【Utilly】表計算ソフトの利用に関する調査

Microsoft Excelがトップ。Googleスプレッドシート・Numbersの割合が増加 | 表計算ソフトの利用に関する調査(2024年4月)

【Utilly】表計算ソフトの利用に関する調査

法人SaaSの比較メディアUtilly(運営会社:株式会社GO TO MARKET、所在地:東京都渋谷区)では、2024年4月に表計算ソフトの利用に関する調査を実施しました。

本リリースの内容(使用画像、グラフ素材含む)は転載が可能です。本リリースを他メディアにて参照される際は必ず本ページのURLおよびメディア名「Utilly」を記載ください。

調査について

調査の背景

本調査では20歳以上60歳未満の社会人に表計算ソフトの利用に関するアンケート調査を実施しました。

調査概要

本アンケート調査の概要は以下の通り。

・調査実施日:2024年4月1日
・調査人数:357人
・居住地:全国
・性別:男女
・年齢:20歳以上60歳未満
・職業:公務員、経営者、役員、会社員(事務系/技術系/その他)
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査メディア:Utilly(ユーティリー)URL | https://utilly.jp/

※前回調査「Microsoft Excel(エクセル)が8割のシェア | 表計算ソフトの利用状況に関するアンケート

調査結果サマリ

調査結果のサマリは以下の通り。

サマリ

  • 表計算ソフトの利用率は61.9% 。
  • 最も利用頻度の高い表計算ソフトはMicrosoft Excel 。
  • 前回2022年5月実施の調査結果と比較すると、Microsoft Excelの利用率が減少した一方でGoogleスプレッドシートおよびNumbersの利用率が増えている結果となった。

Q.お仕事で表計算ソフトを利用しますか?最も当てはまるものを1つ選択してください。

対象者の表計算ソフトの利用状況について、61.9%が仕事で利用すると回答した。

選択肢

  • 表計算ソフトを利用する
  • 表計算ソフトは利用しない

 

Q.お仕事で最も利用頻度の高い表計算ソフトを1つお答えください。

表計算ソフト利用者を対象に最も利用頻度の高いソフトを調査したところ、Microsoft Excelが最も高割合で76%であった。前回調査結果(※1)と比較すると、GoogleスプレッドシートおよびNumbersの割合が伸びていることが分かった。Googleスプレッドシートは前回3.0%に対し本調査では8.6%であった。Numbersは前回1.3%に対し本調査では6.3%であった。
<※1> 2022年5月の「表計算ソフトの利用状況に関するアンケート」結果

選択肢

  • Microsoft Excel  インストール版
  • Microsoft Excel  オンラインブラウザ版
  • Googleスプレッドシート
  • Numbers
  • LibreOffice
  • Apache Open Office
  • WPS Office Spreadsheets  キングソフト
  • 答えられない

Utillyについて

Utilly( https://utilly.jp/ )は、ビジネスサービスをわかりやすく解説する法人サービス比較メディア。法人サービスのレビューコンテンツやホワイトペーパーの掲載ポータルなどの機能を提供しています。価値ある新しいテクノロジーやWebサービスをわかりやすく伝え、 読者の仕事体験をよりよくしていきます。

本リリースの内容(使用画像、グラフ素材含む)は転載が可能です。本リリースを他メディアにて参照される際は必ず本ページのURLおよびメディア名「Utilly」を記載ください。
Ads
【Utilly】表計算ソフトの利用に関する調査
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。