【特徴別】給与計算ソフトのおすすめを紹介!導入メリットや比較ポイントも解説

給与計算ソフトは給与担当者や労務担当者の業務を効率化してくれるソフトです。各社からさまざまな特徴を持ったソフトがリリースされており、どのソフトを導入するべきか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では給与計算ソフトのメリットや種類、比較する5つのポイントを解説します。給与計算ソフトの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

給与計算ソフトを導入する3つのメリット

給与計算ソフトには、事務作業全般の効率化・管理業務の効率化・人的ミスの予防という3つのメリットがあります。この恩恵を受けられるのは、給与担当者に限った話ではありません。給与計算ソフトとデータ連携可能な他のシステムの担当者も事務作業や管理業務を効率化できます。

Ads

メリット1.データ連携による事務作業全般の効率化

給与計算ソフトはさまざまなシステムと連携が可能です。たとえば、勤怠管理システムや会計システムなどが該当します。勤怠管理システムとデータ連携できると、給与計算のために労働時間や有休の情報を勤怠管理システムを見ながら再入力する必要がなくなります。また、会計システムとの連携が可能であれば、給与の仕訳を自動で計上できるでしょう。このように他のシステムとデータ連携ができれば、給与の担当者以外の従業員も事務作業を効率化できます。

メリット2.管理業務の効率化

給与計算ソフトで従業員の情報を一元管理できると、管理業務の効率化を図れます。給与計算ソフトでは従業員の個人情報や人事情報などさまざまな情報を一元管理できます。これらの情報の一部は、他のシステムでも同様に使用されるものです。データ連携を行い、メインである給与計算ソフトの情報の更新に合わせて他のシステムの情報も更新されるよう設定すれば、情報の変更がある度にすべてのシステムの更新作業を行う必要はなくなります。また、給与計算ソフトに従業員の情報を集約して保存すると、情報確認を行う際に各システムを参照する手間が省けます。このように、給与計算ソフトで従業員の情報を一元管理すると管理業務の効率化ができるでしょう。

メリット3.人的ミスの予防

人間は誰しもミスをしてしまいます。人的ミスを予防するには、人が行う作業自体を減らすことが効果的です。給与計算ソフトから各システムにデータ連携を行うと、各システムに情報を手入力する必要がなくなります。人手による作業を行わないため、給与計算ソフトと他のシステムで情報や数値が一致しなくなる人的ミスを予防できるでしょう。

Ads

給与計算ソフトの主な機能

給与計算ソフトの主な機能は、給与の自動計算と給与明細など各種書類の出力です。事前に入力した基本給や社会保険料などの額を元に、その月の従業員の給与額を自動計算してくれます。また、その結果を給与明細として出力が可能です。従業員への配布作業を容易にしてくれます。ソフトによっては源泉徴収票や社会保険料計算書などの書類も出力可能です。

給与計算ソフトの種類

給与計算ソフトには大きく分けて2つの種類があります。給与計算のみを行うソフトと、ERPとしてさまざまな情報を共有可能なソフトです。ソフトを選定する際はそれぞれの特徴を理解した上で自社にとって適した種類を選択する必要があります。

給与計算がメインのソフト

給与計算メインのソフトは、給与の計算に特化したシンプルな仕組みになっています。どこまでの業務範囲がカバーされているかはソフトによって異なるため注意が必要です。給与計算しか対応していないソフトもあれば、ある程度の労務業務までカバーしているソフトもあります。

ERPとして使えるソフト

ERPには給与計算以外にもさまざまな機能があります。労務や勤怠管理、会計などERPのパッケージ内に多くの機能を兼ね備えています。そのうちどの機能を導入するかは自社で判断が可能です。給与計算のみ導入することもできます。複数の機能をまとめて導入した場合、各システム間でデータ連携が可能です。事務作業や情報管理の効率化につながるでしょう。

給与計算ソフトを比較する5つのポイント

数ある給与計算ソフトの中から自社に導入するソフトを選ぶ場合、これからご紹介する5つのポイントをチェックしてください。給与計算ソフトはソフトごとに機能や対応業務、コストなどが異なっています。

ポイント1.機能

給与計算ソフトはソフトによって備わっている機能が異なっています。給与計算の機能しかないソフト、各種帳票の出力が可能なソフト、ワークフロー機能を備えたソフトなど、ソフトごとに特徴があります。ワークフロー専用のシステムを導入している会社の場合、給与計算ソフトにもワークフローの機能が付いている必要はないケースもあ流でしょう。このように、自社にとってどのような機能が欲しいのか整理した上で機能の比較を行ってください。

