決済代行サービスとは?5つの比較ポイント・導入のメリット

クレジット・QRコード・コンビニ決済など、キャッシュレス化の浸透にともない現代には様々な決済手段が増えてきました。決済の選択肢が豊富だと、消費者にとっては便利なものです。しかしながら決済方法が増えるほど、それだけ事業者側は手間と時間を要します。そのため多くの決済業務を抱え、負担が感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合に導入を検討したいのが、決済代行サービスです。本記事では決済代行サービスの概要やメリット、選ぶ際のポイント、おすすめのサービスをご紹介します。

決済代行とは?

決済代行とは、決済代行会社やサービスが事業者に代わって決済を代行する仕組みのことです。事業者の決済業務の負担軽減を目的としたビジネスモデルになっています。ときに「収納代行」や「集金代行」とも呼ばれます。事業者は決済代行を採り入れることで、本来かかっていた決済手段ごとに必要な契約や清算の一元化、入金の早期化などのサービスを受けられます。BtoB向けの決済代行サービスの場合は、請求業務の代行サービスを指すこともあります。

Ads

決済代行の役割

決済代行の役割は、事業者に対して契約手続きやシステム構築などの支援を行うことです。具体的には、以下3つの代表的な役割があります。

  • 事業者が求める決済機関との契約手続きを代行する
  • 決済システムを構築・提供する
  • 各決済機関と事業者を仲介し決済処理や入金を行う

現代にはクレジットカードやキャッシュレス、電子マネー、キャリア決済など多様な決済方法があります。決済代行はこうした各決済システムに対して、契約から運用まで一括で代行してくれます。

決済代行の仕組み

本来であれば、導入する決済手段ごとに契約や手続きを行わなくてはなりません。たとえばクレジットカードの5大ブランド(Mastercard、American Express、VISA、JCB、Diners)のすべてを揃えようとすると、1社ずつ交渉・契約する必要があります。各カード会社に独自の審査基準や手続きがあるため、導入するまでに一苦労します。しかし、決済代行は事業者と決済機関の間を取り持ち、こうした手間や手続きを代わりに担ってくれるため、事業者の負担を軽減してくれます。

決済代行サービスを利用する3つのメリット

ここからは決済代行サービスを利用することのメリットをご紹介します。

Ads

メリット1.決済手段を選択しやすくなる

決済代行サービスを利用すると、決済手段を選びやすくなります。決済代行サービスを通さずに各種決済サービスを導入する場合、各決済機関とやりとりしなくてはなりません。現在の決済サービスは多様化しているため、並行して複数の契約を進めるとなると、多大なコストが発生します。また後払いやコンビニ払いは、知識やノウハウなしでは実現が困難といわれています。決済代行サービスは労力を最小限に抑えつつ、導入したい決済手段を選べるのが大きなメリットといえるでしょう。

メリット2.契約を一本化し、手続きを一元管理できる

決済代行サービスと契約するだけで、複数の決済システムを同時に利用できます。決済代行サービスが一括で審査を代行してくれるからです。手続きに必要な書類もワンセットで済むため、契約の一本化や手続きの一元管理を実現できます。決済代行サービスは、スピーディーに複数の決済手段を揃えたい、あるいは手間や時間を省きたい事業者にむいています。

メリット3.強固なセキュリティを少ない負担で実現できる

オンライン決済は個人情報を扱う点からリスクを伴うため、高度なセキュリティ対策が欠かせません。そのため本来であれば多額な費用をかけて、セキュリティ要件を満たしたシステムの構築が必要です。しかし決済代行サービスではセキュリティ対策が施された決済システムを提供してくれるため、開発の工数やコストを最小限に抑えられます。

決済代行サービスを比較する5つのポイント

つぎに、決済代行サービスを導入する際に比較しておきたいポイントをご紹介します。

ポイント1.決済手段

一般的に、決済手段は充実していたほうが売上アップにつながります。そのため多数の決済手段を揃えているかを事前に確認しておくとよいでしょう。また消費者が求める決済手段に対応していないと、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性があります。それゆえターゲット層に即した決済手段を用意する必要があります。取り扱っている決済方法やクレジットカードのブランドはサービスによって異なります。なるべく決済手段が豊富であり、かつ自社が求める決済手段を提供しているサービスを選ぶことが重要です。

