販売管理システム比較 - Utilly

【タイプ別】販売管理システム29選を比較!選び方のポイントも解説

販売管理システム比較 - Utilly

従来のように、紙媒体やExcelなどで販売管理をしている場合、工数がかかるだけでなく、ミスの発生や属人化といった恐れがあります。そこで、販売管理システムを導入することで、煩雑になっていたプロセスを効率化し、生産性の向上につなげられます。本記事では、販売管理システムを導入するにあたって、タイプ別の特徴や選び方を解説します。また、各タイプ別におすすめの販売管理システムをまとめているので、導入時の参考にしてみてください。

Ads

4タイプの販売管理システム

販売管理システムには、「汎用型」、「業種特化型」、「特定業種型」、「在庫管理不要型」の4タイプがあります。導入前に各タイプの特徴を押さえておきましょう。

1.カスタマイズしやすい「汎用型」

汎用型は、さまざまな業種に対応したタイプです。1つの業種に特定していない企業や、自社で使いやすいようにカスタマイズして使いたい場合に適しています。

2.セミオーダー可能な「業種特化型」

業種特化型は、ある業種に特化した販売管理システムです。具体的には、製造業、アパレル、食品、出版、医薬品など、1つの業種に特化している企業に最適です。パッケージ化されており、業種特有の商習慣や管理方法などに即した機能を搭載しています。また、一部のシステムでは、セミオーダーでの導入も可能です。

3.専門性が高い「特定業種型」

特定業種型は、業種特化型では対応しきれない、特殊な業務向けのタイプです。たとえば、「シーズンによって価格が変動する」、「在庫に保管期限が設けられている」といった特殊な場合が当てはまります。パッケージと比較すると細部まで対応している一方で、導入までに時間がかかる可能性があります。

Ads

4.小規模事業におすすめな「在庫管理不要型」

在庫管理不要型は、在庫を持たない企業向けの販売管理システムです。自社で販売だけを行っており、在庫管理は別の企業に委託しているようなビジネスに適しています。在庫管理機能を省くことで、安価で導入しやすいのが特徴です。

販売管理システムの選び方

販売管理システムを導入する際には、選び方に注意しましょう。3つのポイントを紹介します。

選び方1.自社の業種や業務に合ったタイプを選ぶ

販売管理システムを導入する際には、自社の業種・業務に合ったタイプを選ぶようにしましょう。たとえば、不特定多数の業種を展開している企業は「汎用型」、特定の業種であれば「業種特化型」を選定します。また、業務内容や導入する目的に応じて機能もチェックしてください。販売をメインに行なっている場合は「販売管理機能」、商品の出荷・在庫状況を確認したいのであれば「在庫管理機能」が搭載していると便利です。

Ads

選び方2.料金・導入形態で選ぶ

販売管理システムは、機能性や導入形態で料金が異なります。一般的に、クラウド型、オンプレミス型、パッケージ型の3種類に分けられます。クラウド型は、自社でサーバーを構築する必要がなく、初期費用を安く済ませられるのがメリットです。月額料金制を採用しているサービスが多く、機能数や利用人数、企業の規模などで料金が変動します。オンプレミス型は、自社で構築したサーバーにソフトウェアをインストールする形態です。自社基準のセキュリティ対策を行える一方で、導入時の初期費用がかかってしまうほか、ランニングコストも発生します。パッケージ型は、サービスを提供する企業からソフトウェアのみを購入し、自社パソコンにインストールする方法です。パッケージの購入にかかる費用のみで、月額費用がかからない場合が多いです。ただし、カスタマイズや拡張が難しいため、自社に適した機能であるかを事前に確認する必要があります。

選び方3.サポートの内容で選ぶ

販売管理システムを使っているなかで、さまざまな疑問点やトラブルが生じる可能性があります。そこで、ベンダー側でのサポート体制を調べておきましょう。具体的には、サポート対応の時間や、どの問い合わせ手段に対応しているか、土日・祝日のサポート有無などを確認する必要があります。また、プラン別にサポート範囲や問い合わせ手段が異なる場合もあるので、導入前にベンダーと相談しておくと安心です。

