採用代行サービス(RPO)おすすめ7選を比較紹介!費用相場や依頼できる内容、注意点などを合わせて紹介

深刻な人手不足から、多くの企業で効率的に優秀な人材を採用することが求められています。こうした状況下で、昨今、企業の採用活動をサポートするだけでなく、代行までできる「採用代行サービス」が登場しています。本記事では、採用代行サービス(RPO)の概要、依頼できる業務範囲、料金相場、メリット・デメリット、おすすめの企業などをわかりやすく解説します。採用活動でお困りの方、または、採用代行サービスの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次
Ads

採用代行サービスとは?

採用代行サービスはRPO(Recruitment Process Outsourcing)とも呼ばれ、採用に関する業務を代行してくれる人材サービスのことです。近年は採用手法の多様化により、ノウハウやデータの蓄積が容易ではなくなってきました。煩雑な採用業務の一部あるいはすべてを、プロに委託する企業が増えてきています。業務を外注することで、採用担当者は、説明会の実施や面接・選考といった、採用に直接関わるより重要な業務に専念できるようになります。

採用代行サービスに依頼できる内容

採用業務のほとんどが外注可能ですが、依頼できる範囲は企業によって異なります。ここでは、一例として、依頼できる内容を具体的にご紹介します。

採用計画の作成

採用や人事コンサルティングを得意としている企業の場合、採用計画や手法に関する戦略部分から、一緒に検討してくれることがあります。戦略立案から携わってくれれば、自社の採用方針を理解してもらいやすくなります。

求人広告の作成・掲載

求人を掲載する媒体の選定から広告作成、出稿などの依頼もできます。年間採用を行う場合、複数媒体を利用したい場合などは、一括で委託できるため、工数やコストの削減が期待できます。

Ads

求職者の管理・面接日時の調節

求職者の管理に関する業務は、採用代行で一番依頼されやすい業務です。媒体や人材紹介サービスを介して応募してきた求職者を管理する事務作業なので、そこまで高い専門性を持っていなくても対応できるからです。また、メールや電話にて、求職者に面接日時の調節も依頼できます。日時が確定したら、当日の詳細について事前確認メールを送ったり、電話確認を行ったりしてもらいます。

求職者の書類選考(スクリーニング)

求職者が増えれば増えるほど、それだけ書類選考担当者の負担も増します。そこで求職者の書類選考の基準が明確となっていれば、採用代行に求職者のスクリーニングも代行できます。

面接代行

言わずもがな面接代行も委託できます。求職者が遠方に住んでおり直接会えない場合や、人手不足に陥っている場合、または、面接経験に乏しい人材しかいない場合などに有効です。企業の希望に応じて、適切な人材を配置してもらうことも可能です。さらに、面接に同席してもらって目線合わせを行ったり、企業人事へのアドバイスをもらうことも可能です。

関連記事

採用戦略策定、媒体管理、イベント参加、候補者や社内の調整など大量の業務に向き合っている採用担当者は常にリソースがひっ迫しています。また、オンライン面接の主流化により面接オペレーションの再構築をしている企業も増えています。そのような流れの中で[…]

Ads

説明会代行

面接代行だけでなく、説明会を代行してもらうことも可能です。新卒向けの会社説明会や、中途向けの職種説明会などが挙げられます。説明会代行をお願いする場合は、事前に採用担当者と採用代行サービスで相談・調整を行う必要があります。また説明会用のスライドや資料作成も依頼できます。

スカウト・DMの配信・対応

各求人サイトでスカウトやDM配信が可能となったことで、結果的に採用担当者の業務が増えています。サービスによってはRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用し、自動配信を実現しています。また、システムを導入して対応している採用代行もあるため、マンパワー不足を感じている企業には代行がおすすめです。

Ads

その他の業務

その他の業務として、電話受付やSNS運用・分析、選考データのまとめ・分析、内定者フォロー、入社後研修の実施などを代行してくれるサービスもあります。

採用代行サービスの料金相場・費用相場

採用代行サービスの料金は、採用人数や委託する業務範囲、サービスによって大きく異なります。以下の金額は、あくまで目安としてご確認ください。

  • 新卒採用:5~70万円/月
  • 中途採用:10~70万円/月
  • アルバイト・パート採用:1~30万円/月

業務別の料金目安は、以下のとおりです。

  • DM・スカウト代行:3万円~/月
  • 媒体管理・運用:10~70万円/月
  • 媒体掲載:15万円~/月
  • 採用管理システム運用:10万円~/月
  • 選考日程調整:5万円~/月
  • 面接官代行:30万円~/月

