイムチャットなどのサポート体制も充実しています。10日間の無料お試し期間もあります。

【料金プラン】
エコノミー:110円/月・容量 20GB・WordPress 不可・初期費用1,650円
ライト:220円/月・容量 160GB・WordPress 高速・初期費用1,650円
スタンダード:550円/月・容量 200GB・WordPress 高速・初期費用1,650円
ハイスピード:550円/月・容量 320GB・WordPress 最高速・初期費用0円
エンタープライズ:2,200円/月・容量 1TB・WordPress 最高速・初期費用3,300円

エクストリムレンタルサーバー

ハイパーボックス社が提供しているエクストリムサーバーは、月額104円から利用できる格安レンタルサーバーです。複数ドメインやWordPressを利用できるので、複数アカウントのブログやサイトの運営に適しています。SSLも無料で、自動バックアップ機能も搭載しており、メールのウイルスチェックやスパムフィルタにより、セキュリティ面も担保されています。容量の違いで、以下の3つのプランがあります。1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の中から契約期間を選びます。1ヶ月利用の場合の料金プランをご紹介します。

【料金プラン】
ライトプラン:容量2GB・242円
ベーシックプラン:容量10GB・330円
ビッグプラン:容量20GB・440円

Quicca Plus

エムフロ社が提供しているQuicca Plus(クイッカプラス)は、WordPress利用に特化したレンタルサーバーです。WordPressを簡単にインストールでき、自動設定機能も備わっているので、初心者でも簡単にWordPressを使ってサイトを構築できます。高速度・安定性も評価されており、メールアカウントを最大で30個取得できます。無料SSLや独自ドメインにも対応しているので、個人や小規模事業主に適したサーバーです。10日間の無料お試し期間もあります。

【料金プラン】
エントリー:容量5.0GB・基本ドメイン1個・独自ドメイン1個・198円/月~
ライト:容量10.0GB・基本ドメイン1個・独自ドメイン3個・495円/月~
スタンダード:容量20.0GB・基本ドメイン1個・独自ドメイン5個・792円/月~
プレミアム:要問合せ

さくらのレンタルサーバ

さくらインターネット社が提供しているさくらのレンタルサーバは、20年以上の実績を誇る老舗のレンタルサーバーです。日本最大規模のデータセンターを自社で運営していることもあり、高速度と高いセキュリティ機能が特徴です。個人利用では、月額131円の格安プランから、200GBの大容量でWordPressも利用できるプランまで揃っているので、利用料や目的に合わせて選べます。このほかビジネスユースのプランもあり、全プラン無料でSSL対応となっています。マネージドプラン以外は、すべて2週間の無料お試し期間もあります。

【料金プラン】
ー個人ユースプランー
ライト:容量10GB・マルチドメイン20個・WordPress不可・131円/月~
スタンダード:容量100GB・マルチドメイン200個・WordPress可・524円/月~
プレミアム:容量200GB・マルチドメイン300個・WordPress可・無料CDNつき1,571円/月~ービジネスユースプランー
ビジネス:容量300GB・マルチドメイン400個・WordPress可・無料CDNつき・2,619円/月~
ビジネスプロ:容量500GB・マルチドメイン500個・WordPress可 ・ 無料CDNつき・4,714円/月~
マネージド:容量700GB・マルチドメイン無制限・WordPress可・無料CDNつき・13,200円/月~

収益目的のサイトにおすすめのレンタルサーバー5選

次に、ECサイト運営など、収益を目的としたサイトを運用する場合におすすめのレンタルサーバーを紹介します。

エックスサーバー

エックスサーバー社が提供しているエックスサーバ-は、安心と実績を誇る国内シェアNo.1※1のレンタルサーバーです。国内最高級のサーバー速度や99.99%以上の稼働率にも定評があり、多機能・安定性・大容量の条件を満たす本格レンタルサーバーです。11つめのドメインは1円~で利用でき、サブドメインやメールアカウントは無制限に作成できますSSLも無料で利用できるので、ECサイト運営などにも適しています。10日間の無料お試し期間もあります。

※1 2020年11月時点、dataprovider.com 調べ

料金プランは、容量の違いで3つあります。それぞれ、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の中から契約期間を選びます。3ヶ月契約のプランをご紹介します。

【料金プラン】
X10プラン:1,320円×3ヶ月 計7,260円
X20プラン:2,640円×3ヶ月 計11,220円
X30プラン:5,200円×3ヶ月 計19,140円

