受発注システムを徹底解説

受発注システムのおすすめ厳選10選を比較!選び方のポイントも解説

受発注システムを徹底解説

受発注システムとは受発注業務をWeb上で行うシステムを指します。受発注システムを利用することで、業務の効率化や生産性向上を実現できます。受発注システムの導入により、取引先の満足度向上につながり、将来の受発注機会増加も期待できるようになります。

本記事では、受発注システムの機能やメリット・デメリット、選ぶ際の注意点、おすすめの受発注システムを紹介します。システムの導入で自社業務の効率化を進め売上増を狙うなら、ぜひ参考にしてください。

Ads

受発注システムとは?  

受発注システムとは、受注や発注に関する一連の業務をWeb上で管理や処理を行うシステムのことです。導入することで受発注業務の大きな効率化が実現します。ここでは受発注システムの主な機能や、メリット・デメリットを解説します。

主な機能

多くの受発注システムには、以下のような機能が搭載されています。

受注管理機能

受発注システムのメインとなるもので、さまざまな発注先からの注文を一元管理する機能です。受注データをシステム上で管理し、一覧を出力することもできます。受注伝票の検索や編集も簡単にできるので、ペーパーレス化が進みます。

在庫管理機能

商品の在庫数や入出荷情報も、システム上で管理できます。人が行っていたときに起こりがちな入力ミスや確認ミスなどのヒューマンエラーを削減できます。

Ads

出荷管理機能

商品の出荷処理やピッキング、納期に合わせたタイミングで出荷指示書を発行する機能です。ハンディターミナルによるスキャンのほか、最近はスマホを活用したスキャンができるシステムもあります。

請求管理機能

システム上で受注管理ができているので、請求書や納品書などの帳票発行が自動的に処理できます。請求書・納品書発行の履歴も残り、紙の紛失リスクも無くなります。

メール機能

受注した際の確認やお礼などを、メール機能によりシステム上で自動に発信できます。人手を割かずに取引先をフォローすることで、顧客満足度向上も期待できるでしょう。

Ads

外部連携機能

外部システムと連携する機能があれば、一層業務の効率化につながります。例えば倉庫管理システムとの連携で、倉庫に行かなくても在庫状況や入荷のタイミングなどをリアルタイムに把握できます。

また受発注システムは、発注する取引先も含めて運用するシステムなので、取引先が導入しているシステムと連携することで取引がさらにスムーズになります。

受発注システムのメリット

受発注システムのメリットとしては、以下が挙げられます。

Ads

受発注業務の自動化と効率化

受発注システムは、納品書・請求書の発行や受注確認メールの送信などを全て自動化できるので、業務の効率化につながります。空いた時間をほかのコア業務にあてれば、生産性向上も期待できます。複数の取引先が同じ受発注システムを利用するようになれば受注窓口の一本化も可能となり、一層効率的で生産的な仕事ができるようになるでしょう。

ヒューマンエラーの削減

受発注システムにより、受注者・発注者双方の人為的なミスを削減できます。電話での聞き間違いやメールの打ち間違い、FAXの誤送信などが無くなり、エクセルなどで作成していた受注管理表なども入力ミスのリスクが無くなります。

リアルタイムの情報共有

受発注システムを利用することで、在庫状況や進捗などをリアルタイムで共有できるようになります。今まではメールや電話などで確認していた手間が軽減され、社内の各部署で最新の情報をリアルタイムに確認できるので、業務がスムーズに進行することでしょう。

顧客満足度向上と受発注機会の増加

発注者も同じシステムを導入すると24時間発注が可能となり、自社の都合で取引を進められます。受発注処理の時間が短縮されるので、受注機会増を期待できます。また納品までのスケジュールや輸送状況などをリアルタイムで確認でき、取引先にとってもメリットが多いことから、顧客満足度向上につながります。

受発注書類のペーパーレス化

納品書や請求書などの書類をすべてシステム上で編集・保存・管理するので、ペーパーレス化が実現します。紙代、印刷費、保存場所が不要となり、コスト削減になります。

受発注システムのデメリット

一方で、受発注システムにはデメリットもあります。

受発注双方の連携が必要

受発注システムを導入するには、相手となる取引先も一緒に使わなければならないため、取引先の同意が必要となります。取引先がシステム利用に抵抗がある場合や、すでにほかのシステムを導入しているケースなど、状況によって導入が難しいこともあります。自社に受発注システムを入れる前に、取引先が使用しているシステムや、同業界でよく利用されているシステムを確認してから導入するとよいでしょう。