Ads

汎用型の販売管理システム11選

はじめに、汎用型の販売管理システムを11選紹介します。

楽楽販売

楽楽販売は、リアルタイムでの情報を共有できます。従業員間での伝達ミスを防ぐほか、属人化の軽減にも効果的です。また、自社仕様に合わせてカスタマイズが可能で、新たにシステムを開発する手間やコストの削減につながります。

ポイント

  • リアルタイムの情報共有でミスを軽減
  • 自社仕様にカスタマイズ可能
  • 初期費用150,000円〜、月額60,000円〜(無料トライアル)

SKit FLEXi

SKit FLEXiは、クラウド方式を採用しており、営業担当者やテレワークで働く従業員など広い範囲で利用できます。また、ロット管理、承認ワークフロー、輸入管理といった機能に加え、企業ごとにカスタマイズも可能です。導入時から運用中まで充実したサポート体制を提供しており、初めて導入する企業でも安心です。

ポイント

  • クラウド対応による利用範囲の拡大
  • 多種多様な機能で業務を効率化
  • 導入から運用まで充実したサポート体制

SMILE V 販売

SMILE V 販売は、見やすい管理画面が特徴です。フォントの種類や文字の大きさ、行間などを自由にカスタマイズ可能です。また、処理の流れに合わせてメニューが作成されるので、次にどの作業をするべきかひと目で確認できます。リモートサポートを提供しており、トラブル発生時に迅速な対応を受けられます。

ポイント

  • フォントや文字サイズを自由にカスタマイズ可能
  • ワークフローの可視化で生産性向上
  • リモートサポートによるスピーディな解決

弥生販売 22

弥生販売 22は、初めてシステムを導入する方でもわかりやすいデザインで、見積書や請求書、注文書といった書類を簡単に作成できます。2023年度に開始予定の適格請求書(インボイス制度)にも対応しているので、税率別の計算ミスを軽減します。30日間の無料トライアルを活用し、導入前に機能や使いやすさを確かめられます。

ポイント

  • わかりやすい画面で書類作成が簡単に
  • 適格請求書対応で税率別計算のミスを軽減
  • 無料トライアル30日間付き

わくわく販売管理6

わくわく販売管理6は、小規模・中小企業向けの販売管理システムで、売上から請求、入金、集計までの管理を一括で行えます。また、自社の販売状況をリアルタイムで可視化するので、今後のマーケティングにも有効に活用できます。30日間の無料トライアルを提供しているほか、製品版に移行した際にそのままデータが引き継がれます。

ポイント

  • 売上から請求、入金、集計までの一括管理
  • 販売状況の可視化でマーケティングにも有効活用
  • 30日間の無料トライアル付き

スマイルワークス

スマイルワークスは、クラウド対応の販売管理システムです。自社従業員間だけでなく、取引先とのスムーズな取引や情報共有が可能となります。また、システム上から直接書類をダウンロードできるので、誤送信による情報漏洩のリスクを軽減します。

ポイント

  • クラウド対応で情報共有がスムーズ
  • 誤送信による情報漏洩リスクを軽減
  • 初期費用30,000円、月額10,000円〜

天の蔵

天の蔵は、販売、仕入、在庫管理を一元化し、管理業務の効率化につながります。また、クラウド方式に対応しているので、部署や拠点を越えたデータのやり取りをスピーディに行えます。自動補完機能を搭載しており、入力ミスを防止できます。

ポイント

  • あらゆる管理業務を一元化
  • 自動補完機能で入力ミスを防止
  • 月額3,000円〜(無料トライアル最大2ヶ月間付き)

販売王

販売王は、軽減税率に対応しており、対象製品の検索や一括置換、登録済み製品を対象製品に切り替えられます。また、充実したサポート体制が特徴で、更新プログラムによる最新の法令・制度に対応しているほか、次期バージョンがリリースした際に無料でアップデートできます。