リトルサーバー

高知県のリトルネットワークが提供しているリトルサーバーは、低価格ながら多機能で、ハイパフォーマンスを追及したレンタルサーバーです。全プランでSSD採用+http/2により高速度を実現し、独自SSLが無料、独自ドメインも無制限に利用できます。WordPressも利用できるので、コストパフォーマンスを意識するECサイト運営会社などに向いています。20日間の無料お試し期間があります。

【料金プラン】
ミニプラン:SSD20GB・独自ドメイン無制限・バックアップ7日分・150円/月
ワードプラン:SSD30GB・独自ドメイン無制限・バックアップ7日分・195円/月
リトルプラン:SSD60GB・独自ドメイン無制限・バックアップ7日分・250円/月
ビッグプラン:SSD120GB・独自ドメイン無制限・バックアップ7日分・430円/月

ColorfulBox

カラフルラボ社が提供しているColorfulBoxは、超高速化機能を搭載し、快適性や安定性を追求したレンタルサーバーです。高速化にはLiteSpeedを採用し、HTTP/3やLiteSpeed Cacheなどの機能も備えています。また、独自ドメイン・SSL対応サイトをすぐに作れる「WordPress快速セットアップ」で、初心者でも簡単にサイト構築が可能となります。「地域別自動バックアップ」により、データの保存先とバックアップ先を別の地域に設定して災害などのリスクヘッジができるほか、Imunify360やWAF/IPS/IDSを搭載してセキュリティ面も充実しているので、ビジネスユースでも安心して利用できます。料金プランは、容量の違いで、8つの個人向け・法人向けプランがあります。それぞれ、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の中から契約期間を選びます。初期費用は3ヶ月以上契約の場合無料です。3ヶ月未満の場合は2,200円です。1ヶ月契約の場合の料金プランをご紹介します。また、30日間の無料お試し期間があります。

【料金プラン】
BOX1:792円/月(最安値36ヶ月契約528円/月)
BOX2:1,452円/月(最安値36ヶ月契約484円/月)
BOX3:2,442円/月(最安値36ヶ月契約814円/月)
BOX4:3,278円/月(最安値36ヶ月契約1,089円/月)
BOX5:4,928円/月(最安値36ヶ月契約1,639円/月)
BOX6:8,228円/月(最安値36ヶ月契約2,739円/月)
BOX7:11,528円/月(最安値36ヶ月契約3,839円/月)
BOX8:23,078円/月(最安値36ヶ月契約7,689円/月)

wpX Speed

エックスサーバー社が提供しているwpX Speedは、エックスサーバーのWordPress専用に最適化した超高速クラウド型レンタルサーバーです。最新の高速化技術を採用し、超高速で安定性が高く、大量のアクセスにも耐えられる高い負荷耐性が最大の特徴です。高機能でWordPress利用が可能なことから、個人ユースからビジネススースまで幅広く対応可能です。初期設定費は無料です。

【料金プラン】
W1:SSD200GB・2コア・2.2円/時(最大1,320円/月)
W2:SSD300GB・3コア・4.4円/時(最大2,640円/月)
W3:SSD400GB・4コア・8.8円/時(最大5,280円/月)
W4:SSD500GB・5コア・17.6円/時(最大11,000円/月)
W5:SSD700GB・7コア・46.2円/時(最大33,000円/月)
W6:SSD1TB・10コア・77.0円/時(最大55,000円/月)
W7:SSD1TB・12コア・123.2円/時(最大88,000円/月)

mixhost

アズポケット社が運営する「mixhost」は、WordPressクイックスタート機能で、独自ドメインのWordPressを簡単にはじめられるのが最大の特徴です。また、無料のSSLは、世界トップシェアのCOMODO社の証明書を利用しており、セキュリティ面も安心です。自動バックアップ機能も備え、使いやすさにも定評があります。料金プランは、容量の違いで5つの個人向け・法人向けプランがあります。それぞれ、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の中から契約期間を選びます。いずれも初期設定費用は無料です。3ヶ月契約の場合のプランをご紹介します。

【料金プラン】
スタンダード:SSD250GB・1,518円/月(最安値36ヶ月968円/月)
プレミアム:SSD350GB・3,058円/月(最安値36ヶ月1,958円/月)
ビジネス:SSD450GB・6,138円/月(最安値36ヶ月3,938円/月)
ビジネスプラス:SSD550GB・12,298円/月(最安値36ヶ月7,898円/月)
エンタープライズ:SSD650GB・24,618円/月(最安値36ヶ月15,818円/月)

