「物流2024年問題」の認知率は64.6% | 「物流2024年問題」に関する調査(2024年3月)

法人SaaSの比較メディアUtilly(運営会社:株式会社GO TO MARKET、所在地:東京都渋谷区)では、2024年3月に「物流2024年問題」に関する調査を実施しました。

本リリースの内容(使用画像、グラフ素材含む)は転載が可能です。本リリースを他メディアにて参照される際は必ず本ページのURLおよびメディア名「Utilly」を記載ください。

調査について

調査の背景

「物流2024年問題」とは、働き方改革法案の施行によって運送業界や物流業界、建設業界などのドライバーの労働時間に対して上限が課されることで生じる問題の総称です。本調査では全国の20歳以上60歳未満の男女を対象に、「物流2024年問題」の認知などに関してアンケートを行いました。

調査概要

本アンケート調査の概要は以下の通り。

・調査実施日:2024年3月13日
・調査人数:327人
・居住地:全国
・性別:男女
・年齢:20歳以上60歳未満
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査メディア:Utilly(ユーティリー)URL | https://utilly.jp/

調査結果サマリ

調査結果のサマリは以下の通り。

調査サマリ

  • 「物流2024年問題」の認知率は64.6%であった。
  • 「物流2024年問題」に対して、何らかの対策をしている人は31.3%であった。

Q. 「物流2024年問題」を知っていますか?最も当てはまるものを1つ選択してください。

調査対象のうち64.6%が「物流2024年問題」について認知しているという結果になった。また、24.5%はその概要について説明ができると回答した。一方、19.9%は「物流2024年問題」という言葉を聞いたことがないと回答した。

選択肢

  • 「物流2024年問題」を知っていて、説明もできる
  • 「物流2024年問題」を聞いたことがあるが、詳しくはわからない
  • 「物流2024年問題」という言葉を聞いたことがない
  • わからない / 回答したくない

 

Q. 「物流2024年問題」について何か対策をしていますか?最も当てはまるものを1つ選択してください。※「物流2024年問題」認知者に質問

「物流2024年問題」に対する対策については、31.3%が何らかの対策をしていると回答した。一方、58.3%は対策をしていないと回答し、ボリュームゾーンとなった

選択肢

  • 「物流2024年問題」について個人でも対策をしたり、対策をしている企業などに協力している
  • 「物流2024年問題」について特に対策をしていない
  • その他
  • わからない / 回答したくない

 

Utillyについて

Utilly( https://utilly.jp/ )は、株式会社GO TO MARKET( https://go2mkt.co.jp/ )が運営する、ビジネスパーソン向けの法人SaaS比較メディアです。法人サービスに関するコンテンツやホワイトペーパーの掲載ポータルなどの機能を提供しています。

本リリースの内容(使用画像、グラフ素材含む)は転載が可能です。本リリースを他メディアにて参照される際は必ず本ページのURLおよびメディア名「Utilly」を記載ください。

 

Ads
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。