ポイント

  • 軽減税率対応で業務効率化をサポート
  • 充実したサポート体制を提供
  • 製品本体44,000円、30日間の無料トライアル付き

ExeQuint

ExeQuintは、企業ごとにカスタマイズが可能な販売管理システムです。ロット間、棚卸管理、在庫評価管理といった多種多様な機能を搭載しているので、生産性の向上に役立ちます。また、蓄積したデータを分析し、スピーディーな経営戦略の策定をサポートします。

ポイント

  • 企業ごとにカスタマイズ可能
  • 拠点間でリアルタイムでの情報共有を実現
  • データ分析による経営戦略をサポート

商蔵奉行クラウド

商蔵奉行クラウドは、クラウド型を採用しており、テレワークや複数拠点を持つ企業に便利です。また、これまで複雑な業務プロセスを自動化することで、従業員の生産性向上につながります。アパレル、食品、木材、鉄鋼など幅広い業種に対応した販売管理システムです。

ポイント

  • クラウド型採用でテレワークに便利
  • 業務プロセス自動化による生産性の向上
  • 初期費用0円〜、月額約7,340円〜(30日間の無料トライアル付き)

ShareBRIDGE

ShareBRIDGEは、ロット管理、有効日付管理、受注から支払までのデータ抽出など、豊富な機能を標準搭載しています。また、企業の状況に応じて、クラウド型、オンプレミス型の選択が可能です。多言語にも対応しているので、日本国内だけでなく、海外拠点での導入にも適しています。

ポイント

  • 高機能な販売管理ソリューションを提供
  • クラウド型、オンプレミス型から選択可能
  • 多言語対応で海外での導入にも最適

業種特化型の販売管理システム3選

次に、業種特化型の販売管理システムを3つ紹介します。

楽商

楽商は、自社で使いやすいようにカスタマイズが可能な販売管理システムです。商習慣や現場を熟知したプロが最適なソリューションを提案し、運用パフォーマンスを最大限に引き出せます。また、専任のSEによるサポート体制が整っており、安定した運用を期待できます。

ポイント

  • 自社で使いやすいようにカスタマイズ可能
  • 専任のSEによる充実したサポート体制
  • 330万円〜利用可能

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、業種を問わず、中小企業を中心に5,000社以上の導入実績がある販売管理システムです。会計システム、BI・分析ツール、オンライン請求書など、外部システムと連携にも対応しており、業務の効率化につながります。導入時のヒアリングから、導入後のフォローまで一貫したサポートを提供し、長期にわたり安心して利用できます。

ポイント

  • 中小企業を中心に5,000社以上の導入実績
  • 外部システムとの連携で業務を効率化
  • 導入前から導入後まで一貫したサポートを提供

クラウドERP-GEN

クラウドERP-GENは、商社、メーカー、アパレルといった7つの業種にフィットした機能を搭載し、各業種におけるビジネスプロセスを最適化します。また、特定の項目に数式を設定したうえで、自動計算を行う「フォーミュラ機能」によりリアルタイムでの処理が可能。さらに、インボイス制度にも対応しており、2023年10月1日以降もそのまま使用できます。

ポイント

  • 7つの業種にフィットした機能を搭載
  • 自動計算機能によるリアルタイム処理を実現
  • インボイス制度対応で2023年10月以降も安心

特定業種型の販売管理システム7選

特定業種型の販売管理システム7選を紹介します。

【IT・コンサル・士業】クラウドERP ZAC

クラウドERP ZACは、システムやIT、コンサル、士業向けの販売管理システムです。数ヶ月先の売上・利益を予測し、迅速な経営判断を行えます。また、ワークフローの管理や証跡管理機能を搭載しており、IPOを目指している企業に適しています。

