プッシュ通知

Webプッシュ通知とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

プッシュ通知

Web上のダイレクトマーケティングにおいてWebプッシュ通知を導入する企業が増えています。Webプッシュ通知とは、ユーザーのパソコンやスマートフォンの画面に各種広告やサイトの更新情報などを通知するものです。プッシュ通知はユーザーの目に留まりやすく、かつ開封率が高いことから、近年において注目されています。本記事では、Webプッシュ通知とは何かを解説した上で、マーケティングにおけるWebプッシュ通知について利用用途やメリットとデメリットなどを解説します。あわせて、おすすめのWebプッシュ通知も紹介しますので、Webプッシュ通知の導入を検討している企業のご担当の方は参考にしてみてください。

Ads

Webプッシュ通知とは

Webプッシュ通知とは、ユーザーのパソコンやスマートフォンの画面に、商品やサービスに関する最新情報やお得情報などを表示する機能です。Webプッシュ通知は、ユーザーに自社の製品やサービスを認知してもらうこと、および、自社のWebサイトに再訪を促すことなどを目的に活用されることが多いです。Webプッシュ通知で通知される内容は、DMやメールマガジンと似通っています。しかし、DMやメールマガジンは開封率が低いことも少なくありません。また、DMについては割高な郵送料がかかります。スマートフォンが普及し、多くの人たちがWebサイトを日常的に閲覧する昨今では、顧客や見込み顧客にリアルタイムで情報を通知でき、コストを割安におさえられるWebプッシュ通知が注目されているのです。

本記事の読者におすすめのツール

PUSH ONEはアプリ不要でスマホ/PCにプッシュ通知をを行い、効果的なマーケティングを実現します。WEBプッシュ通知は、コアユーザーへ能動的なアプローチが可能なため、カート落ちやフォーム落ちを防ぎ、CV改善に役立ちます。

Webプッシュ通知の仕組み

続いて、Webプッシュ通知の仕組みについて解説します。Webプッシュ通知は下記の1から5の流れで、ユーザーに情報を通知します。

  1. WebサイトにWebプッシュ通知のJavaScriptのコードの埋め込みを行う
  2. JavaScriptを利用して、ブラウザ上にWebプッシュ通知の利用の有無を表示する
  3. ユーザーがWebプッシュ通知の利用を許可した場合、Webサイトの運営者に配信用IDが渡される
  4. JavaScriptで配信用IDの処理を行い、サーバーに保存する
  5. 許可を得たユーザーに対してWebプッシュ通知を配信する

Webプッシュ通知を活用するにあたり、Webプッシュ通知は個人情報と紐付けられているわけでないことを念頭に置いておく必要があります。個人情報と紐付けられていないため、特定の個人に対してメッセージを送りたい場合には不向きです。

マーケティングにおけるWebプッシュ通知の利用用途

マーケティングにおいてWebプッシュ通知の活用を検討している方の中には、どのような利用用途があるのか分からない方も多いと見受けられます。Webプッシュ通知を用いたマーケティングで成功するためには、効果的な利用用途を見極めることが前提です。マーケティングにおけるWebプッシュ通知の利用用途は下記のとおりです。

Ads

CRM – サイトへの再訪問を促す

Webプッシュ機能は、自社サイトへの再訪を促すのにも役立ちます。自社サイトに一度訪れたことのあるユーザーに、サイトの更新情報、あるいは商品・サービスに関する最新情報やお得情報を通知することで、サイトへの再訪のきっかけを提供できます。また、ユーザーの中には、サイトへの再訪を考えていたものの、日々の生活に忙しかったり、別のことに気を取られたりしているうちに、サイトの存在を忘れてしまうユーザーもいるでしょう。Webプッシュ通知はユーザーにサイトの存在を思い出してもらうためのアプローチ方法としても効果的です。

関連記事

関連記事

マーケティング業界で導入が進んでいるCRMツール。しかしいざ導入しようと思っても、種類が多すぎて選びきれないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、CRMツールの意味やメリット、比較時のポイント、特徴別のサービスを解説[…]