浸透するまでに時間がかかる

受発注システムはPCやスマホなどを利用するため、ITリテラシーに乏しい企業やデバイスの扱いに慣れない社員が多い場合などは、定着までに苦労するかもしれません。機能を使いこなせるようになるのにも時間がかかるので、サポート体制が充実したサービスを選ぶようにしましょう。

導入コストがかかる

一般的に、受発注システムの導入には初期費用や月額利用料などのコストがかかります。無料で利用できるものもありますが、利用できる機能や扱える受注件数が限られる事が多いため、自社及び取引先の目的や環境を考慮して選ぶ必要があります。

受発注システムの選び方  

ここからは、受発注システムを導入する際に注意しておきたいポイントを解説します。

1.業界・業種に合った受発注システムを選ぶ

受発注は、業界や業種によってフローや問題点が異なるため、それぞれの商習慣に合った受発注システムを選ぶことが重要です。飲食業向け、ECサイト専用、卸売り対応などがあるので、自社に合ったサービスを選びましょう。自社用にカスタマイズできるのもおすすめです。

2.取引先の使いやすさで選ぶ

受発注システムは取引先の導入も必要なので、取引先が使いやすいことも大切なチェックポイントです。無料トライアルやデモサービスを利用して、両者で実際に操作性を体験してみましょう。

3.データ分析のしやすさで選ぶ

受発注システムの導入で、受注数や出荷・在庫管理状況、請求書による売上データなどを分析できるようになります。対前年比から導き出す売上目標の設定や、仕入れ額・原価率の改善、取引先別のアプローチ方針策定などさまざまな対策を組めるようになります。データ分析機能が充実していれば、的確な販売戦略に活かせることでしょう。

4.サポート内容で選ぶ

受発注システムは使いこなせるようになるまで時間がかかるので、サポート体制が充実していることも必ず確認しておきましょう。、電話やチャット対応、出張サービス、24時間問い合わせ可能などがあると安心です。導入後のサポートが一部有料となる場合もあるので、事前に調べておきましょう。

おすすめの受発注システム10選を比較  

最後におすすめの受発注システムを紹介します。それぞれ機能や適切な業種、料金などが異なるので、自社の目的に合ったシステムを選ぶようにしましょう。

楽楽販売

楽楽販売

楽楽販売(らくらくはんばい)は、株式会社ラクスが提供する受発注、請求、入金、支払い、売上、仕入れ業務などあらゆる受発注業務を一元管理するクラウド型のシステムです。企業のニーズに合わせたカスタマイズ性に優れ、プログラミング無しに画面項目やデータベースの項目を追加できるのが魅力です。

 

ポイント

  • 導入実績2,500社以上。あらゆる販売管理業務に対応
  • ルーティンワークの自動化・一元管理ができ、他システム連携で業務工数を削減
  • 初期費用:150,000円、月額料金:60,000円〜

 

COREC

COREC 

株式会社ラクーンコマースが提供する「COREC(コレック)」は、直感的で簡単な操作が特徴のクラウド型受発注システムです。自社のホームページに、注文フォームのバナーやリンクを貼るだけでWeb受注を始められる手軽さが最大の特徴です。

ポイント

  • ファッション業界や飲食業界など幅広い業種で54,00社以上が導入
  • スマートフォン、タブレットにも対応。FAX・メールで発注書を送れるサービスもあり
  • 受注側:ビジネスプラン1,980円/月~(無料プランあり)
  •  発注側:ビジネスプラン980円/月~(無料プランあり)

楽楽B2B

楽楽B2B

楽楽B2Bは、株式会社ネットショップ支援室が提供しているBtoBの卸取引を自動化できるWeb受発注システムです。AI-OCRを用いた注文書自動読み込み機能で、FAXの受注伝票をAIで識別してデータベースに反映できるので、転記や仕分け作業が軽減できます。

ポイント

  • 受注一覧、登録・受注伝票、納品書の出力など受注管理機能を多数搭載
  • 取引先ごとの卸価格設定や販売可能商品、決済手段を設定できる
  • ライトプラン50,000円/月~

