おすすめの動画マニュアル作成サービス7選!メリット・デメリット比較ポイントも解説

業務内容を教えるために必要となるのがマニュアルです。業種や内容によっては文章や画像マニュアルで伝えるのが難しいケースも多々あります。そのような時に便利なのが動画マニュアルです。本記事では動画マニュアル作成のポイントやおすすめの動画マニュアル作成ツールをご紹介します。

Ads

動画マニュアル作成サービスとは

動画マニュアル作成サービスは、業務内容などのマニュアルを作成する際に動画でわかりやすく伝えることができるサービスです。文章や画像などで伝えるのが難しい内容を動画化することでわかりやすく伝達できる点が魅力です。編集が簡単なツールも多いため、特別なスキルや専門性は不要で誰でもマニュアル作成ができます。作成したマニュアルはクラウドに保存ができるため、端末を問わずにいつでも視聴できたり、シェアも簡単です。

動画マニュアルの種類

訴求力が魅力の動画マニュアル作成サービスでは様々な種類の動画を作成可能です。実際にどのような動画の種類があるのでしょうか。主なマニュアル用途を以下にまとめました。

メモ

  • 業務マニュアル:業務の手順や具体的な方法を動画で解説する
  • 研修動画:セミナー形式で業務説明が可能
  • プレゼン動画:プレゼン形式でサービス・商品・会社などの紹介が可能
  • サービスのチュートリアル:画面収録でサービスの使い方を解説
  • 商品の使い方:商品の使い方を動画で解説

本記事の読者におすすめの動画マニュアルサービス

VideoStepは、社内に存在する情報の壁を取り除き、簡単に動画でナレッジ共有するサービスです。

動画マニュアル作成サービスのメリット

動画マニュアル作成サービスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。サービス利用の魅力について解説します。

Ads

訴求力が高く、わかりやすい

動画の魅力は視覚的にも聴覚的にも訴求ができる点です。文章や静止画と比較しても情報量が多く誰でも内容をイメージしやすい点がメリットといえるでしょう。例えば、飲食や製造業、小売など実技的な要素がある業種にとっては細かな動きのニュアンスを伝える際にも重宝します。

解釈の違いが起きにくい

静止画ではどの瞬間を切り取るしかないないことに対し、動画では一連の流れを映像を見せることができます。これによって解釈の違いが起きづらくなります。例えば、接客や物理的な作業などは、動画で一連の動きを真似ることで解像度高く業務理解をすることができます。

多拠点・リモートワークにも対応

基本的に動画マニュアルサービスはクラウド型のサービスであるため、インターネットさえつながっていれば場所や端末を問わずに視聴が可能です。紙のマニュアルのように持ち運ぶ必要はありません。リモートワークや多拠点での運営の場合も問題なく共有が可能です。

Ads

進捗管理がしやすい

動画形式なのでどこまで視聴したかのトラッキングが容易にできます。前回視聴し終わった地点から再開することも容易にできます。また、動画の視聴進捗を可視化できるため管理者目線でもマネジメントしやすい点が魅力として挙げられるでしょう。

紛失リスクが少ない

紙のマニュアルは常に紛失のリスクあります。特に業務マニュアルは機密性の高い書類ですので、会社の一大事になりかねません。動画マニュアルはクラウド保存のため、物理的に持ち運ぶ必要がありません。このため、置き忘れの懸念は無くなります。アカウントアクセス管理や動画削除対応などができるため、万が一の事態が生じた場合でも被害を最小限に抑えることが可能です。

Ads

言語面も最適化が可能

多言語でマニュアル説明が必要な場合も動画マニュアル作成サービスは優れています。翻訳・字幕機能も付いている動画マニュアル作成サービスもあるため、通訳のために動画を撮りなおしたり、翻訳のために編集をし直す必要もなくなります。

動画マニュアル作成サービスのデメリット・注意点

一方で動画マニュアル作成サービスには気をつけるべきデメリットもあります。

端末環境を整備する必要がある

端末環境に個人差がある場合は動画マニュアルはデメリットになり得る場合があります。基本的に動画視聴にはスマートフォンやタブレット、PCが必要です。このような端末を利用できる環境にない場合、あるいは従業員によって利用端末に差がある場合は注意が必要です。会社側で端末を用意するのか、従業員の端末に委ねるのかなどの判断が必要になります。

規則やルールには向かない

動画は細かいニュアンスや一連の流れを伝える訴求力が強みである一方で、規則やルールチェックのようにテキストで瞬時に確認したい場面には不向きです。どのようなフォーマットでマニュアル化するのかを事前にプランニングする必要があります。

動画マニュアル作成サービスの比較ポイント

動画マニュアルサービスの導入に際してどのような点を注意する必要があるでしょうか。比較ポイントについて簡単に整理します。

操作性や扱いやすさ

マニュアル動画の編集のしやすさは重要なポイントです。編集の操作性が悪い場合に不必要な工数がかかってしまいます。意図する編集機能はあるかそして操作性は良いかを必ず確認しましょう。また、専門性が不要で初心者でも扱いやすいユーザビリティになっているかもあわせてチェックしましょう。サービスによってはスマホで撮影しながらその場でアップロードできるものもあります。撮影から編集までのハードルを下げる扱いやすさがあるかは比較ポイントとなります。

確認点

  • 編集画面が難解ではないか
  • 端末の制約を受けずに撮影や編集ができるか
  • 必要な編集機能は揃っているか

 

マニュアル活用に向けた機能

作成したマニュアルをいかに活用してもらうかも大事なポイントです。どれほど優れたマニュアルを作成しても使われなければ意味がありません。マニュアル活用に向けて必要なポイントは以下です。