クーポン・キャンペーンなどの配信

商品の購入時やサービスの利用時に使用できるクーポンやキャンペーン情報を配信することで、ユーザーに商品・サービスを購入する動機を与えられます。例えば、商品に興味はあるものの価格面で迷っているユーザーや、サービスを利用するかどうか検討が長引いているユーザーであれば、クーポンやキャンペーンは購入や利用を決断する上での大きなポイントになるでしょう。多くのユーザーがクーポンやキャンペーンを活用して商品やサービスを利用してくれれば、売上アップも期待できます。客足が遠退いている時期や、ライバル企業に顧客が流れそうな時期などにも、クーポンやキャンペーンなどの配信は効果的です。

Ads

本記事と関連する記事

関連記事

売上アップに向けてサイト上でお客様を接客する「Web接客」が急速に浸透してきています。本記事ではWeb接客のメリットや種類、おすすめのWeb接客ツールなどをご紹介します。「Web接客って何?どういうことをするの?」という方は本記事を読むこと[…]

Webプッシュ通知のメリット

Webプッシュ通知を活用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下、Webプッシュ通知のメリットを見ていきましょう。

Ads

多くのユーザーに配信できる

Webプッシュ通知は、インターネットを利用している全てのユーザーに配信できます。Webプッシュ通知を用いてユーザーに情報を通知する場合、ユーザーのメールアドレスや住所などの個人情報は必要ありません。ユーザーは、個人情報を事業者に伝えなくても各種情報を受け取れるため、通知を許可する心理的ハードルも低いはずです。そのため、既存顧客や見込み顧客を含む多くのユーザーに情報を届けられます。

事業者側からユーザーに低コストでアプローチできる

Webプッシュ通知とは、事業者がユーザーに情報を伝達するプッシュ型のマーケティング手法です。Webプッシュ通知を使うことで、事業者はユーザーに対して自社のタイミングや都合に合わせて、アプローチを何度でも行えます。また、Webプッシュ通知の導入には、自社アプリの作成が不要である他、Webプッシュ通知サービスの中には無料で利用できるサービスもあります。

通知が多いとうざい?Webプッシュ通知デメリット

Webプッシュ通知にはメリットだけでなく、デメリットもあります。デメリットを理解しない状態でWebプッシュ通知を導入すると、顧客離れにつながるケースもあるため注意してください。以下、Webプッシュ通知のデメリットを確認していきましょう。

通知の回数が多すぎると離脱を招く

Webプッシュ通知は、ユーザーがパソコンやスマートフォンを閲覧している最中に突然表示されます。そのため、ユーザーによってはWebサイトを閲覧しているのに中断された、集中して閲覧していたのに煩わしいなどと感じるかもしれません。また、Webプッシュ通知が表示される頻度が高いと、ユーザーの中には不快感を抱くあまり、その企業の利用を控えようと思うこともあるでしょう。Webプッシュ通知の頻度には気を付け、ユーザーの立場になって配信頻度を検討するようにしてください。

有益でない情報が通知される

前述のように、Webプッシュ通知はWebサイト閲覧中のユーザーの妨げになるケースもあります。そのため、情報に有益さがなかったり、ユーザーにとって価値のない情報であったりすると、疎ましがられる可能性が高まります。ユーザーに有益でない情報を複数回にわたって配信した場合、ユーザーはWebプッシュ通知を拒否したり、通知を無視したりするようになるので注意してください。

おすすめのWebプッシュ通知サービス5選

Webプッシュ通知やマーケティングに関するノウハウのない企業の中には、自社でWebプッシュ通知をイチから導入することに不安を感じる企業も少なくないはずです。そこで、ここでは、おすすめのWebプッシュ通知サービスを5つ紹介します。無料で利用できるサービスもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

PUSH ONE

PUSH ONEを活用することで、アプリを用いずにWebサイトからプッシュ通知を配信できます。また、設定は最短5分で完了するため、Webプッシュ通知の導入時における煩雑な設定に不安を抱えている企業も安心です。料金設定も良心的で、初期費用が無料(月額料は要問合せ)である他、申し込みから1カ月間にわたって無料で試せます。