ポイント

  • 未来の売上予測で迅速な経営判断
  • IPOを目指す企業の社内統制に最適
  • 価格は応相談、無料デモ付き

【食品】懐刀

懐刀は、紙媒体や表計算ソフトへの依存を防ぎ、人的コストの削減につながります。また、正しいデータを従業員間で共有し、社内における意思決定のスピード向上を狙えます。24時間365日の監視体制を整えているほか、自動的にバックアップしているので、データが消失するリスクを軽減します。

ポイント

  • 属人化を防ぐことでコストを削減
  • 正しいデータの共有による意思決定のスピード向上
  • 24時間365日の監視体制

【飲食】料理人(シェフ)

外食トータルシステム「料理人」は、売上・食材原価・人件費といった営業コストをリアルタイムで可視化し、店舗の経営判断に役立ちます。また、POSシステムとの連携にも対応しているので、正確な売上実績を管理できます。ワークスケジュール管理機能を活用すれば、各店舗における計画的な人員配置も可能です。

ポイント

  • 営業コストをリアルタイムで可視化
  • POSシステムと連携した売上実績の管理
  • ワークスケジュール機能による計画的な人員配置

【アパレル】ApaRevo

ApaRevoは、アパレル業界特有の商流や商習慣に対応した販売管理システムです。商品の色、サイズ別に売上伝票の作成が可能であるほか、マトリクス形式で倉庫・店舗・委託先の在庫状況を可視化します。また、システムは拡張性が高く、自社に最適なソリューションを実現できます。

ポイント

  • アパレル業界特有の商流、商習慣に対応
  • 拡張性が高く、自社に最適なソリューションを実現
  • 初期費用630万円〜、保守費用月額4.2万円〜

【EC・通販】Simplex

Simplexは、EC、通販サイト向けの販売管理システムです。顧客の購入日時や問い合わせ内容、次回の定期発送日、入金状況などの情報を一括で管理できます。また、BtoC、BtoB両方のビジネスに対応した請求管理機能を搭載しており、幅広いビジネスをサポートします。

ポイント

  • システム上で顧客情報を細かく管理
  • BtoC、BtoB両方に対応した請求管理機能
  • 880,000円〜、別途保守費用

【製造系・機械系】WorkVision販売管理システム

WorkVision販売管理システムは、自社の運用形態に合わせて、自由度の高いカスタマイズが可能です。また、荷姿別在庫管理、委託・受託・預け・預り在庫・予約在庫やロケーション管理といった多様な在庫管理形態に対応しており、管理業務の効率化を実現します。受注から出荷、売上までの進捗状況を可視化し、取引中のミスや漏れを防ぐのに役立ちます。

ポイント

  • カスタムメイド機能による柔軟性の高い設定
  • 多様な在庫管理形態に対応
  • 取引の進捗状況を可視化

【貿易】TRADING

TRADINGは、輸出入における在庫管理や文書作成など業務に合わせて6つのシステムを提案しています。とくに、輸出管理システム(TRADING-V3 EXPORT)では、船積書類、プライスリスト、セールスノート、インボイスなどの書類作成・編集・保存を最適化します。担当者ごとに操作可能なメニューの編集権限を付与することで、内部統制を目指せます。

ポイント

  • 業務に合わせて選べるシステム
  • 各書類の作成、編集、保存を最適化
  • 徹底した内部統制の管理

在庫管理不要型の販売管理システム8選

最後に、在庫管理不要型の販売管理システム8選を紹介します。

DeskAssist

DeskAssistは、販売管理システムを初めて導入する企業でも使いやすいように、スピーディに書類作成や売上記録を検索できます。また、2023年10月1日から開始するインボイス制度にも対応しているので、免税事業者からの仕入管理を効率化します。入出庫、在庫状況がリアルタイムで反映され、先を見据えながら経営戦略を立てられます。

ポイント

  • 初めてでも使いやすい快適な操作性
  • インボイス制度対応による仕入管理の効率化
  • 入出庫、在庫状況をリアルタイムで反映

フリーウェイ販売管理

フリーウェイ販売管理は、クラウド型対応で全社での情報共有をスムーズに行えます。また、納品書、請求書、売上伝票といった帳票の出余力に対応しており、専用用紙の購入コストを削減できます。無料版では、1,000伝票まで登録可能なほか、最大3名までデータの共有が可能です。

