サイト改善に使えるCRO(コンバージョン率改善)とは?CROにおすすめのツールも紹介

サイト運営者であれば収益性の高いサイトをどうにか作れないか日々試行錯誤をしているかと思います。サイト改善に重要な概念の1つとしてCRO(コンバージョン率最適化)という考え方があります。サイトのコンバージョン率を高めることで収益性を向上させる取り組みとなります。本記事ではCROの定義やメリット、そしてCROに有効なおすすめツールを紹介します。

Ads

CRO(コンバージョン率最適化)とは

CROはConversion Rate Optimizationの略で、コンバージョン率最適化と訳します。その名の通りでサイトやサービスのコンバージョン率(=購入率)を高めていく営みです。

一般的にコンバージョンとは「商品購入」「サービス登録」「リード獲得」「課金」「取引」などビジネスに直結するアクションを指します。サイトを訪れた人の中でこのようなアクションの確率を上げることは、すなわちサービスの収益性向上に直結します。CROをリアル店舗に例えるならば、店舗に来店した人の中で買い物をしてくれる人の割合を増やしていくプロセスです。 | マーケティングにおけるCRO(コンバージョン率最適化)とは?CROの定義や基礎知識を解説

CRO(コンバージョン最適化)に適したサイト

コンバージョン最適の効果がでやすいサイトとはどのようなものでしょうか?特徴としては沢山のデータを活用できるサイト、そしてコンバージョン発生数が大きいサイトがCRO(コンバージョン最適化)に向いていると言われています。特に成果がでやすいのがECサイト(オンラインショップ)です。

CROに適しているサイトタイプ

  • ECサイト:商品数が多く改善レバーが沢山ある
  • 資料請求サイト:資料請求発生数が多く改善レバーが沢山ある
  • 不動産サイト:申込数が多く改善レバーが沢山ある

CRO(コンバージョン最適化の主な施策)

CROでは、綿密な分析を行ったうえでコンバージョン率を上げるために様々な施策を実行します。実際どのような施策を行うのでしょうか?基本的なアウトプットとしては、レイアウト変更、構造変更、コンセプト変更、メッセージング変更、ビジュアル変更、インタラクション変更、Web接客などをサイトに実装していくフローとなります。これらを、トップページや決済ページなどページのカテゴリ単位で実行していきます。広告やSEOのような集客改善ではなく、あくまで訪問後のサイト内の改善を行うイメージです。

主なCRO施策例

  • トップページのレイアウト変更
  • サイトのコンセプト変更
  • ビジュアル素材やメッセージングの最適化
  • ボタンなどのマイクロ要素の最適化
  • チャットボットやモーダル表示のようなWeb接客要素
  • EFO(エントリーフォーム最適化)
  • LPI(ランディングページ最適化)
  • サイト内検索機能の最適化

CRO(コンバージョン率最適化)のメリット

CRO(コンバージョン率最適化)施策を行うことで具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?一番のメリットとしては、サイトの収益性向上やマーケティングコストの効率化など、サイトの経済条件の向上が挙げられます。

Ads

サイトの収益性が上がる

前述の通り、CRO施策を行うことによってサイトでのコンバージョン率が向上します。コンバージョン率の向上はすなわち購入機会や登録機会の増加を意味しますのでサイトの収益性が上がります。

広告コスト削減につながる

CROは広告コストの削減につながります。一般的にコンバージョン率が2倍になると広告費は2分の1になります。つまり半分のコストで今までと同じような獲得ができます。

CRO(コンバージョン率最適化)に有効なツールとは

それではCROにおすすめのツールとはどのようなものがあるのでしょうか?CROに有効なツールは主に以下のカテゴリに分類できます。

  1. ヒートマップ:ヒートマップ形式でユーザーの動きを可視化できる。
  2. Web接客・チャットボット:サイト訪問者にチャットやポップアップなどの形式で接客ができる
  3. EFO:エントリーフォームの最適化ができる
  4. A/Bテスト:サイトをパターンごとに出し分けることで効果がよい表示を検証できる
Ads

1. ヒートマップツール

ヒートマップツールはWeb解析ツールの一種で、色の濃淡でユーザーの動きを可視化できるツールです。ヒートマップツールを使うと、ユーザがサイトのどのエリアを注視してどのボタンでアクションを多く行っているのかを直感的に把握できます。あまり注視されていないエリアは変更するなどサイト改善に繋げることができます。

