サジェストとは?検索できるおすすめツール5選やSEO対策への活用方法を紹介

サジェストとは、検索窓に入力したキーワードに伴い、次の候補となるワードが表示される機能です。サジェストキーワードは、検索ボリュームの大きさなどに比例して表示されることから、ユーザーの検索意図やニーズを把握でき、SEO対策としても活用できます。本記事では、サジェストに影響する要因やサジェストキーワードが実際にクリックされる割合、サジェスト機能をSEO対策に活用する方法などのほか、キーワード検索やSEO対策に活用できるツールなどを詳しく解説します。

Ads

サジェストとは?

サジェストとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索窓にキーワードを入力した際に、次の候補となるワードを自動で表示してくれる機能のことです。英語の「suggest」に由来しており、その意味の通り「提案」されたワードを、サジェストキーワードといいます。Googleなどのユーザーが実際に入力したキーワードを蓄積して、多く検索されているワードなどが表示されるので、入力したキーワードにおける検索者の意図やニーズを把握できます。そのため、設定したキーワードで作るコンテンツのSEO対策に活かせます。

サジェスト汚染とは?

サジェスト汚染とは、入力したキーワードに伴い表示されるサジェストキーワードがネガティブな言葉になる状態のことです。例えば、「A株式会社」と入力したときのサジェストキーワードが、「汚職」「ブラック」「炎上」などとなると、サジェスト汚染の状態です。サジェスト汚染は、ネガティブワードで数多く検索されているという証で、その検索数が増えると検索エンジンのクローラーはニーズがあると判断して、よりサジェストで表示されやすくなるという、悪循環に陥ってしまいます。サジェスト汚染を解決する方法はあるものの、完全に削除するのは難しく、情報拡散が簡単な現代では、マイナスイメージが一気に浸透する恐れがあります。

サジェストキーワードに影響する主な3つの要因

サジェストキーワードの表示には、主に以下の要因が影響しています。

要因1.検索ボリューム

検索ボリュームとは、1つのキーワードが全ユーザーから検索された回数のことです。検索ボリュームが大きいほど、より関心・ニーズが高いとGoogleなどの検索エンジンが判断するため、サジェストキーワードとして表示されやすくなります。検索エンジン側は、ユーザーの利便性を高めるために日々アップデートを重ねているので、検索ボリュームによるサジェストキーワードは日々変化しています。

Ads

要因2.検索者の現在位置

例えば、Googleで「カフェ」と検索すると、近くにあるカフェの情報がサジェストされます。このように、ユーザーが地球上のどの地点で検索しているのかに応じて、サジェストキーワードは変化します。

要因3.検索履歴

サジェストキーワードは、ユーザーの過去の検索履歴にも左右されます。検索エンジンは、過去に検索したワードがユーザーの関心が高いものと判断し、サジェストに上位表示する仕組みとなっています。これらのアルゴリズムにより、ユーザーは興味や関心のある情報をいち早く入手できることになります。

サジェストがクリックされる割合

サジェストキーワードが、実際はどのくらいクリックされているかの調査を、SEOの専門家であるブライアン・ディーン氏が行っています。Backlinko」というSEO戦略に関するブログ&YouTubeチャンネルを運営している同氏は、米国を拠点とする454人のユーザーを対象に、Google検索をどのように使用しているかの調査・分析を行い、結果をBacklinkoで公開しています。これによると、検索者の1/4にあたる23%の人が、サジェストキーワードの中の1つを選んでいることがわかりました。つまり4人に1人が、少なくとも1つのサジェストキーワードを選んでいることになります。

Ads

サジェストをSEO対策に活用する3つの方法

続いて、サジェストをSEO対策に活用する方法を説明します。

方法1.対策キーワードの選定

サジェストキーワードは、多くの人が検索した結果なので、ユーザーニーズや検索意図を把握できます。これらを活かして、コンテンツなどを作成する際のSEO対策ワードを見つけやすくなります。