ポイント2.手数料

決済代行サービスを利用すると、決済手数料が発生します。売上の数%を毎回手数料として取られることになります。塵も積もれば山となるように、長期的な視点では、0.1%の違いも大きな差となってしまいます。また売上の増加に比例して、決済手数料も多額になりかねません。利用金額や件数に応じて費用が変わる場合もありますので、事前に見積もりを取って確認しましょう。

ポイント3.セキュリティ

オンライン決済は個人情報を扱うため、万全なセキュリティ体制を敷いておくことは最重要事項でしょう。もちろん決済代行サービスはセキュリティ対策を行っていますが、最良で万全の対策が施されているかは事前に確認しておく必要があります。とくに第三者機関の規格に準拠しているかを確認すれば、ある程度は判断できます。プライバシーマークやISMS認証、PCI DSSなどが代表的なものです。各種セキュリティ基準を満たしているかチェックすることもおすすめします。

ポイント4.システム仕様

決済代行サービスと契約すると、決済管理システムを使用することになります。決済代行サービスごとに独自のシステムを提供しているため、システム仕様や使用感を確認しておくことも欠かせません。はじめて利用するなら、誰でも簡単に操作できるシステムを推奨します。また自社サイトと連携可能か、決済処理が容易に行える機能は搭載されているかなどの観点も忘れずにチェックしましょう。

ポイント5.導入実績

決済代行サービスを利用することは、自社の売上金を一時的に預けることに変わりありません。いざ導入しても、サポートが充実していなかったりシステムトラブルが多発したりすると大変です。そこで信頼できる決済代行サービスか否かを判断するために、まずはホームページなどで導入実績を調べましょう。多数の導入実績があれば、導入した企業名が掲載されています。それらを参考にすれば、導入リスクを低減できます。

おすすめの決済代行サービス

Paid

Paid(ペイド)は、請求業務の手間と未回収リスクをゼロにする後払い決済サービスです。2021年9月時点で、4,000社以上に利用されています。与信審査や請求書発行、入金管理、督促など請求に関わる業務のすべてを代行します。また遅延や未払いが発生しても、100%代金を支払ってくれます。あらゆる取引形態で利用可能で、3営業日程度で取引を開始できます。取引先が個人事業主でも中小企業でも問題ありません。取引先の限度額は最大1,000万円までで、高額の取引にも対応しています。

ポイント

  • 請求代行と未払い時の保証がセットになっている
  • API連携でデータの自動送信・取り込みが可能
  • 初期費用・月額費用は0円、保証料率は請求金額の~2.9%、事務手数料は1件につき100円

Bizpay

Bizpay(ビズペイ)は、株式会社ペイジェントが提供するBtoB取引を対象とした決済代行サービスです。面倒なBtoB取引の料金回収業務を効率化できます。クレジットカード決済や銀行振込によって大幅な工数削減が期待できます。請求書でもオンライン決済のどちらも対応可能です。「1件ごとは少額だが、多くの取引先に請求する企業や事業者」に向いています。

ポイント

  • 企業のコストカットや経理担当者の工数削減、業務改善を期待できる
  • 複数のカード会社や他決済機関との契約・入金を一元化できる
  • 料金は要問合せ

決済手段が豊富で自社に合った決済代行サービスで、管理業務を効率化しよう

消費者が購入を決める際に、求める決済方法があるか否かがひとつの判断軸になるケースも少なくありません。決済代行サービスと契約すれば、幅広い決済手段を用意できるため、機会損失の減少や顧客流出を防げます。さらに契約や手続きを一本化できるうえに煩雑な業務を軽減できます。ますますキャッシュレス化が進む時代においては、決済にかかる負荷を減らすことは必須となるでしょう。自社に最適な決済代行サービスを選ぶことで、売上アップ・業務効率化を実現させてください。

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項