採用代行サービスを導入するメリット

メリット1.採用活動が効率化する

採用代行サービスは豊富な実績とノウハウを持っているため、自社に合った形で採用活動を行ってくれます。それゆえ、これまでは試せなかった採用活動も可能となり、優秀な人材を採用できる確率も高まるでしょう。

メリット2.採用コストを削減できる

新たに社員を採用することで人手不足を解消できますが、採用代行サービスを利用するほうがコスト的に割安になるケースがあります。しかも、採用に関するプロに委託することで、採用活動の工数を削減できるだけでなく、採用力の強化も期待できます。

メリット3.採用担当者が重要な業務のみに集中できる

採用業務をプロに委託することで、採用担当者の負担は大幅に削減できます。その結果として、採用担当者はコアの業務のみに集中できるようになります。それゆえ従業員の仕事に対する満足度や業務の質の向上が期待できます。

採用代行サービスを使用する際のポイント・注意点

注意点1.自社に採用ノウハウが蓄積されない

採用代行を利用することで、社内にノウハウは蓄積されにくくなります。自社の採用担当者の業務やスキルアップの機会が減ってしまうため、育成が進まないからです。そのため完全に任せ切るのではなく、定期的に情報共有・連携してもらうことが重要です。

注意点2.求める人物像に合わない人を採用する可能性がある

採用代行を利用すると、自社が求める人物像とは異なった人材を採用してしまう可能性があります。採用代行サービスとの認識の齟齬が大きければ大きいほど、発生しやすくなります。そのため、積極的に自社を理解しようとし、かつ、連絡を取りあってくれるサービスを選ぶことをおすすめします。

注意点3.柔軟な対応ができない可能性がある

採用代行サービスはあくまで代行なので、柔軟な対応はできない可能性があります。自社に逐一確認を取らなければならないことから、最終的に手間やコストが発生してしまうことも想定されます。そのため、利用する場合は、あらかじめデメリットを理解しておきましょう。

採用代行サービスを選ぶ際のポイント

ポイント1.請け負ってもらえる業務内容

採用代行サービスは依頼する業務をカスタマイズできますが、依頼できる範囲はサービスによって異なります。それゆえ自社がお願いしたい業務を請け負ってもらえるかチェックしておく必要があります。また、その際、依頼する業務範囲の責任の所在を明確にしておくことが欠かせません。曖昧な部分を残してしまうと、思わぬトラブルを招いてしまうこともあるからです。情報や書類の取り扱い方、フローなども事前に決めておくのが得策でしょう。

ポイント2.円滑にコミュニケーションが取れるか

採用業務を委託するなら、円滑にコミュニケーションが可能かどうかは確認しておきたいポイントです。こまめに連絡を取り合うことで、認識のずれを解消・緩和できるだけでなく、迅速かつ適切なアプローチを実現できるからです。また、連絡頻度や手段の確認にとどまらず、定期レポートのチェックやMTの頻度なども、事前に知っておけるのが望ましいでしょう。

ポイント3.金額・予算

採用代行サービスを選ぶ際には、費用の試算をしっかり行っておくことが重要です。採用活動のほんの一部なのか、大部分なのかによって費用が変わってくるだからです。また、採用代行サービスによっても、金額は大きく異なります。それゆえ、たとえ同じ業界であっても、他社事例はあくまで参考程度にとどめ、自社の場合はどれほどの金額感になるのか見積もりや試算を行っておきましょう。

ポイント4.自社の社風・文化を理解してくれているか

採用代行サービスが、自社の社風や文化を理解してくれるかも確認が欠かせないポイントです。自社を深く理解してくれれば、それだけ自社に合った採用方法で採用活動を進めてくれるでしょう。反対に、自社を理解せずに、採用代行サービス側のやり方や方針で進めてしまうサービスは、今後のためにも利用を避けたほうがベターでしょう。

ポイント5.信頼できる実績があるか

最後に採用代行サービスの実績も確認しておくことをおすすめします。実績数が多ければ、それだけ信頼できる客観的な証があることになります。その際、自社の業界での実績があるかをチェックしておきましょう。導入実績があれば、すでに自社業界に関するナレッジやノウハウが蓄積されている可能性が考えられます。

おすすめの採用代行サービス7選

採用代行サービス1.株式会社ネオキャリア

株式会社ネオキャリアは、採用支援アウトソーシングを提供している企業です。2021年12月時点で、累計10,000社、年間800社以上の導入実績があります。自社のニーズに合った戦略や採用フローを設計し、専任チームスタッフが全面的に対応してくれます。契約締結後から、最短1週間で導入可能です。契約前のお問い合わせからヒアリング、プランの提案、契約までのフローは無料で対応してくれます。

