SaaS管理ツールは必要?SaaS管理ツールのメリットや比較ポイントを解説

業務においてSaaSを使う機会は爆発的に増えました。業務でSaaSに触らない日はないと言っても過言ではありません。チームによっては複数どころか10を超える多くのSaaSを使うケースも多いかと思います。SaaSは便利である反面利用サービス数が増えると管理も煩雑になってきます。本記事では業務で利用するSaaSを一元管理するためのツールについて解説をします。

Ads

SaaS管理ツールとは

SaaS管理ツールは複数のSaaSのアカウントを一元管理できるツールです。SaaS管理ツールを使うことで従業員の増減に応じてSaaSのアカウント管理を手軽に行うことが可能です。これによって業務効率化はもちろん、アカウント削除忘れなどの不要な支出をおさえることができます。

この記事の読者におすすめのサービス

BUNDLE | バンドル

Why株式会社

SaaS一元管理ツールBUNDLEでは、SaaSアカウントの自動棚卸しや、アカウントの自動発行ができます。

なぜSaaS管理が必要なの?

増えるSaaSは業務の主流に

大前提としてSaaSの利用は年々増加しています。調査会社ガートナーのデータによると、SaaSの普及率は2012年の20%強から、2021年で39%まで上昇しています。コロナ禍を契機に普及率は劇的に高まっています。テレワークへの業務シフトが普及を後押ししたとも考えられます。

Ads

高まるSaaSアカウントの管理負荷

SaaSの普及率が増加するということは、同時に管理工数も増加していることを意味します。従業員ごとにアカウントを発行するタイプのSaaSでは、入社や退社によるアカウントの変更が必須になります。もちろん、異動や昇進などによる権限変更も発生します。従業員規模が大きくなればなるほど管理負荷は高まっていきます。工数およびセキュリティ観点がSaaS管理の負荷となってきました。

SaaS管理ツールのメリット

SaaS管理の負荷が高まるとともに、一元管理できるツールのニーズも高まってきました。それではSaaS管理ツールにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

アカウント管理の効率化

最大のメリットはアカウント管理の効率化です。SaaS管理ツールを使うことで一つのダッシュボードの操作で複数SaaSのアカウント管理が可能になります。各SaaSの管理画面に一つ一つログインして設定を行う必要は無くなります。

SaaS管理ツールを使うことで、個人アカウントをリスト管理できるので、誰がどのSaaSをどのような権限で利用しているかが一目でわかるようになります。

Ads

SaaS管理コストの削減

SaaS管理ツールはコストの削減にも寄与します。使用されていないアカウントの削除を適切に行うことで無駄なコストを省くことができます。また、利用率の低いSaaSがある場合は見直しの契機にもなります。横並びで管理できるメリットです。

セキュリティリスクの低減

SaaS管理ツールの導入はセキュリティリスクの低減にもつながります。セキュリティ観点で近年問題になっているシャドーITなどの撲滅にも寄与します。シャドーITとは、企業が知らないうちに個人などで使われているサービスが混じっている状態です。マルウェア感染や情報漏洩などを把握できないためリスクが高い状態といえます。SaaS管理ツールの導入は社内の利用SaaSの見える化につながり、セキュリティ観点でも重要であると言えるでしょう。

Ads

SaaS管理ツールの比較ポイント

SaaS管理ツールはどのように選べばよいのでしょうか?SaaS管理ツールの比較ポイントを以下に整理しました。

対応SaaS数

管理ツール最大のポイントは対応SaaS数です。対応数が少ない場合は管理漏れが発生するなどSaaS管理の主旨から外れてしまいます。最低限現在社内で使っているSaaSは対応できているか確認をしましょう。そのうえで今後の新規SaaS導入を考慮し対応数を必ず確認しましょう。

人事システム/SSOサービスとの連携

SaaSアカウントの管理には組織情報や個人情報が必要になります。このため人事システムとシームレスに連携しているSaaS管理ツールの方がより効率的に活用できます。そのため、入退社手続き使用する労務管理システムなどと連携できるツールが人的なミスを防ぐ上でもおすすめといえます。OktaやGoogle WorkspaceなどのSSOサービスも個人情報と密接に結びつくため、連携状況は確認した方がよいでしょう。

おすすめのSaaS管理ツールを紹介

BUNDLE(バンドル)

BUNDLEはSaaS管理の効率化を実現する管理ツールです。BUNDLEを使うことで、SaaSのアカウント開設作業の効率化や、アカウント見直し作業の自動化を行うことができます。ダッシュボードでは利用状況が簡単に把握できることに加え、非アクティブなユーザーを自動検知する機能もあります。

ポイント

  • アカウントの自動発行/制御が可能
  • 各SaaSユーザーのアクションログの監査が可能
  • 初期費用はなし。ユーザー数に応じた課金体系(要問い合わせ)
BUNDLE | バンドル

Why株式会社

SaaS一元管理ツールBUNDLEでは、SaaSアカウントの自動棚卸しや、アカウントの自動発行ができます。

 

メタップスクラウド

メタップスクラウドは、SaaSアカウントの一括管理やログ取得が可能なSaaS一元管理ツールです。メタップスクラウドの特徴は3点で、利用者分析などの可視化機能、組織・アカウントに紐づくSaaS管理の効率化、そしてIP制限やセキュリティルール付与可能なセキュリティ性能です。

ポイント

  • 「可視化」「管理」「セキュリティ」を両立させたSaaS管理ツール
  • Windows、Mac、iOS、Androidなどマルチプラットフォームへの対応
  • 料金はユーザー単位の従量課金タイプ

ITboard

ITboardはソフトバンクグループが提供するSaaS管理ツールです。利用中のSaaSを登録し、全社・組織別・製品別で利用料金をダッシュボードで可視化が可能です。契約更新タイミングのアラート通知などSaaSのコスト管理にも秀でた機能を有しています。

ポイント

  • ソフトバンクグループが提供するSaaS管理ツール
  • 従業員単位でSaaS利用の分析や管理が可能

ジョーシス

ジョーシスはITデバイスとSaaSの統合管理システムです。ジョーシスは社員×デバイス×SaaS単位で利用管理ができる点が特徴です。アカウントの発行から削除までジョーシスの管理画面で一括対応が可能。また、シャドーIDなどの検知機能もついています。

ポイント

  • デバイス×SaaSの利用状況を分析・管理が可能
  • アカウント発行から削除まで一括管理できる
  • 料金は要問い合わせ

おわりに

SaaSの大普及にあわせてSaaSの一元管理ツールのニーズは劇的に高まっています。自社の組織カルチャーや利用SaaSと照らし合わせながら最適なSaaS管理ツールを検討してみてはいかがでしょうか。

Ads
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。