便利なオンラインホワイトボードサービスmiro(ミロ)の使い方の基本

This post is also available in: English

Ads

はじめに

本記事ではオンラインホワイトボードサービスとして、クリエイターやビジネスパーソンに絶大な人気を誇るmiro(旧 Realtime Board )について紹介をします。miroはもともと「Realtime Board」という名前のサービスでしたが、よりシンプルで覚えやすい「miro」というサービス名に変更となっています。miroのリブランディングストーリは公式ページにリンク(英語です)がありますので興味がある方は是非ご覧ください。

miro(旧 Realtime Board )でできること

まずはじめにmiroの用途に関して紹介します。オンラインホワイトボードサービスというキャッチフレーズの通り、ホワイトボードを使って実現できる様々なことをオンラインで叶えることができます。

付箋を貼るメモ目的から、ブレインストーミングの補助ツール、そして企画書のビジュアライズ要素まで様々な使い方が可能となります。広大なワークスペースの中で直感的にいろいろな操作ができることがおわかりいただけるかと思います。

  • マインドマップ:マインドマップや決定木など枝分かれするアイデアの整理
  • ブレーンストーミング:ふせんを貼って整理する/図を整理する/順番を整理する
  • サービスの簡単な設計図:導線やメモなど
  • アイデアのメモ帳:自由にアイデアを書き溜める
  • プレゼン資料:特にビジュアライズが必要な資料

iPadでの作業にも優しいドローイング機能

miroには「スマートドローイング機能」という、ペンシルなどで図形の描写を行なった時に自動補正する機能があります。iPadなどで図形を描く時に非常に重宝する機能といえるでしょう。

スマートドローイング機能に関しては別途記事で解説をしております。以下を参照ください。

miroで手描き図形を補正できるスマートドローイング機能を解説!

フォローして最新情報をチェック!
Ads