あわせて読みたい

関連記事

Webサイトを運営していると「なかなか収益につながらない」「適切なKPIを設定できない」「CVR(コンバージョン率)を上げたい」といった様々な問題に直面します。こうした問題を改善していくのに必須なのがサイト解析ツールです。サイト解析ツールに[…]

Ads

おすすめのヒートマップツール

User Insight | ユーザーインサイト

株式会社ユーザーローカル

User Insightはユーザーローカル社が運営するヒートマップ機能を搭載したアクセス解析ツールです。主にサイトのパフォーマンスを分析したい運用担当者やマーケター向けのツールです。User Insightを使うと通常のアクセス解析に加えて、 ヒートマップによるユーザー行動の可視化ができます。

 

2. Web接客・チャットボットツール

Web接客・チャットボットはサイトを訪問したユーザーの属性や行動内容に合わせてコミュニケーションをとれるツールです。チャットボットなら、チャット形式でコミュニケーションをとることができますし、Web接客ツールであればバナーやポップアップなどを出すことでユーザーのアテンションをとることができます。Webサイトにおいても店舗の接客のように能動的に顧客にアプローチが可能になります。

あわせて読みたい

関連記事

「チャットボット」というキーワードを聞いたことがありますでしょうか。チャットボットは「Chat(チャット)」と「Bot(ボット)」を掛け合わせたテクノロジー造語です。コミュニケーションをとれるソフトウェアロボットとして、注目を集めている分野[…]

関連記事

売上アップに向けてサイト上でお客様を接客する「Web接客」が急速に浸透してきています。本記事ではWeb接客のメリットや種類、おすすめのWeb接客ツールなどをご紹介します。「Web接客って何?どういうことをするの?」という方は本記事を読むこと[…]

おすすめのチャットボット・Web接客ツール

BOTCHAN PAYMENTはコンバージョン・成約・LTVの最大化に特化したチャットボットです。 会話の中でユーザーとのコミュニケーションを行い入力へのストレスを軽減することで離脱を防止し、通常のフォームでは実現できないアップセル・クロスセルを実現します。

KARTE | カルテ

株式会社プレイド

KARTEは、サイトやアプリの訪問者の行動や感情をリアルタイムに解析し、一人ひとりに合わせた体験の提供を可能にするCXプラットフォームです。

3. EFOツール

EFO(エントリーフォーム最適化)使うことで、サイトの登録フェーズを最適化できます。名前や住所、電話番号など面倒なフォーム入力を効率化することでコンバージョン率を引き上げることができます。

あわせて読みたい

関連記事

入力フォームを最適化するEFOツールは、主に離脱の防止やCVR向上に役立ちます。ツールによって機能や料金体系、サポート体制などが異なるので、自社の目的や環境にあったEFOツールを選ぶことが重要です。本記事では、EFOツールの基本的な機能や役[…]

おすすめのEFOツール

インタラクティブなブランド体験でCVR向上。進化した「チャットフォーム」。BOTCHAN EFO Premium はチャット型のUIにより一問一答形式のコミュニケーションを実現し、CVRを最大化します。

4. A/Bテストツール

A/Bテストツールはユーザーに応じて複数の表示パターンを出し分けるテストが容易にできるツールです。ドラッグ&ドロップで簡単にサイト構成を変更できる点が強みです。(参照)A/Bテストの基礎知識。失敗しないA/Bテストのやり方とは?

あわせて読みたい

関連記事

サイトや広告などの効果を比較するためにマーケティングにおいてはABテストという手法があります。本記事では効果を出すためのABテストの基本的な考え方について論考し、ABテスト利用時にオススメのツールなどをご紹介します。 ABテストとは A[…]

おすすめのA/Bテストツール

Flipdesk | フリップデスク

株式会社フリップデスク

Flipdesk(フリップデスク)とは、「導入のしやすさ」「満足度」No.1のWeb接客ツールです。特に、売上やCVを伸ばすために低コストでWeb接客ツールを導入したい人におすすめのサービスです。Flipdeskの魅力は顧客の状況に合った接客により、CV・CVRや顧客単価の向上を狙える点です。

おわりに

CRO施策を行うことでサイトの収益性を高めることができます。また、CROに向けてヒートマップからA/Bテストツールまで様々なカテゴリのツールがサイト改善を手助けしてくれます。ツールを有効活用しながらベストなサイトパフォーマンスを狙っていきましょう。

Ads
フォローして最新情報をチェック!

Utillyに御社のサービスを掲載しませんか?

成果報酬型のリード獲得メニューやサービスのレビュー記事広告など、
御社サービスのマーケティングに活用できます。まずはお問い合わせください。