自社HPやオウンドメディアにおすすめのレンタルサーバー5選

最後に、自社のホームページやオウンドメディア運用など、ビジネスで本格的に利用する場合に適したレンタルサーバーを紹介します。

エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネスは、エックスサーバー社が提供している「エックスサーバ-」のビジネス版です。業界トップクラスの高速性と安定性、アクセス耐性を誇り、表示遅延による離脱の低減や、サーバー負荷によるダウンの防御、検索エンジン対策などを実現します。ディスク容量は300GB~と充分な量で、独自ドメイン無料、充実したセキュリティ機能、24時間以内に対応する365日サポートのほか、各種設定の無料代行サービスなど、ビジネスシーンでも安心・快適に利用できるレンタルサーバーです。料金プランは、容量の違いで3つのプランがあります。それぞれ、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の中から契約期間を選びます。3ヶ月契約の場合のプランをご紹介します。いずれも初期費用は16,500円です。

【料金プラン】
B10プラン:5,016円×3ヶ月 計31,548円
B20プラン:10,032円×3ヶ月 計46,596円
B30プラン:15,048円×3ヶ月 計61,644円

ConoHa WINGG

GMOインターネット社が提供しているConoHa WINGは、国内最速を歌っているレンタルサーバーです。かんたんセットアップ機能を利用すると、WordPressサイト開設や移行が簡単にでき、そのほか、ドメインの設定やSSL化なども自動化できるのも特徴です。過去14日分の自動バックアップ機能も備え、スマホアプリにも対応しているので、常時サーバーの稼働状況を把握できます。いずれも初期費用は無料です。

※1※2020年3月GMOインターネット社調べ

【料金プラン】
ベーシック:SSD300GB・ドメイン無制限・2.2円/時・1ヶ月最大1,320円
スタンダード:SSD400GB・ドメイン無制限・4.4円/時・1ヶ月最大2,640円
プレミアム:SSD500GB・ドメイン無制限・8.8円/時・1ヶ月最大5,280円

WebARENA SuiteX

NTT PC コミュニケーションズ社が提供しているWebARENA SuiteXは、高精度のセキュリティ機能が最大の特徴です。シマンテック社のファイアウォール、IPS、Webサイト改ざん検知、ウィルスチェックシステムを標準装備しており、データバックアップも含めた万全なセキュリティ対策に加え、安定性と高速性も兼ね備えたレンタルサーバーです。

【料金プラン】
スタンダード:容量300GB・1,497円/月
メールプレミアム:容量450GB・4,928円/月

スマイルサーバ

NTTスマートコネクト社が提供しているスマイルサーバは、18年の実績に裏付けされた安定性の高さに定評があります。平均稼働率99.998%を実現し、NTTグループの堅牢なデータセンターを利用して、万一に備えたデータの定期的なバックアップも実施しており、ビジネスユースでも安心して利用できます。いずれも初期費用は無料です。最低6ヶ月の利用が条件となります。SSLセットプランには、ドメイン名代行申請費用、指定事業者レジストラ変更、ドメイン名維持管理費用、SSLサーバー証明書費用が含まれています。

【料金プラン】
ベーシックプラン:3,100円/月
SSLセットプラン:4,000円/月

CPI

KDDIグループが運営している法人向けレンタルサーバーのCPIは、大容量かつ高速回線での大量アクセスに強く、接続の安定性を重視したサービスです。稼働率100%保証のSLA(品質保証制度)、バックアップサービスの標準装備、電話・メールのサポート体制など、ビジネスユースに最適な機能やサービスが充実しています。大手企業・官公庁・外資系企業など多くの導入実績を誇り、本格的なWebサイト制作に適したサービスです。料金プランは3つありますが、いずれも詳細は要問い合わせです。

【料金プラン】
共用レンタルサーバー シェアードプラン
マネージド専用サーバー マネージドプラン
root権限付 専用サーバー ハイブリッドプラン

レンタルサーバーの比較ポイントは目的によって変わる

レンタルサーバーは、無料のものから、簡単にサイトを構築できる格安サービス、高額ながら多機能でセキュリティ万全のサーバーまで、多様な種類があります。サーバーを選ぶ際にチェックしておきたいポイントは、料金や速度、容量、セキュリティ機能やサポート体制などが挙げられますが、利用する目的や用途、人数などにより、重視するポイントが変わります。レンタルサーバーの利用を検討しているのであれば、自社の導入理由を明確にして、この記事を参考にしながら比較検討してください。

 

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項