ポイント

  • セール情報などを配信することでユーザーを獲得できる
  • 約7000万ユーザー、月間60億件の配信実績がある
  • サポート体制が手厚く、導入から効果が出るまでサポートを一貫して受けられる

PUSH ONEはアプリ不要でスマホ/PCにプッシュ通知をを行い、効果的なマーケティングを実現します。WEBプッシュ通知は、コアユーザーへ能動的なアプローチが可能なため、カート落ちやフォーム落ちを防ぎ、CV改善に役立ちます。

Push7

Push7は約3分で導入できるWebプッシュ通知です。いずれのサイトにおいてもコードを導入マニュアルに従って貼り付けるだけで導入が完了します。また、Push7はiPhoneやiOSにも通知を配信できるため、多くのユーザーへのアプローチが実現できます。Webプッシュ通知の開封率は平均20%(メルマガの開封率は約3%)と高いため、導入効果も期待できるはずです。

ポイント

  • パーソナルプランは利用が無料
  • 絵文字や画像での通知やスケジュール指定での通知が可能
  • 国内シェア6割となる10000以上のサイトに導入されている

Repro

Reproは国内外問わずさまざまな業種の企業で利用されているWebプッシュ通知サービスです。サービス継続率14.85%アップ、従来形式の広告費からの85%削減、コンバージョン率243%アップといった成果も出しています。また、操作は直感的に行えるため、導入してみたものの操作方法が分からないといった事態を回避できるはずです。

ポイント

  • 自社にノウハウやリソースがなくても、Webプッシュ通知で効果を出せる
  • 情報を必要とするユーザーだけにWebプッシュ通知と配信を行える
  • 専任のスタッフにマーケティング施策の企画から実施、および改善案の策定まで任せられる

Flipdesk

FlipdeskはWebサイトに訪問したユーザーの閲覧履歴や購買データに基づき、それぞれのユーザーに最適な情報訴求を行えるWeb接客ツールです。Flipdeskは株式会社シグニティが提供するプッシュ通知サービスCOINsと連携し、Webプッシュ通知サービスを提供しています。このWebプッシュ通知サービスでは、ユーザーにピッタリのブラウザ通知の配信が実現します。

ポイント

  • ユーザーに合ったコンテンツを容易に表示できる
  • FlipdeskとCOINsが連携して提供しているサービス
  • ターゲット層への配信でコンバージョン率をアップできる

SATORI

SATORIは見込み顧客を増やすマーケティングオートメーションツールです。国内認知度も高く、導入実績は1000社以上におよびます。SATORIを提供するSATORI株式会社は、Webプッシュ通知ツールpushcrewの国内展開を行う株式会社アッションとの連携サービスを開始しました。これにより、SATORI内で取得したユーザーの行動セグメントごとにプッシュ通知の配信を行えるようになりました。

ポイント

  • Webプッシュ通知の配信が簡単で、短時間で完了する
  • メール配信と比べて2.7倍の誘導率を実現している
  • 多くの有名企業から支持されている

おわりに

Webプッシュ通知を活用することで、ユーザーに自社のサービスや商品に関する最新情報や、Webサイトの更新情報などについて通知できます。その他、顧客に自社サイトへの再訪を促したり、新商品をPRしたりもできます。顧客に対するこうしたアプローチは、メルマガやDMなどで行うこともできますが、Webプッシュ通知の方が受け取り手に気付いてもらいやすく、かつ開封率も高いという見方もあります。ただし、Webプッシュ通知の配信頻度が高かったり、顧客にとって有益でない情報ばかり配信したりすると、自社のイメージダウンにつながることもあります。場合によっては、顧客の信頼を失い、顧客が離れることになるので注意してください。プッシュ通知を効果的に活用したい企業のご担当の方には、プッシュ通知サービスの利用がおすすめです。プッシュ通知サービスを利用することで、少ない負担で高い効果を得られるはずです。

Ads
プッシュ通知
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。