EFOツール9選を比較紹介|メリットや役割、選ぶポイントなどを紹介

入力フォームを最適化するEFOツールは、主に離脱の防止やCVR向上に役立ちます。ツールによって機能や料金体系、サポート体制などが異なるので、自社の目的や環境にあったEFOツールを選ぶことが重要です。本記事では、EFOツールの基本的な機能や役割、導入するメリット、導入事例、おすすめのツールなどを解説します。入力フォームの改善を検討しているなら、ぜひ参考にしてください。

Ads

EFOツールとは?  

「EFO」とは、Entry Form Optimizationを略したもので、日本語では「入力フォーム最適化」と訳されています。「EFOツール」とは、ユーザーがより快適に、ストレスなく情報を入力できるよう、入力フォームを最適化するツールのことです。たとえばECサイトで商品を購入する場合、ユーザーは氏名や住所、メールアドレスなど、様々な情報を入力しなければなりません。このときに、入力項目が多すぎる、頻繁にエラーが出る、入力必須項目がわかりにくいなどがあると、ユーザーの離脱が起きます。その離脱率は平均70%以上にも達するとされており、10人中7人の顧客を失うことは、大きな損失につながります。こうした理由から、EFOツールで入力フォームを最適化してユーザーの離脱を防ぐこと、コンバージョン率(CVR)を向上させることに、注目されるようになったのです。

EFOツールを導入するメリット 

EFOツールを導入することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

メリット1.離脱率の低下が期待できる

EFOツールの中には、名前や住所を入力する際のカナ文字の自動入力や、郵便番号から住所を自動表示するような機能などを搭載したものもあります。Google やYahoo! JAPANのアカウントと連携して、ワンクリックで基本情報がフォームに入力できるツールもあります。ユーザーの負担やストレスを軽減する機能があると離脱を防ぎ、入力完了率やコンバージョン率向上につながります。

Ads

メリット2.ユーザーが離脱している場所を特定できる

EFOツールは、入力フォームの改善機能だけではなく、分析機能が充実しているものも多くあります。フォームの滞在時間や離脱率、どの場所で離脱しているかなども把握できるので、早期の課題発見と改善が可能となります。

メリット3.入力フォームの改善に役立つ

EFOツールで各種分析を行えば、ユーザー視点による入力フォームの改善ができます。中にはA/Bテストが可能なツールもあります。フォームの改善を繰り返しトライ&エラーすることで、ユーザー満足度の高いフォームの最適化が実現します。

EFOツール・サービスの主な役割・機能  

EFOツールには、主に以下の役割や機能が搭載されています。

Ads

1.顧客の入力のサポート機能

EFOツールで最も重要な機能のひとつが、入力支援機能です。名前のカナ入力や郵便番号から住所を自動入力できる機能や、メールアドレスやクレジットカード情報などの誤記入をリアルタイムでチェックする支援などは、ユーザーのストレス軽減につながります。また、入力必須箇所や誤入力箇所が、異なる背景色でわかりやすく表示されるなども、離脱を防ぐ補助機能となります。

2.改善のための情報の分析・レポート機能

レポート機能が充実していることも、EFOツールでは必須と言えるでしょう。対象フォームの訪問数や離脱率、離脱場所、エラーの頻度、デバイス別の状況など、細かなデータを分析して可視化できると、フォームの改善やあらゆるマーケティング活動に役立てられます。

3.ツール運用のためのサポートサービス

EFOツールを活用して、適切に運用していくためのサポートサービスを受けられることも、重要な要素です。ツールやサービスによってサポートの内容や範囲は異なりますが、自社のリテラシーやリソース、環境などに合わせたサポートを提供しているツールを選ぶと良いでしょう。

Ads

EFOツールを選ぶ際の5つのポイント  

次に、EFOツールを選ぶ際に注意したいポイントを解説します。

ポイント1.レポートで確認できる分析内容

EFOツールを選ぶ際には、レポートで確認できる分析内容が、自社の目的に合っているかを確認するようにしましょう。EFOツールは、入力フォームを改善してユーザビリティを向上し、離脱の防止とCVRを向上させることが主な目的です。分析内容により、自社の状況が改善できるかどうかが重要なポイントとなります。