ネクストエンジン

ネクストエンジン

Hamee株式会社が提供しているネクストエンジンは、導入実績業界No.1を謳う、ECサイト運営業務をサポートするクラウドサービスです。受発注管理や在庫管理、商品登録機能など、ネットショップ運営に必要なさまざまな業務を効率化する機能が搭載されています。

ポイント

  • ECサイトの受注から在庫管理、出荷までの一連の業務を効率化できる
  • 必要な機能だけを導入でき、アプリで機能をカスタマイズ・追加できる
  • 基本料金10,000円/月+従量課金

アラジンEC

アラジンEC

アラジンECは、従来の電話やFAX受注をWeb上で行える受発注システムです。5,000社以上のBtoBノウハウを誇る同社のサポートで、自社に最適な企業間取引に特化したECの構築が可能となります。受発注機能以外にも、販促活動に役立つ様々な機能も搭載しています。

ポイント

  • 現状の基幹システムとのスムーズな連携ができる
  • 業務内容やフローにあわせて機能を柔軟にカスタマイズできる
  • 料金は要問い合わせ

CO-NECT

CO-NECT

CO-NECTは、CO-NECT株式会社(旧株式会社ハイドアウトクラブ)が運営する取引先が未導入でも受発注に利用できるシステムです。25,000社以上の導入実績を誇り、わかりやすいUIで直感的な操作が可能なため、初心者でも導入しやすいのが最大の特徴です。

ポイント

  • LINEと連携して商品発注や通知の受け取りができる
  • カスタマーサポートも充実しており安心して導入できる
  • 料金は要問い合わせ(無料プランあり)

ASPIT

アスピット

ASPITは、株式会社アスピットが提供する外食産業に特化した受発注システムです。発注業務や勤怠管理など、シフト管理、在庫・棚卸管理、損益管理、フランチャイズ管理など豊富な機能が搭載されています。1店でも100店を超える大規模チェーンでも、満足できる効果を得られます。

ポイント

  • 必要な機能だけを選択して使うことができる
  • 全国7,000店舗以上の導入数。365日24時間対応の電話サポートが好評
  • 料金は要問い合わせ

Multi Platform System

Multi Platform System(MPS)

オザックス株式会社が提供しているMulti Platform System(MPS)は、購買業務の効率化に強みを持つマルチプラットフォームのクラウド受発注システムです。株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットと連携することで、在庫管理の自動化も実現します。

ポイント

  • 高機能で簡単な操作性。棚卸業務や受発注のコストと時間を大幅に削減
  • 発注時の申請・承認設定、発注数の上限・下限設定も可能
  • 料金は要問い合わせ

BtoBプラットフォーム 受発注 for 製造業

BtoBプラットフォーム 受発注 for 製造業

株式会社インフォマートが提供するBtoBプラットフォーム 受発注 for 製造業は、同社のBtoBプラットフォーム提供のノウハウを活かして製造業界の業務効率化、生産性向上を実現するクラウド型受発注システムです。社内システムや販売管理システムとのデータ連携も可能です。

ポイント

  • 中小製造業様の受発注業務システム化推進・実現をサポート
  • 徹底したセキュリティと充実のサポート体制を完備
  • 料金は要問い合わせ

BtoBプラットフォーム TRADE

BtoBプラットフォーム TRADEは、 株式会社インフォマートが提供する様々な業種で利用可能なクラウド型受発注システムです。BtoBプラットフォームには飲食業界向けの「BtoBプラットフォーム 受発注」などシリーズ製品も多く、企業間商取引全体のクラウド管理を実現しています。

ポイント

  • 同シリーズの請求書・契約書システムと連携すれば、企業間の商取引を一元管理できる
  • 企業間商取引のDXプラットフォームとしての実績70万社以上
  • 料金は要問い合わせ

業界・業種に合った受発注システムから、自社の課題を解決できるものを選ぼう 

受発注システムは業務効率化のほか、ペーパーレス化による紙代・印刷代・保管場所のコストカット、取引先の顧客満足度向上と受発注機会の増加、データ分析による的確な販売戦略構築などが可能となります。受発注システムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能や適切な業界・業種、料金体系が異なるので、自社の業界・業種の受注フローや商習慣に合ったものを選ぶことが重要です。また自社と取引先の課題を解決できるものが好ましく、両者に多くのメリットをもたらすシステムを選ぶようにしましょう。

Ads
受発注システムを徹底解説
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。