ポイント

  • クラウド型対応で情報共有がスムーズ
  • あらゆる帳票の出力に対応し、コストを削減
  • 有料版:初期費用無料、月額税抜2,980円(無料版あり)

Clovernet ERPクラウド

Clovernet ERPクラウドは、紙媒体からの転記や、個別システムへの二重入力、重複作業といった無駄を削減し、バックオフィス業務を効率化します。また、クラウド型を採用しているので、テレワークの実現や働き方改革の推進につながります。エコノミーとスタンダードを提供し、機能や予算に応じて選択可能です。

ポイント

  • 無駄を削減しバックオフィス業務を効率化
  • クラウド型採用で働き方改革を推進
  • 初期費用0円、月額7,500円〜

s-flow

s-flowは、やるべき作業が可視化される「タスクフロー機能」を搭載しており、各自が担当する業務の漏れを防げます。また、カスタマイズ性能にも優れており、帳票のレイアウトや一覧項目を自由に変えられます。初期費用は0円、1ユーザーごとに料金が発生するので、小規模、中小企業でも導入しやすいシステムです。

ポイント

  • タスクフロー機能でやるべき作業を可視化
  • 項目ごとに自由度の高いカスタマイズが可能
  • 初期費用0円、1ユーザーごとに月額2,800円

Scalebase

Scalebaseは、サブスクリプションサービスを提供する企業向けのシステムで、複雑になりやすい契約情報を正確に管理します。料金プランの変更も柔軟に対応しており、売上拡大に向けてスムーズなアクションが可能です。また、MRR、LTVといった重要指標がリアルタイムで反映されるので、施策立案に時間を使えます。

ポイント

  • 複雑になりやすい契約情報を正確に管理
  • 料金プランの変更も柔軟に対応
  • 重要指標をリアルタイムで反映

board

boardは、見積書や請求書の作成に加え、営業管理、支払管理、売上見込の把握、キャッシュフロー予測などをシステム上で一括で行い、バックオフィス業務を効率化します。また、高機能のアドオンを豊富に提供しており、自社の業務形態に合わせて自由にカスタマイズできます。

ポイント

  • 一括管理でバックオフィス業務の効率化
  • カスタマイズ用に高機能のアドオンを提供
  • 月額税抜980円〜

flam

flamは、販売、仕入、在庫管理を一元化するシステムです。会計ソフトとも連携しているので、決算時に必要な売上、債券管理、各種伝票の出力作業を効率化できます。また、営業支援ツールとしての機能も搭載しており、今後の売上拡大に向けた分析を行えます。

ポイント

  • 販売、仕入、在庫管理を一元化
  • 企業活動に欠かせない営業データを簡単抽出
  • 初期費用0円、月額9,300円〜

iDempiere

iDempiereは、オープンソースによるシステムで、ライセンス料を無料で利用可能です。購買管理、在庫管理、販売管理、生産管理、会計管理、顧客管理といった6つの機能を標準搭載しており、業務効率化につながります。また、多言語と多通貨に対応し、企業のグローバル展開を支援します。

ポイント

  • オープンソースによるシステムで無料で利用可能
  • 業務を効率化する6つの管理機能を搭載
  • 多言語対応でグローバル展開を支援

販売管理システムは自社の業種や業務、規模に合わせて選ぼう

販売管理システムは、業務プロセスの効率化や、入力・計算ミスの減少、コスト削減など、さまざまなメリットがあります。また、各業種の商習慣に対応したシステムもあるほか、カスタマイズ可能なシステムも多いので、自社仕様に合わせて運用できます。豊富な種類のシステムから選定する際には、導入目的やどのような課題を解決したいのかを明確にすることが大切です。本記事で紹介した選び方や、おすすめの29選を参考にしながら、自社に適したシステムを探してみてください。

Ads
販売管理システム比較 - Utilly
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。