おすすめDMP厳選4選を徹底比較!種類・導入するメリット・注意点、活用例を紹介

DMPは、社内外の各種データを統合して分析することで、パーソナライズ化したターゲットに対して適切なマーケティング施策を行うツールです。これにより、見込み客の精度が高まり、確度に応じたアプローチができるほか、新規客の開拓も可能となります。また、各所に点在していたデータを一元管理できるので、自社のMAなどと連携することで、より効果的で効率的なマーケティング活動を実現します。

本記事では、DMPとは何か、導入のメリットや注意点、効果的な活用方法のほか、おすすめのDMPを紹介します。DMPの導入を考えている担当者や、DMPで何ができるかを知りたい場合は、ぜひ参考にしてください。

DMPとは

DMPは、Data Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)の略称で、別々のアプリケーションで管理されているデータを統合管理することで、広告配信など、各種マーケティング施策の最適化に活用するためのプラットフォームのことです。DMPは、保有しているデータの種類の違いで、「オープンDMP」と「プライベートDMP」に分類できます。

Ads

オープンDMPとは

オープンDMPとは、自社保有のデータではなく、第三者が提供するユーザーの性・年齢やWebサイト上での行動履歴、生活者の興味・関心などのデータを蓄積しているDMPです。自社にない豊富な外部データを活用できるので、新規顧客開拓などが可能です。また、自社の顧客の、他サイトでの行動も把握でき、既存客のニーズや関心をより詳細に知ることができます。ただし、ベンダーが提供しているデータは拡張方法などが非公開であり、精度の高さやデータ更新の有無などを確認できないデメリットもあります。

プライベートDMPとは

一方のプライベートDMPとは、自社で保有するデータと外部データを組み合わせて格納するプラットフォームのことです。自社サイトでの行動履歴や会員登録データのほか、店舗への訪問履歴や購買動向などのオフラインデータも活用できます。企業の独自データと外部データを統合するので、自社顧客をより深く分析できるメリットがあります。また、データの格納先が自社にあるので、更新時期の確認も含め、管理しやすいのも特徴といえます。

DMPを導入するメリット

DMPを導入すると、以下のようなメリットがあります。

Ads

データの管理・分析の効率化

DMPを導入するメリットのひとつとして、顧客に関するあらゆるデータを一元管理できることが挙げられます。これにより、膨大なデータの管理や分析を効率化でき、あらゆるマーケティング活動の効果を最大化できます。また、今まで各所でバラバラで行っていた作業も、大幅に時間短縮・業務負担軽減が可能となります。

ターゲット像が明確になる

ターゲットの属性や自社サイトでの行動履歴、コンバージョンなどを把握できるので、自社のターゲット像をはっきりとさせることができます。

精度の高い新規客を発見できる

自社データだけではなく外部データも統合することで、見落としていた領域の潜在層の発見につながります。精度の高い新規客を見つけることで、売上向上も期待できます。

顧客を深く知ることができる

自社サイトに訪問したユーザーの他サイトへのアクセスや関心ごとなどを把握できることから、既存顧客に対するアップセル・クロスセルなど、より深いアプローチが可能となります。

DMP導入時の注意点や課題 

DMPを導入する際には、以下の点に注意が必要です。

導入目的を明確にする

DMPを導入するのであれば、自社のどのような課題を解決して、どのようなマーケティング施策に活用するのかなどの、目的をはっきりさせることが重要です。また、既存のデータも整理して、導入予定のDMPとの連携の可否も確認しておきましょう。

適切なコストかどうかを確認する

プライベートDMPを導入する場合、初期費用で多額のコストがかかるのが一般的です。コストをかけた分の効果が得られるのか、運用コストは最適なのか、更新やメンテナンス費用はどのくらいかかるのかなど、長期利用を前提としてコストと効果を確認するようにしましょう。

提供ベンダーのデータの精度を確認する

外部データを提供しているベンダーによって、データの提供方法が異なります。また、データの精度はターゲットセグメントに大きく影響するので、自社が求めるレベルかどうかも事前に確認するようにしましょう。

社内体制と管理方法を決めておく

DMPで統合したデータを複数の部署で管理するのではなく、社内で決めた1部門で管理するようにしましょう。また、あらゆる部署で保有するデータとの連携が必要な場合は、管理者権限や使用ルールなども明確にしておく必要があります。

DMPの活用例 

DMPは、以下のようなシーンで活用できます。

顧客の分類

社内外から集めた顧客データを一元管理できるので、属性や行動パターン、購買傾向、見込みの度合などで分類ができ、精度の高いターゲットセグメントが可能となります。サイト訪問者の行動を把握するのはアクセス解析ツールでもできますが、DMPを活用すると、ユーザーの他サイトでの行動や関心事なども含め、さまざまな情報を把握できます。それらを分析することで、新規客・既存顧客ともに、最適なアプローチを図ることができます。