Ads

方法2.コンテンツの構成に含めるキーワードの選定

サジェスト機能を使えば、特定のワードから派生するワードやニーズがわかるので、これらをコンテンツに活かすことで、よりユーザーが求める内容に仕上げることが可能となります。

方法3.既存のコンテンツのブラッシュアップ

ユーザーニーズは日々変化するので、一度作成したコンテンツでも、現在そのニーズを満たせているとは限りません。サジェストキーワードは頻繁なアップデートが行われているので、定期的に確認することで、既存コンテンツの適切なブラッシュアップにつながります。

サジェストを検索できるおすすめツール5選

ここからは、サジェストキーワード検索や、SEO対策に活用できるツールを紹介します。

ツール1.Ahrefs

Ahrefs(エイチレフス)」は、全世界で利用されているSEO分析ツールです。コンテンツ設計に必須のキーワード分析のほか、自社サイトや競合サイトのSEOに関するさまざまな分析ができます。また、多彩な機能を搭載しているので、目的に合わせた分析が可能となります。

ポイント

  • SEO対策に必要なさまざまな機能を有するオールインワンセット
  • チャットによる24時間年中無休のサポート体制
  • 「ライトプラン」99$/月~

Ahrefsは無料の学習ドキュメントやサポートコミュニティが充実しているオールインワン型のSEOツールです。

ツール2.Keywordmap

Keywordmap」は、SEO対策に必要な関連キーワードを的確に選定し、マインドマップで見やすくするツールです。キーワードの競合性や関連性、検索ボリュームなどをマップ形式でわかりやすく可視化するので、作業時間の短縮にもつながります。 

ポイント

  • 「BOXIL SaaS AWARD2021」でマーケティング部門受賞
  • 国産ツールで、日本の企業の導入実績が豊富
  • 7日間全機能を利用できる無料プランあり。有料プランは要相談

ツール3.TACT SEO

TACT SEO」は、SEO上の課題を自動抽出できるのが最大の特徴のSEO支援ツールです。SEO課題の発見のほか、 キーワード調査や日々の検索順位チェックなど、SEO対策に必要な機能を1つのツールで利用できます。

ポイント

  • 利用企業が3,200社以上で、30秒で簡単申込みができる
  • 競合サイトとの比較で自社サイトの課題を発見できる
  • 初期費用無料 月額利用料金50,000円/月~

ツール4.ミエルカ

ミエルカ」は、キーワード調査やSEO解析などの機能を備えたコンテンツマーケ・オウンドメディア・SEO対策分析サービスです。ツールの提供だけではなく、カスタマーサクセスのサポートと、Webマーケティングを学習できる動画コンテンツ&セミナーも合わせた、手厚いサポートが特徴です。

ポイント

  • 「ITreview Grid Award 2022 Winter」SEOツール等のカテゴリで「Leader」を受賞
  • 1,500社以上の利用実績がある
  • 無料のトライアルあり

ツール5.OMUSUBI

OMUSUBI」は、Google、YouTube、Wikipedia、Bingなどのサジェストキーワードをマインドマップ化するツールです。検索ボリュームを調べることはできないものの、視覚的にわかりやすく、気軽に使えるツールです。

ポイント

  • サジェストキーワードがマップで可視化されるので重要な関連語がわかる
  • Google以外のサジェストキーワードにも対応している
  • 無料で利用できる

サジェスト検索ツールを活用して、SEO対策を行おう

サジェストキーワードは、検索ボリュームが大きいほど表示されやすくなることから、ユーザーの検索意図やニーズを把握でき、SEO対策としても活用できます。コンテンツに含めるワードの選定や既存コンテンツの改善などにも有効活用できます。実際に対策を行うには、サジェスト検索ツールを利用すると効率的に進められ、手間や人件費などのコスト削減にもつながります。ツールにはそれぞれ強みとなる特徴があるので、自社の目的に合ったツールを選んで、効果の最大化を図るようにしましょう。

Ads
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。