確認点

  • 検索性は高いか
  • デバイスの制限はないか
  • コメントやシェアのような機能はあるか

進捗管理機能

管理者の立場でマニュアルの進捗確認は大事な論点となります。従業員ごとに進捗率を可視化できる。アンケートやテストなどで習熟度を確認できる。など管理者向けの機能がどの程度充実しているかを確認しましょう。

確認点

  • 進捗管理機能はあるか
  • アンケートやテストなど習熟度を確認できる機能はあるか

会社ごとの事情に合っているか

会社の業務環境にあっているか確認しましょう。例えば、グローバルなコミュニケーションの必要がある場合は対象言語の自動翻訳が可能かは重要な論点となります。また、リモートワークが主要な勤務スタイルの場合はサービスの視聴環境に制限がないかを確認しましょう。

おすすめの動画マニュアル作成サービス

最後におすすめの動画マニュアル作成サービスを紹介します。

VideoStep(ビデオステップ)

VideoStep(ビデオステップ)はクラウド型の動画マニュアル作成サービスでVideoStepの魅力は撮影から編集までマニュアル作成のハードルがとても低い点です。スマホアプリ対応なので簡単に撮影ができますし、編集もパワーポイント感覚でサクサク操作できます。また、AIを活用した機械翻訳・音声読み上げ・文字起こしなど編集工数を削減する豊富な機能も活用できます。

ポイント

  • スマホでもマニュアル素材の撮影が可能
  • 編集はパワーポイントのような操作感で直感的
  • 機械翻訳や文字起こしなど、AIを活用した支援機能が充実

VideoStepは、社内に存在する情報の壁を取り除き、簡単に動画でナレッジ共有するサービスです。

tebiki(テビキ)

tebiki(テビキ)はスマホで撮影するだけで誰でも簡単に動画マニュアルが作成できるサービスです。100ヶ国語に対応している機械翻訳機能があるため、多言語環境が前提となる会社では重宝するサービスとなりそうです。

ポイント

  • スマホで簡単に撮影できる
  • 機械翻訳機能は​​100ヶ国語に対応
  • 詳細な分析レポートでマニュアル活用を管理
tebiki | テビキ

Tebiki株式会社

tebiki(テビキ)は動画マニュアル作成ツールです。スマホで動画を撮影するだけで、音声認識システムにより字幕が自動生成されます。シンプルで使いやすいソフトになっているため、導入すれば誰にでも簡単に動画マニュアルを作成できます。

soeasy buddy

soeasy buddyはクラウド型の動画マニュアル作成サービスです。スマホをかざして投稿ボタンを押すだけで簡単にマニュアル作成ができます。SNSのように動画にいいねができるため、評価の高い動画の特定が可能となります。

ポイント

  • マニュアルの撮影から投稿までスマホで完結
  • マニュアル動画にいいねをすることで評価を可視化できる
  • 月額35,000円からすぐに導入が可能

 

toaster team(トースターチーム)

toaster team(トースターチーム)は累計導入社数2,000社を超えるマニュアル作成クラウドサービスです。動画特化型のサービスではなく、ドキュメントでのマニュアル作成も可能です。専用スマホアプリで、短尺の縦型動画マニュアルをかんたんに撮影から編集までワンストップで対応可能です。

ポイント

  • ドキュメントマニュアルの作成も可能
  • 専用アプリで撮影から編集までスマホで完結
  • 初期費用100,000円、月額35,000円から利用が可能

toaster teamは、社内マニュアル作成・ナレッジ管理をサポートするツールです。toaster teamを導入すれば、社内マニュアルや従業員のナレッジ等の情報共有が簡単になり、業務効率化と生産性向上が期待できます。

Chiebo(チエボ)

Chiebo(チエボ)はPC上の画面と操作を記録して、誰でも簡単に操作マニュアルや動画マニュアル、eラーニング教材を作成できるマニュアル作成ツールです。ChieboはPC操作がメインとなるため、eラーニングなど本格的な動画作成に向いています。

ポイント

  • PCメインの動画マニュアル作成サービス
  • 豊富なフォーマットで高品質なコンテンツ作成ができる
  • 買切り型(300m000円〜)と月額型(月25,000円〜)の料金プランがある

TANREN

TANRENは営業・接客練習動画パフォーマンス評価システムです。動画マニュアルの作成から動画を通じたパフォーマンス評価まで一貫してプロジェクトを進めることができます。TANRENの特徴は動画マニュアルの作成のみならず、受講者の習熟度を受講者が動画を投稿することでフィードバックできる点です。

ポイント

  • 動画マニュアルを通じた育成研修に強み
  • 受講者にフィードバックができる
  • 料金は月額企業アカウント2,200円と月額ユーザー利用料1,650円〜

GBeeM(ジービーム)

GBeeM(ジービーム)は企業向けの動画教育・情報共有アプリです。スマホで動画マニュアルを利用できます。また、配信動画へのリアクションを求める設定ができるので、インタラクティブな作業指示マニュアルとしても活用できる双方向性が特徴です。

ポイント

  • スマホで利用する動画マニュアルアプリ
  • 動画を通じたコミュニケーションが可能な双方向性が特徴
  • 料金はコンテンツ保存容量と利用者数に応じた月額利用料の体系

動画マニュアルサービスで会社スタイルに合わせた育成をしよう

本記事では動画マニュアル作成サービスについて解説をしました。動画マニュアルは訴求力や使い勝手の面で近年急速に需要を伸ばしているカテゴリです。動画マニュアルサービスで、物理的な制約を受けずに効果的な従業員のオンボードや育成につなげられる点がおわかりいただけたかと思います。本記事を参考に動画マニュアルの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

Ads
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。