顧客の見込み度合いに応じた情報配信

顧客を深く分析できることから、その見込み度合に応じて、適切な情報配信やマーケティング施策を行うことが可能となります。全ての見込み客に対して画一的なアプローチを行うのではなく、ターゲットが欲しい情報を的確なタイミングで届けるので、CVRやエンゲージメントが向上します。また、見込み客だけではなく、潜在層への訴求もできるようになります。

メディア訪問者へのプッシュ通知

バナー広告や各種メディア、自社サイトなどに訪問したユーザーに対するプッシュ通知も可能です。潜在層に対しては離脱やイメージダウンにもなりがちなプッシュ通知ですが、確度の高い訪問者に対しては、最後の一手として、コンバージョンにつなげる対策となります。

MAと連携した活用

MAは、事前に設定したアクションを自動的に行ってくれるツールです。マーケティングのフェーズやさまざまな設定に応じて、メール送信やコンテンツ配信を自動化することができます。DMPで分析した精度の高いターゲットや見込み度合に合わせてMAを稼働させることで、より効率的で効果の高いマーケティング施策が可能となります。

おすすめのDMP  

高い効果を期待できるおすすめのDMPを紹介します。

Rtoaster

Rtoaster(アールトースター)」は、プライベートDMP機能と高精度なレコメンドエンジンを軸に、顧客分析から施策実行までをワンストップで実現するツールです。データの統合加工・分析・可視化を行う「Rtoaster insight+」、Webサイトでの高精度なレコメンドや接客などでパーソナライズ化を実現する「Rtoaster action+」、ユーザーに最適なチャネルでコンテンツを発信でできる「Rtoaster reach+」という3つの機能を、それぞれ製品として利用できます。

ポイント

  • 個別に最適化された顧客体験を自動化しビジネス価値を最大化
  • たくさんの受賞歴を誇り、満足度の高いサポートや豊富な機能に定評がある
  • 料金は、最低月額200,000円から。詳細は要問合せ

Adobe オーディエンスマネージャー

Adobe オーディエンスマネージャーはアドビが運営するDMPです。メディアを制限することなく、複数のオーディエンスソースを統合管理ができます。あらゆるソースからデータを参照し、自社で保有するオーディエンスデータと付け合わせを行うことで質の高いデータ管理が可能となります。

ポイント

  • 自社データと外部ソースからのデータを使用して詳細なインサイトを得れる
  • ABテスト、キャンペーンの効果測定なども可能
  • 料金は要見積もり

Juicer

Juicerは無料でも使えるユーザー分析DMPです。ペルソナ分析、リードスコアリング、アクセスログ分析など多種多様な機能を利用可能です。基本機能は無料で利用可能で、オプション利用から料金が発生する体系となっています。Juicerは株式会社ランドスケイプが提供する消費者9,500万件・企業情報820万拠点という国内最大級の顧客データベースと連携しています。

ポイント

  • 基本機能は無料で利用可能
  • サイトにタグを設置するだけで各種機能が利用できる
  • サービス分析から改善まで活用可能

Yahoo!DMP

Yahoo!DMPはその名の通りYahoo!JAPANが運営するDMPです。最大の特徴は国内最大規模のアクセス数を誇るYahoo!JAPANのデータを活用できる点です。月間で約790億ページビュー・年間約90億の検索キーワードデータをマーケティングに活用できます。

ポイント

  • Yahoo!JAPANが保有する国内最大級のデータセットを利用できる
  • Yahoo!広告にデータは連携活用可能
  • 料金は要お見積もり

DMPでデータを活用し、見込み顧客により効果的なアプローチをしよう 

DMPは、精度の高いターゲットセグメントができるので、見込み客に対して最適かつ効果を最大化するアプローチを行うことができます。また、潜在層の掘り起こしもできるので、新規客獲得にもつながります。導入には、自社の目的に合わせた選択が必要で、自社既存のシステムとの連携により、一層効果を発揮できるDMPもあります。DMPの導入で迷っているなら、ぜひこの記事を参考にしてください。

Ads
フォローして最新情報をチェック!

SNSで最新情報を発信中

情報を受け取りたい方は、是非フォローください

ビジネスのご相談

広告掲載 / ライティング支援 /
オウンドメディアコンサルティング / 取材依頼など

お問い合わせ

ライター募集

一緒にUtillyのコンテンツをつくりませんか?
サービスレビューやコラムを執筆いただける方を募集しています。

募集要項