ポイント2.対応業務

給与計算ソフトを比較する場合、対応業務の確認は必ず行わなければなりません。給与計算ソフトは、ソフトによって対応している業務範囲が異なります。給与計算のみしか対応していないソフトもあれば、勤怠管理やネットバンキングへの支払連携まで対応しているソフトなど種類が豊富です。どのような業務を給与計算ソフトで対応するのか整理した上で、必要な対応業務を兼ね備えたソフトを選定する必要があります。

ポイント3.導入形態

給与計算ソフトにはクラウド上のソフトを利用するクラウド型、パソコンにソフトをインストールして利用するインストール型、自社のサーバー内に独自にシステムを構築するオンプレミス型の3つの形態があります。クラウド型はインターネットがあればどこでも利用できる反面、ID管理などのセキュリティ対策が必要になります。インストール型はダウンロードするパソコンを制限しアクセス可能者の限定は容易にできるものの、利用できるパソコンが限定されてしまうことはデメリットです。また、オンプレミス型は独自に開発を行うため自社に合わせたカスタマイズ可能ですが、その分開発費用が嵩んでしまいがちです。セキュリティ面やコスト面を考慮し、自社に最適な形態の見極めが必要になるでしょう。

ポイント4.システム・データ連携

どのようなシステムとデータ連携を行う必要があるのかも事前に考えておく必要があります。給与計算ソフトの中には勤怠管理や会計システムとデータ連携できるソフトもありますが、すべてのソフトが対応しているわけではありません。また、データ連携の方法についても比較が必要です。同じメーカーが開発したシステムであれば、シームレスにデータ連携可能なケースが多いです。別のメーカー同士のシステムを連携する場合は、ダウンロードしたデータをインポートしなければならないケースがあります。

ポイント5.コストと利用人数のバランス

コストも重要な検討ポイントの一つです。インストール型の場合ソフトを購入時に1回支払いをすればよいケースが多く、またクラウド型の場合は月額使用料を毎月支払っていくパターンが主流です。オンプレミス型はどこまで開発を行うのかによって金額が大きく変わってきます。利用人数を鑑みて、どの程度のコストであれば許容可能かどうか比較・検討を行ってください。

鉄板でおすすめの給与計算ソフト

今回ご紹介する3つの給与計算ソフトはすべてクラウド型です。クラウド型は他の型に比べて料金が安く、人数の少ない会社でも導入しやすいでしょう。給与計算ソフトをはじめて導入する方、または、他の形態のソフトからクラウド型に移行したい方におすすめです。

マネーフォワードクラウド給与

マネーフォワードクラウド給与は、基本的な給与計算の機能から社会保険料の計算、Web給与明細の出力などに対応したソフトです。これらの機能以上の機能が必要な場合は、マネーフォワードクラウド社会保険・マネーフォワードクラウド人事管理・マネーフォワードマイナンバーなどで補えます。すでに他のマネーフォワードシステムを利用している場合は、容易にデータ連携が可能です。

ポイント

  • 多数の他社システムと連携ができる
  • コストをどれくらい削減できるか30秒で無料診断できる
  • 法人の場合、月額2,980円(税抜)から導入可能

freee人事労務

freee人事労務は、クラウド会計システムで有名なfreeeが提供している給与計算ソフトです。給与計算のみならず勤怠管理や年末調整、マイナンバー管理にも対応しています。他のfreeeシステムを利用している場合は、あわせてfreee人事労務を利用するとデータ連携をスムーズに行えるでしょう。

ポイント

  • 勤怠管理や年末調整、マイナンバー管理も対応
  • 他のfreeeのシステムと簡単に連携できる
  • 月額1,980円(税抜)から導入可能

ジョブカン給与計算

ジョブカン給与計算は、自由度の高さが特徴のソフトです。給与の規定を無制限に設定できたり、支給項目や控除項目の計算式を自由に設定できたりします。自社独自の規定やルールが多い会社に適しています。

ポイント

  • ジョブカン勤怠管理から勤怠情報を自動連携できる
  • シリーズ累計で120,000社以上に導入されている
  • 月額400円(1ユーザーにつき)から導入可能

給与計算ソフトは自社に合ったものを、お試しプランで使ってみてから導入しよう

給与計算ソフトはソフトごとに搭載されている機能や対応業務が異なっています。そのためソフトを選定する際はお試しプランでのテスト利用がおすすめです。どのソフトも一定期間無料で実際のソフトを利用でき、使い勝手を確認できるようになっています。給与計算ソフトは一度導入すると長く利用するでしょう。そのため、使い勝手を慎重に確認した上で導入する必要があります。まずはお試しプラン利用し、自社に合ったソフトの検討を行ってください。

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項