ポイント2.設置の手軽さ

簡単に導入・設置できることも、EFOツールの選択ポイントのひとつです。タグを設置するだけで簡単にフォームを作成できるツールもたくさんあり、EFOツールに詳しい人材などのリソースが不足していても、安心して導入できます。

ポイント3.ABテストは可能か

入力フォームの改善を行うにあたって、前後の比較が可能なA/Bテストができるかどうかも、チェックするようにしましょう。ツールによっては、A/Bテストができないものや、オプションとなっていて、別途料金がかかる場合もあります。入力フォームの改善は、恒常的に行っていく必要があるので、A/Bテストの可否は重要な選択ポイントとなるでしょう。

ポイント4.カート連携は可能か

ECサイトでEFOツールを使う場合、カートシステムと連携できるかどうかも確認しておくとよいでしょう。入力フォームとカートが連携していると、いっそうのCVR向上を期待できます。

ポイント5.コストパフォーマンス・無料でトライアルができるか

EFOツールの料金設定は、サービスによって異なります。初期費用と月額利用料金の両方が必要なツールもあれば、初期費用なしのもの、無料トライアル付きのツールもあります。一般的に多機能になるほどコストも高くなり、サポートが厚いと割高になります。導入にあたっては、自社のリテラシーや環境に応じて、コストパフォーマンスを意識しながら選定する必要があります。

EFOツールの導入事例   

続いて、EFOツールを導入して、大きな成果につながった事例を紹介しましょう。

会員規約フォームの改善でサイト登録率がアップ:アサヒビール株式会社 

アサヒスーパードライをはじめ、さまざまな飲料をアサヒビール株式会社では、会員サイトである「アサヒパーク」を活用して、新商品や限定キャンペーン情報、おつまみレシピなど幅広いコンテンツを提供しています。お酒を楽しむ会員制エンタメサイトとして人気ではあったものの、登録時のフォームに改善余地があると判断して、EFOツールを導入しました。同サイト内にはグループ全体で連携しているコンテンツが多く、改修は大がかりになものになりました。その中で、課題であった会員規約フォームは、内容は変えずにレイアウト等を変更しました。その結果、ユーザビリティが向上し、会員登録率が変更後4ヵ月で13.3ポイントのアップにつながり、以降も好調を維持しています。結果的にグループ全体に貢献できる、抜本的な改修となりました。

1画面1質問のUIでCVRアップ:株式会社東田ドライ

株式会社東田ドライでは、「リナビス」というブランド名で、宅配クリーニングのECサイトを運営しています。「おせっかい」なクリーニング屋として、ボタン直しやシミ抜きなどのサービスを無料で全国のお客様に提供しており、テレビ東京の「カンブリア宮殿」をはじめ、多数のメディアで紹介されたことから、注目度が高まっています。同社では、ECサイトの項目数が多く離脱が増えていたことで、その改善を考えていました。そのようなときに、1画面1質問に分割したUIを提供している EFOcatsのプレスリリースを発見し、簡単に設置できることや、A/Bテストで導入効果を検証できることもあって導入を決めました。その結果、CVRが如実に上がり、売上向上につながったのです。

おすすめのEFOツール9選  

ここからは、おすすめのEFOツールをご紹介します。

Form Assist

Form Assist」は、株式会社ショーケースが提供する、7年連続シェアNo.1を誇るEFOツールです。10年以上にわたる5,000社超えの導入実績から、独自ノウハウを提供しており、様々な課題に対応できる40種類以上のアシスト機能にも定評があります。

ポイント

  • 料金は要問合せ
  • Web解析士資格保有者がCVアップのための分析を行う
  • 導入も変更も専任担当者が行う手厚いサポート

エフトラEFO

エフトラEFO」は、フォーム改善と成果の最大化に必要な機能をワンストップで提供しているEFOツールです。株式会社エフ・コードが提供しており、わかりやすい入力支援や、項目別に分かりやすく可視化したレポート機能が充実しています。