ポイント

  • 採用計画の相談から面接代行まで、顧客の状況に合った支援が可能
  • 採用専門の大型コールセンターを保有しており、応募者を逃がさない体制を敷いている
  • 料金プランは月額10万円~(月額10万円の場合は30時間程度まで対応可能)

採用代行サービス2.株式会社ダイレクトソーシング

株式会社ダイレクトソーシングは、国内大手・外資からベンチャーまで、幅広い企業にダイレクトリクルーティングを提供する企業です。データに基づいたダイレクト採用の戦略立案から実行まで支援してくれます。また深い知見を持った最適な人材で採用支援を行ってくれます。実際に採用支援には、契約締結から2週間の準備期間が必要です。

ポイント

  • 過去35万件、全20種類以上の媒体のソーシングデータを独自に保有している
  • クラウドレポートで採用のPDCAサイクルを高速で回せる
  • 料金に関しては、直接お問い合わせください

採用代行サービス3.株式会社キャスター

株式会社キャスターは、企業の採用支援を行っています。2021年12月時点で、累計350社以上の採用支援実績があります。基本的に3名のチーム体制で行い、データを根拠に採用業務を進めるのが特長です。SlackやChatworkなどのチャットツールでやりとりできます。最短1週間で通常運用が可能です。

ポイント

  • 戦略立案から応募者対応まで一連の採用業務を代行可能
  • 利用企業の月間内定数は400件以上
  • レギュラープランは月額38万円(税抜き)、プレミアムプランは月額66万円(税抜き)、カスタマイズプランは要別途見積もり

採用代行サービス4.株式会社キャリアマート

株式会社キャリアマートは、採用に関するすべての業務をコンサルティング・代行で支援する企業です。2021年12月時点では、支援実績は20年間で19,000社以上に上ります。採用アウトソーシング(RPO)のみならず、採用ロボット(RPA)やコンサルティング、ツールの提供なども行っています。

ポイント

  • 数名の採用から100名以上の大規模採用まで対応可能
  • 1日600件のスカウト配信もミスなく1時間で対応できる
  • 料金に関しては、直接お問い合わせください

採用代行サービス5.株式会社レジェンダ

株式会社レジェンダは、採用アウトソーシングやコンサルティング、人事労務代行などを提供する企業です。2021年12月時点で、累計739社の顧客を支援してきました。採用市場調査から採用計画立案、社内プロモーション、求人媒体管理、インターンシップやイベント運営まで幅広い業務委託が可能です。

ポイント

  • スタッフが常駐し、採用活動を支援することも可能
  • リファラル採用、ダイレクトリクルーティングの支援も対応可能
  • 料金に関しては、直接お問い合わせください

採用代行サービス6.株式会社ディスコ

株式会社ディスコでは、採用・教育業務のすべてに対応したアウトソーシングを提供しています。ほかにも新卒向けの就職メディア、キャリア支援クラウドサービス、転職紹介サービスなどを展開しています。企業のみならず、大学や専門学校向けにもアウトソーシングサービスを提供しています。

ポイント

  • 採用プロセスの企画立案および業務フローの構築をサポートしてくれる
  • 企業から継続率が9割を超える高い満足度を得ている
  • 料金に関しては、直接お問い合わせください

採用代行サービス7.株式会社ツナグ・ソリューションズ

株式会社ツナグ・ソリューションズは、採用業務を代行し、採用に関する悩みをサポートしてくれます。新卒や中途のみならず、アルバイトやパートの採用支援も行ってくれます。

ポイント

  • 専門コンサルタントがパートナーとしてサポートしてくれる
  • 実務業務代行とコンサルティングの両面からのサポートが可能
  • 料金に関しては、直接お問い合わせください

自社にあった採用代行サービスを活用しよう

採用代行サービスを利用することで、採用担当者の負担が減るだけでなく、採用力の強化やコスト削減が期待できます。ただし利用コストはかかってしまうため、自社に合った採用代行サービスを見つけることが欠かせません。本記事を参考にしながら、自社に最適な採用代行サービスを選んでみてください。

あわせて読みたい

関連記事

採用業務は、採用スケジュールの決定から始まり、説明会、選考、内定式、入社までの一連のフローを一手に担うため、かなりのコストや時間がかかるものです。こうした採用業務をシンプルにして効率化できるのが「採用管理システム」です。本記事では、採用管理[…]

関連記事

昨今の人手不足が原因で、企業が高卒採用を実施するケースが増えています。とはいえ、これまで大卒や中途採用をメインに行ってきた企業にとっては、あまりなじみのあるものではないでしょう。高卒採用には、独自のルールやスケジュールが定まっていることから[…]

Ads
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。