自動化ツールZapier(ザピアー)を使って仕事をとことん効率化!

  • 2019-09-22 (最終更新:2020-07-31)
  • ツール

This post is also available in: English

Ads

はじめに

日々の仕事において、人間がやるまでもない煩雑な業務の自動化ニーズは年々高まってきています。しかしながら、自動化するにしてもシステムを作るとなるとコストがかかるといったケースがあるかと思います。本記事で紹介する自動化ツールZapier(ザピアー)を活用すれば業務で使う複数のサービスやアプリケーションを手軽に自動化できます。

ユーティリーでは別の自動化ツールとしてIFTTT(イフト)も紹介しています。IFTTTの詳細については以下の記事をご覧ください。

様々なサービスをつないで簡単に自動化できるサービスIFTTT(イフト)の使い方

Zapier(ザピアー)とは

Zapier(ザピアー)はSlackやGoogleなど1,500以上のサービスと連携しながら仕事の自動化ができるツールです。Zapier(ザピアー)を使うことで従来はエンジニアでなければ設定が難しかった各種の自動化をエンジニアリングの知識不要で手軽に行うことが可能です。

Zapier(ザピアー)の登録方法

Zapier(ザピアー)は公式ページより登録が可能です。登録はメールアドレスとパスワードの登録、あるいはGoogleやFacebookアカウントとの連携で簡単に済ませることができます。

最初にエンジニア、マーケティングなど役割を選択します。

次に自分が使っているアプリをチェックします。「PREMIUM」とフラグがたっているアプリは有料のプレミアムプランでのみ連携をすることができます。チェックが完了すると、セットアップは終了です。

以下がメインの画面となります。

 

Zapier(ザピアー)の料金体系

Zapier(ザピアー)の料金プランを説明します。Zapier(ザピアー)には「個人向け」と「法人向け」の2カテゴリが存在します。「個人向け」カテゴリに関しては無料から月額125ドル(約13,000円)まで4プランが存在します。

 

無料プラン

Zapier(ザピアー)の無料プランでは5Zapsまで使えます。併せて2ステップZapsまで使えます。Zapsとは連携の単位となります。例えば、「Trelloの更新をSlackで通知する」という連携を設定したときはそのくくりで1Zapsと定義します。

MAXプラン

MAXの125ドルのプランは125Zapsまで設定ができ、全ての自動化機能を利用することができます。

法人プラン

法人プランは月額250ドルのスモールチーム向けプランと、月額600ドルの法人プランが存在します。法人プランは個人プランを大きく違う部分はシングルサインオン機能があったり、フォルダの権限設定ができたりする点です。

(次ページ)
ザピアーで具体的にどういうことができるの?

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項