ユーティリーは、仕事やライフスタイルの ”はかどる” サービスを紹介していくメディアです

Confluence(コンフルエンス)でページを作成する方法

This post is also available in: English

Ads

Confluence(コンフルエンス)のおさらい

Confluence(コンフルエンス)はアトラシアン社が運営する、ブログみたいに簡単に情報を更新・整理できるWikiツールです。

Yahoo!JAPANやGREEをはじめ様々な企業がつかっています。

Confluence(コンフルエンス)がどういうものか知りたい場合は以下のエントリをご覧ください。

便利なwiki作成ツールConfluence(コンフルエンス)使い方の基本

本エントリではコンフルエンスページの作り方を簡単に紹介します。

Confluence(コンフルエンス)ページの作り方

Confluence(コンフルエンス)の登録

Confluence(コンフルエンス)は公式ページから登録が可能です。

最初は7日間の無料トライアルがついてきます。

 

Confluence(コンフルエンス)の構造

Confluenceは基本的に「スペース」の中に「ページ」を追加していく構造です。

スペースは個人スペースやチームスペースなど目的に応じて設定可能です。

「スペース > 親ページ > 孫ページ」というようにより具体的な情報へと構造化が可能です。

 

 

ページの作り方

ページ作成はメインメニュー(左側ハンバーガータブ)の「+」から作成が可能です。

対象のスペースを選択したら目的に併せてページを作成します。

白紙ページからスクラッチで作ることも可能ですし、目的に応じて様々なフォーマットを使うこともできます。

各種フォーマットについて簡単に説明をします。

 

 

白紙ページ

最もオーソドックスなのが白紙ページです。

その名の通りまっさらなページです。

 

ブログ投稿

「ブログ」という独立カテゴリの記事をかけます。

白紙ページとは少し仕様が変わり、言葉通りブログ記事を書くような使用感です。

ブログに関しては更新情報というかたちでチームメンバーに届けることが可能です。

左にはチュートリアルも出てきます。

 

ミーティング議事録

ミーティングの議事録フォーマットを提供するページフォーマットです。

このフォーマットでできることは下記です。

 

  1. 議題のクラウドソーシング:議題を配布してミーティングにずっと集中できるようにします。
  2. 議事録の保存:メモを取って誰でも利用できるようになります。
  3. タスクの作成と割り当て:後で作業するアクション項目を参加者に割り当てできます。

 

ファイル一覧

ファイル一覧を掲載するページのフォーマットです。

ファイルをドラッグ&ドロップしてリスト化していくイメージがわきやすいかと思います。

同様の内容はもちろん白紙ページからでも可能です。

 

稟議書

稟議書のフォーマットもすでに用意があります。

一カ所にまとめたリスト上でチームの稟議書を共有し管理できます。

最初に下記のように概要を記入できます。

 

作成をクリックすると、稟議書フォーマットが出てきます。

 

 

製品要件

製品要件をまとめるページのフォーマットもあります。こちらも現時点では日本語対応はしておりません。

ざっくりできることは下記です。

ドキュメント プロパティを定義する:

ドキュメントにステータスや所有者といったプロパティを追加することで、簡単に製品要件の整理や並べ替えができます。

 

要件が作成できる:

プロジェクトの構造を可視化したりできます。JIRAとの連携もできます。

 

進捗状況が追跡できる:

JIRAとの連携から、進捗状況のトラッキングが可能です。

 

 

How To 記事

ハウツー系の記事のサンプルです(こちらは2019年3月時点で英語版しかありません)

目次やリスト化などのフォーマットがあらかじめ準備されているイメージです。

 

その他のフォーマット

その他にも以下のようなフォーマットが多数あります。

  • タスクレポート:チームや個人のタスク管理
  • トラブルシューティング:チームの課題解決のためのフォーマット
  • ふりかえり:振り返り用のフォーマット
  • リンクの共有:ウェブサイトなどのリンクを共有するためのフォーマット

 

 

その他ページ作成に関するTIPS

その他のページ作成に関するティップスを紹介します。

 

権限の変更

ページごとに編集や閲覧の権限を変更することが可能です。

編集画面の鍵マークから自由に編集ができます。

例えば、誰にも見られたくないページを作った場合、閲覧権限がない非公開ページは検索に出てきませんし、対象者以外にページの存在を知ることはできません。

 

ヒストリーの確認

更新ヒストリーを確認できる機能があります。

例えば、誤ってページを更新してしまっても、昔のバージョンに戻すことが可能です。

ページ左上の「…」から利用が可能です。

複数人で編集を行う場合にリスクヘッジができるので便利ですね。

 

ページ構造の整理

ページの配下を編集したい場合は、左側のメインメニューからドラッグアンドドロップで編集が可能です。

この機能は直近アップデートされた機能で非常にユーザビリティが向上しています。

 

更新通知を受け取る

ページの変更をプッシュで受け取りたい場合に助かる更新通知機能があります。

画面右上の目のマークをクリックするとページのアップデートをメールで受け取ることが可能です。

 

Confluence(コンフルエンス)に関しては2019年4月に大きなアップデートがありました。

これによりUXに「スラッシュコマンド」が本格的に取り入れられました。

スラッシュコマンドの詳細は以下のエントリをご覧ください。

Confluenceの新機能スラッシュコマンドでページ作成が劇的にラクになる

 

終わりに

ページ作成のフォーマットに関しては、マクロ機能の利用などが必要になりますが白紙ページからでも同じ内容が使えます。

フォーマットはまだまだ英語が多いので日本語でお使いの方に関しては「こんなレイアウトができるんだ」という参考程度でもよいかもしれません。

 

Confluenceに関しては以下の記事で、マクロの使い方や主要な外部サービスとの連携についてご紹介しています。

コラボレーションツールConfluence(コンフルエンス)関連記事まとめ

 

 

 

 

 

 

フォローして最新情報をチェック!
Ads