ポイント

  • 33,000円(税込)/月~
  • 4,500件の導入実績と、平均で22%アップの成果を誇る
  • 24時間365日体制の安全監視

EFOcats

EFOcats」は、スマートフォン上における1画面1質問の入力フォームにより、離脱率を大幅に改善できるツールとして定評があります。株式会社エフカフェが提供しており、項目別の成績レポート機能で、ユーザーの離脱ポイントをいち早く発見できるのも魅力です。

ポイント

  • 初期費用 300,000円。30,000円/月~
  • タグを設置するだけで簡単にフォームを作成できる
  • 11種類の入力サポート機能や分析機能を搭載

Rich EFO

Rich EFO」は、Webマーケティング会社であるディーエムソリューションズが、自社のノウハウを結集して開発したEFOツールです。業界最大級の機能数を誇る入力支援や、A/Bテストも含めた分析・改善機能が充実しています。

ポイント

  • 初期設定50,000円。10,000円/月~
  • 平均20%の改善効果を実現
  • タグを挿入するだけの簡単導入

GORILLA EFO

ブルースクレイ・ジャパン株式会社が提供している「GORILLA EFO」は、低価格ながら20種類以上の入力支援機能を活用できるEFOツールです。PCだけではなくスマートフォンにも対応しており、分析機能も充実しています。

ポイント

  • 初期設定30,000円。9,800円/月~
  • チャット画面風のフォーム、画像やリンク等のポップアップ表示機能を搭載
  • 期間別・項目別・ブラウザ別のレポート作成が可能

SiTest

SiTest」は、EFOだけではなく、ヒートマップ解析やA/Bテストなどを、オールインワンで実現できるLPOツールです。様々な機能を高速で処理できるので、課題発見から改善までスピーディに対処できます。アジア圏での導入数が60万サイトを超える、豊富な実績もあります。

ポイント

  • 無料トライアルあり。料金は要相談
  • インターネット広告代理店の開発なので、広告連携機能も充実
  • 導入後は無料でカスタマーサポートを受けられれる

formy

formy」は、株式会社リーピーが提供するEFOツールで、簡単にフォームを作成できるのが最大の特徴です。データの収集や分析、フォーム改善も容易なので、初心者でも扱いやすいツールとなっています。月額6,000円という、わかりやすいワンプライスも魅力です。

ポイント

  • 30日間の無料トライアルあり。6,000円/月~
  • 管理画面で記入に必要な項目を選ぶだけで入力フォームを完成させられる
  • データを自動で収集してくれるので分析や改善がしやすい

Gyro-n EFO

Gyro-n EFO」は、株式会社ユニヴァ・ジャイロンが提供するEFOツールで、PCサイトと同レベルのスマートフォンの最適化に対応しています。ユーザーのYahoo! JAPAN IDやFacebookの登録データ、SATORIなどのMAツールとの連携も可能です。

ポイント

  • 料金は要問合せ
  • 専門のサポートチームが各社の状況に合わせた手厚い支援を提供
  • 特殊なタイプのフォームでも実装可能

BOTCHAN EFO

BOTCHAN EFO」は、チャット型の入力フォームを自動生成システムで作成できるEFOツールです。過去の実績を元に、効果が出やすいチャットフォームのテンプレートを開発しており、決済代行やMA・SFA/CRMツール、各種プラットフォームなどと連携できるのも特徴です。

ポイント

  • 初期費用なし。11,000円(税込)/月~
  • 既存のフォームをAIが自動でチャットフォームに変換してくれる
  • 業界トップ水準のAPI連携数

インタラクティブなブランド体験でCVR向上。進化した「チャットフォーム」。BOTCHAN EFO Premium はチャット型のUIにより一問一答形式のコミュニケーションを実現し、CVRを最大化します。

自社の課題に合わせたEFOツールを導入しよう 

EFOツールは、離脱率やCVRを向上させるために、今や必須のツールといえるでしょう。入力フォームは1度改善すればいいわけではなく、恒常的にアップデートをしていかねばなりません。そのためには、自社の環境や状況に合った分析や、課題の発見につながるEFOツールを選ぶ必要があります。入力フォームの改善や、CVR向上を検討しているなら、ぜひこの機会に、自社に最適なEFOツールをご検討ください。

 

Ads
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。